2017年01月06日

ゼファー750のバルブクリアランス測定&調整(タペット調整)をしてみよう バルブクリアランス測定編



バルブクリアランス測定編


バルブクリアランスを測定する時はエンジンが冷えている冷間時になりますので、エンジンが冷えてるのを確認してから作業を開始します。
エンジンが暖かいうちにバルブクリアランスを測ってしまうと正確な測定値が測れませんので...
エンジンを手で触ってみて、ひんやりと冷えていたらOKです


バルブクリアランスの測定にはシックネスゲージと言う、隙間を測る薄い板を使用します
シックネスゲージ
DSCN4401_R.JPG

僕が持っているサイズは0.04〜0.1mm 0.1mmから飛んて0.15mmから飛んで0.20mm... ゼファーのバルブクリアランスの基準値は0.08〜0.18mmですので、この基準下限値より下を測れる薄さのシックネスゲージがあるのが望ましいです。上は0.20mmもあれば十分でしょうか


さて、バルブクリアランスを測っていきます... その前に1、4番シリンダーの上死点を合わせるので、エンジン右側のポイントカバーを開けていきますヨ!
8mmのボルト2箇所です
続きを読む
ラベル:タペット調整
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

じゃがりこ

IMG_1733.JPG

(´д`)...
posted by marchyoo at 08:37| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

ゼファー750のバルブクリアランス測定&調整(タペット調整)をしてみよう ヘッドカバー編

僕のゼファー750も距離を走っていますので、シリンダーヘッドの方からチッチッチッと、タペットの打音らしき音が聞こえてきました。
そこでタペット調整をしたときの記録を記事にしてみます


タペット調整とは? カムシャフトのカム山と吸排気バルブを動かしてるタペットとの隙間があります。これがいわゆるタペットクリアランスやバルブクリアランスと呼ばれています
この隙間には規定値があり、距離を走ってきますと、この隙間の規定値を超え狭くなったり広くなったりして、ヘッドからのチッチッチッといった音となって現れてたりします

このタペットのクリアランス(隙間)が広くなったり狭まったりすると、このような症状が出るみたいです


続きを読む
posted by marchyoo at 20:15| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

ゼファー750の腰上オーバーホールPart5 シリンダーヘッド分解の巻

やっぱり腰上オーバーホールと言いますとシリンダーヘッドも分解して点検、洗浄も行っていきますが、正直ヘッドを分解するかは最後まで迷いました。 だってめんd(ry

せっかく? なのでヘッドを分解していきます
DSCN5142_R.JPG

やっぱり4気筒ともあってヘッドはでかいです。最後にヘッドをバラしたのがカブ系ですのでそれと比べるとなおさらに...
ヘッドをバラスにあたってバルブスプリング圧縮させる工具を使っいます
バルブコンプレッサー
続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

ゼファー750の腰上オーバーホールPart4 ピストン洗浄の巻

外したピストンはカチカチなカーボンでコーティングされています。
DSCN5092_R.JPG

こいつを除去しようと思うと、思うようにうまく除去できないかと思います。かなり頑固でしつこいのです
本来ならばオーバーサイズのピストンを組むので、このピストンは御蔵行きになるのですが、せっかくなので洗浄して綺麗にしたいと思います

続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

ゼファー750の腰上オーバーホールPart3 リコイルの巻

これはシリンダーを加工に出すまえの話です
何回かカムシャフトチェーンテンショナーをつけたり外したりしていたら、それは起きてしまいました。 テンショナーは上下に二つのボルトで止められています

作業を繰り返しているうちに、そのうちの上の穴のネジ山を痛めてしまったのだ・・・ orz
DSCN5039_R.JPG

ボルトを締めていくうちにもう、固くなるであろうと思うぐらい締め切っているのに、固くなるどころかニュルッと嫌な感触とともに力なく回ってしまうボルト  

続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

ゼファー750の腰上オーバーホールPart2 ピストンくん観察の巻

シリンダーの加工が終わるまで洗浄などの作業を進めていきます。 
まずは取り外したピストンをさらっと見てみましょう

おおよそ5万km走ったピストン
DSCN5023_R.JPG

1番シリンダーのピストン (異常なしのシリンダー)
続きを読む
posted by marchyoo at 14:17| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする