2011年03月30日

4L&ニュートラル復活

以前にも書いたように私のジムニーは4Lとニュートラル(トランスファーのほう)が入らなくなってしまいました。

と言っても一ヶ月前までは難なく入っていたのに何故か気づいたときには入らない
症状は2Hから4Hには入るがその上のニュートラルと4Lまでレバーが動かない
力を入れて無理やり動かそうとするとレバーが曲がるのではないかと思うほど硬く動かない
4Hに入っているときはちゃんとフロントプロペラシャフトが回っていたので4躯にはなっています
4H又は2H時には得にトランスファーやデフから異音は聞こえなかったので問題は無いはず・・・
解消策としてトランスファーのオイルを交換したが一向に動く気配はゼロ
私のジムニーは2型の方なのでマニュアルハブではなくエアロッキングハブの方です
もはやお手上げ状態なので取り合えずトランスファーを下ろし内部を見てみることにするが事態は急展開する

ミッション側のプロペラシャフトを外そうとするがフランジとジョイント部分が固着していて中々外れません
固着した部位をハンマーで叩きます

DCF00289A.jpeg

丁度ジョイント部分に打撃を与えていると今まで回らなかったプロペラシャフトが、くるりと一回転
あれ? と思い手で回してい見るとすんなりと回るプロペラシャフト
もしや・・・ ニュートラルに入ったのか!?
慌てて下から這いずり出て車内のトランスファーレバーを4Lの方へ動かすとゴソッと入りました!!
エンジンを掛け試しに走ってみると4L特有の申し分のない力
まさか、ハンマーの打撃で直るとは夢にも思わなかった!
のちのち考えてみると1ヶ月の間4Lに入れていなかったので内部でシフト関連が固着していたのかも知れません
でも4Lがこんなに簡単になおってよかった〜
でも喜び余って次の日に対角線スタックしてしまいました(笑)



posted by marchyoo at 00:36| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

対角線スタック

前々回に続いてまたまたスタックネタ
4Lが無事に直った(後日書く予定です)のでオフロードコースで4Lの威力を検証・・・ と、思った矢先!!

DCF00297.JPG

ズボッとフロント左が泥沼にはまって対角線スタック!!(大汗)

ライン取りを誤ってしまった結果、見事にハマッてしまいました(汗)
正面からはこんな感じに・・・

DCF00296.JPG

右後タイヤが空転する状態
最初は4Lなら余裕で脱出できるだろう・・・ そんな儚い希望を持っていましたが前進後退ともにビクとも動かず、ただひたすらフロントからかき出される泥水飛沫を見ていて事の重大さに気づく
降りて状況を確認した結果、フロントデフが完璧に乗り上げ右後輪は宙に浮きLSD又はデフロックをしていないので抵抗が無いタイヤ所謂地表に接地していないフロント左、リア右に動力が逃げているので完全なお手上げ状態 \(^o^)/

とりあえず木や石をはまっているフロント側の泥沼に入れてみるがこれがまた深いのなんの!
底まで20cm以上で下はヘドロ
あえなくこの作戦は失敗
この時、二人で来ていたのでもう一人に車体を押してもらったりしたがビクともしない
少しでも動いていないタイヤの抵抗を逃がしてやろうと土木作業をするがこれでもダメ
流石に二人ではダメだと思い頼れる助っ人(友人)を呼び男三人で土木作業をし車体を押したりするが、底が付いている車体は微塵も動く気配がなくこれもまた完敗!!
こんな作業が2時間続き人力ではもはや脱出は不可能なことを悟り最終兵器である友人のワゴンRでの牽引作戦に切り替え
正直この時あまりこの作戦に期待していなかった
なんたってNAエンジンFF駆動であれだけ見事にはまって乗り上げている車体が動くのだろうか
それにあまり頼りがたくない車種だったからだ(ワゴンR乗りの方すみません)
とりあえずもう後が無いので物は試し
リアに牽引ロープを繋ぎ勢いを付けて一気に引っ張り挙げる作戦
勢いをつけるため友人のワゴンRが後退しているのが後越しから確認できる
そして一気に加速!
タイミングを見計らってこっちもバックでアクセル全開!!

そうしたら・・・

ズボッと見事に脱出できました!

この時、3人の男たちの歓喜の声が周囲に響き渡った
多分、普通の人からみたら危ない3人組だと思われていたと思う

今回、ずいぶんお世話になった穴
DCF00301.JPG


汚れた車体
CA3F0151A1.jpgCA3F0152B1.jpg



その帰り道何を思ったのかオフロードコースを爆走する友人のワゴンR
正直、ものすごく頼もしくも見えた
ワゴンRも外見から思わせないオフロードの走破性、牽引力そのほかジムニーにはない快適装備の数々
とても良い車だと思います

今日は、そんな感じの一日でした。

本当はこんな自体が無ければワゴンR(MC22S)のオイル交換や点火プラグ交換、エアクリーナ交換などを紹介したいと思っていました。
また、機会がありましたら紹介したいと思っています
posted by marchyoo at 01:17| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

穴ボコ修理

とある日、高圧洗浄機で足回りを掃除していると・・・

DCF00269.JPG

こんな穴が開いていた!(修理途中の写真です)
しばらく塩カルたっぷりの道路を走っていたので小さな穴が広がり最終的には大きな穴になってしまったのでしょうか
やっぱり、見落としがちなタイヤハウジング?がやれれてしまいました
流石にこの穴を見過ごす訳にはいかず近所のホームセンターで補修部品を買ってきて修理

今回、使用したもの
DCF00270.JPG

お値段は1000円でお釣りが帰ってきます
この手の補修用品はホームセンターやカーショップで手に入りますので助かります
補修の仕方ですが、この穴埋めパテで穴を埋める前に錆などをなるべく除去しその上から穴が開いた部分を円を描くように最初埋めていき、ある程度周りが塞がってきたら、一気にパテで穴を埋める感じです
大きい穴だったので何回にも分けてじっくりやっていきましょう

パテで埋めた後
DCF00272.JPG

安上がりで穴を塞げたので満足
これで当分は持ちそうですね!
そう言えば、穴が開いた箇所の奥の方を防錆処理していなかったので、後々また穴が開く可能性があります orz
posted by marchyoo at 17:12| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

初スタック

買い物帰りに砂浜を走行してみました

AZ12.jpeg

初めての砂浜アタック
最初FRで挑戦したが、速攻でスタック!
後輪タイヤが回るに回るり砂を巻き上げるのがサイドミラーごしに確認できました
この時、スコップを外していたのでめちゃくちゃ焦る
ですが、四駆に切り替えると何のこれしき
すぐに出られ一安心・・・ したのもつかの間
調子に乗って走っていると砂がだんだん軟らかくなりハンドル操作が不能!
見る見る海の方へ・・・
最終的には波でえぐられた段差に落ち車体が横転するのではないほど傾きながら止まりました(汗)
後少し動くと横転するのではないかと思うほど傾いていたので、正直怖かった
この時、4Lが使えず4Hでエンジンを回しまくって何とか難を逃れ今度こそ一安心
やっぱり4Lが使えないとものすごく不安
今度こそ4Lを直し万全の準備で再トライだ!


おまけ

壁紙もどきを作ってみました

壁紙1A.jpeg

posted by marchyoo at 21:58| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

N→4L

最近気づいたこと・・・
ジムニーはパートタイム4WDなのでトランスファーレバーを操作することによって4WDにすることが出来ます

最初、何なの判らなかったトランスファーレーバー(左)
DCF00284.JPG

この4WDには2種類あり雪道や滑りやすい路面では4H
スタックしたときや急勾配、悪路などでは4Lなどと使い分けてできるのですが、私のは4Lとその真ん中にあるニュートラルに入らなくなってしまいました orz
つい最近まで4Lとニュートラルには問題なく入っていたのに何故・・・?
操作手順どうりに整地でハンドルを水平にしてやってみても入らない
力任せに無理やりやってみるとレバーが曲がりそうで怖いし何らかの問題有り!?

下にもぐってみてみても異物などは見当たらないしブラケット又はマウントのゴムにも異常は無いみたい
ファーオイルを交換しても改善の様子無し

年式、走行距離的にガタがきたのかな
今度、トランスファーを降ろしてみて内部を探ってみます


それと車内が寂しかったので以前、ジムニーに乗っていた友人の真似で銭形と次元をチョイス

DCF00286.JPG

posted by marchyoo at 11:46| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

自作スコップホルダー(ジムニー用)

スペアタイヤがあるだけではちょっと寂しいリア周り

DCF00234.JPG

そこで、お手軽にドレスアップできるスコップホルダーを作ることにしました
部品は全てホームセンターで購入
購入した部品

DCF00235.JPG

・M12のスタッドボルト(150mm)
・M12用ナット
・鉄パイプなどに使うクランプ
・平皿
・ワッシャー

お値段は全部で700円弱
作るのはとても簡単
まずスペアタイヤ側にある穴にスタッドボルトを差し込み固定してクランプを取り付けるだけですので何の加工もしないで作ることが出来ます

スラッドボルトを差し込む穴

直前の設定20101213145919.jpg


完成したスコップホルダー
DCF00236.JPG

少しカッコ良くなったかな
と、まあこんな具合にできました。
posted by marchyoo at 15:21| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪が降るのは近い?

家にいるのも退屈だったので友人と少しお出かけ
ジムニーを手に入れたのでやっぱりオフロードとかが走りたい

そんな訳で村上市にある某林道を走行してきました
ジムニーでの初めて林道走行
やっぱり車高が高いのとタイヤが大きいのは悪路で力を発揮してくれます
今回、走行した林道
最初はフラットダートが数キロ続くが、だんだんと道が険しくなり真新しい崩落箇所(地すべり)や積雪が酷くなってきたので走破ならず・・・!
写真はでは写っていませんが、林道からの景色は絶景

DCF00229A.jpeg

右側は断崖絶壁
しかしここは人っ子一人いない山奥なのでもし落ちたら・・・(もちろん携帯電話の電波も届かない)
だが雪化粧した山々を間近で見るのは何とも言えない美しさ

更なる景色を求めて山道を上がっていくが今度は雪が道に積もっています
DCF00231B.jpeg

DCF00232.JPG

小さい雪だるまが作れるくらいの積雪かな
どうやら、先ほどまで見ていた雪化粧した山間部まで登って来たらしい
更に先を進むが、積雪により道が見えなくなり断念!
今度、雪が溶けた時に走行してみたい林道林道でした

〜おまけ〜

車体がめちゃくちゃ汚れてしまったジムニー

DCF00233.JPG

汚れているジムニーもなんか悪くない
posted by marchyoo at 08:30| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

スズキ・ジムニー

偶然によって手に入れた車ジムニーくん

E JA12W.jpeg

〜車の詳細〜

年式 1998年
車名 スズキ・ジムニー(XLリミテッド)
型式 E-JA12W
駆動方式 パートタイム4WD
トランスミッション 5MT
走行距離 約162000km 
エンジン 水冷直列3気筒657ccICターボ(F6A型)
最大馬力 64ps/6,000rpm
最大トルク 10.0kg・m/4,000rpm


JA11のワイルドウインドウが一番気になっていたが、諸事情によりこのJA12Wを入手しました。
免許を取得する前からジムニーに乗りたかったので本当にラッキーでした!
距離は走っていますが、エンジンも調子が良さそうなので20万kmまで走るぞ!

乗り心地はある意味でワイルドの一言(笑) でもそれがまた良い
走破性能性能は評判通りに凄く期待以上でとても満足
ワゴンRでスタックしそうになった林道も余裕をもてあましながら走行可能
もっともそんな林道をワゴンRで走ろうと言う考えがアレですが・・・ 
泥沼状のオフロードコースも走ってみましたが、問題なく走行できました
それとこれからは雪が降りますのでちょっと楽しみw
今までバイクに乗れないので苦痛であった冬もこのジムニーが来てから楽しみに変わろうとしています。
早く雪降んないかな〜





posted by marchyoo at 15:30| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。