2021年04月27日

ゼファー750にスタック・タコメーターを取り付けてみようF(終)

前回からの続き

やっとの思いでスタック・タコメーターがビルドインできました!
DSC_3670_R.JPG

実際にエンジンを始動しレーシングすると、針の動がビュンビュン回転を指すので気分は脳内レーサー! 笑

タコメーターの動作確認もできたので、純正タコメーターとスタックメーターの動画を撮影したので比べてみます


*注 純正の時のキャブセッティングとスタックメーターの時はJNのテーパー角とMJの番手の変更をしているので若干の差はあるかもしれません



純正タコメータの動き



スタックメーターの動き



スタックメーターの動きは針がビュンビュン動くので、見ていて楽しいですネ!

今まで純正のメーターは高回転へ回るほど、エンジン回転数と速度の差に誤差を感じていましたが、スタックメーターだと速度とエンジン回転数の差がほとんどないことに気が付きました

ただ、純正のスピードメーターは機械式なのでタイヤの状態によっては誤差が出ますが、純正のタコと比べると雲泥の差に驚きです

特に八千回転後半からレッドゾーンまでは純正だとレッドゾーンにすぐに近づいてしまいますが、スタックメーターだとレッドゾーンまで回転に余裕があることが見受けられました

高いシロモノだけど、針の動きと誤差の少なさに満足感は上々です

posted by marchyoo at 21:00| 新潟 ☁| Comment(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: