2015年06月03日

2015年 鎌房・甲子林道

東北の極悪林道と名高い甲子林道 ジムニーで林道を走っていた時から頭の片隅にあったもの 紹介サイトやレビューを見ると四輪では走破は無理と書いてあったので諦めていました

だがしかし、オフ車に乗っている今、ここにチャレンジしようとするのだ!!



〜甲子林道レポート〜

林道名 鎌房・甲子林道 

走行日 2015年 6月2日

道の距離 8.3Km (西部林道分岐から甲子峠区間)バイクのトリップなので目安程度に
走行時間 2時間20分
ルート西部林道分岐から鎌房・甲子林道へ入り甲子峠へ向かう(上り)

地図だとこんな感じ


道の状態 道ってレベルじゃねぇぞ!!(廃道)

*注 私は単独でのアタックでしたが、おすすめしません。この道自体がデンジャラスな道ですので走行するのは考えたほうが良いかもしれません

先のアタックで体力を消費した自分 だが、その道は目的地ではなかったのだ! 西部林道を西郷方面へ走ると、お目当ての林道がありました

鎌房・甲子林道 一説によると最新版の地図だと消されているとか
私は西部林道の分岐からアタックを開始しました

左が鎌房・甲子林道 右が西部林道
DSCN2122_R1.jpg

続きを読む
posted by marchyoo at 13:38| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

2015年 旧西部林道(廃道)

福島県に存在する ’とある一つの林道’ その道のりで出くわしたのが、この旧西部林道です 実はツーリングまっぷる上に掲載されてある本来の西部林道と勘違いしてしまい入ってしまった

西部林道は地図だと、スキー場付近にあるので、目印としていたスキー場に向かいます
スキー場の看板
DSCN2093_R.JPG

ここを進むとスキー場のゲートに出くわします。スキー場内の営業はしていませんが、なんか入るのが気まづかったのでUターン *本来ならこのままスキー場内を通過し現西部林道につながるとのことです

そんでもって、ゲートの脇に林道ぽい道があったので、そこを進むことに *これが旧西部林道(廃道区間)の入口だったのです
ゲート脇にある怪しげな道
DSCN2095_R.JPG

続きを読む
posted by marchyoo at 16:41| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

三条、長岡付近の探索

深夜に友人宅から帰宅し、バイクを触っていたら眠れなくなったので少し出かけることに
ルートは適当。 それでもって山道を走りたかったのでジェベルで行くことに

川沿いの土手を走ること1時間弱、三条の有名な?トンネル、旭隧道に到着 
DSCN1409_R.JPG

ちなみに、ここまでの道のりで睡魔に襲われ何回か引き返そうと思ったが、ここまで雰囲気がある隧道を目にすると興奮と違う意味で目が覚めます
実は、過去に何回かアタックしたことがありますが、いつも工事をしており通行止めでした。今回はバリケードもないしラッキー?

洞内
DSCN1411_R.JPG
DSCN1412_R.JPG
DSCN1413_R.JPG

入口前は工事が大体終わり至って普通だけど、後半から雰囲気マックスの素掘りになります。 いいよ、素掘り
洞内はそれほど寒くはない だが、普段は静かな純正マフラーのジェベルの排気音が不気味に洞内に響き渡り低いような高いような音をこだまさせる 写真撮影時はちょっとビビっていた

DSCN1416_R.JPG

やっと出ました 長かった (;´Д`)ハァ…

長さは700〜800Mはあったような… 道内はとても狭く軽自動車一台ががギリギリ通れるほど。私なら車で通ると、ぶつける自信があります
もちろん電灯などは皆無ですので、ヘッドライトを消すと、ほんとうの闇になりますので暗いのが苦手な人は要注意 ちなみに道内は水浸しですのでそれなりに対策しないと濡れます

もう一枚の出口の写真
DSCN1417_R.JPG

下手したら心霊スポット並に雰囲気が…
この隧道を抜けると世界一神社というものがあるのですが、今回はスルー 今、思えば調査すればよかった…
神社を抜け山道を上るんですが、これがまた酷くマッディでジャベルを何回もゴロリさせたことか(;´д`)トホホ… 
なんとか、生還したので記念撮影 一人でなにやってんだか
DSCN1418_R.JPG
DSCN1419_R.JPG

朝っぱらから汗だらだら 良い運動になったぜ!
そのあとはテンション爆超のまま廃道に行ったり
DSCN1425_R.JPG

地図にないような道を走ったり
DSCN1427_R.JPGDSCN1428_R.JPG

道中、アタックセクションも!
DSCN1432_R.JPG
DSCN1433_R.JPG

本日、何度目のゴロリなのか(;´Д`)アウ...
DSCN1435_R.JPG

無事に登頂!
DSCN1436_R.JPG

天気は最高!
DSCN1443_R.JPG

展望もよし!
IMG_0863_R.JPG

草ヒロ、ジムニー! 11の一型かな?;゚д゚)ゴクリ…
DSCN1445_R.JPG

洗車が捗りそうな探索でした(;´Д`)
posted by marchyoo at 23:11| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

国道49号線の付近の探索

福島に抜けたり太平洋側にアクセスするときに使う国道49号線 今の仕事柄この道を通行することが多いので馴染みの道でもある。49号線を走っていると、旧道や気になる周辺のスポットなどが目に入るので少し調査をしてみた

道の駅 阿賀の里を過ぎしばらく進むとトンネルがありますが、トンネル入口付近を見ると何やら怪しい道を発見
進むと川伝いに走る旧道でした
DSC_7669_R.JPG

DSC_7670_R.JPG

道路のセンターラインはうっすらと残る 道路脇の木々が道を飲み込むのも時間の問題だろうか

今では役目を終えている看板 いい感じにくたびれていた
DSC_7672_R.JPG

確か同じ看板が49号のどこかにあったような…? ここ最近になってバイパス化し新しく廃道になった場所にあったような… 
この標識を過ぎると五十島隧道が現れる
DSC_7674_R.JPG

DSC_7677_RR.jpg

内部は多少やれてはいるが、激しい損傷などはなくいつでも現役に復帰ができそうな感じ
DSC_7679_R.JPG

DSC_7678_RRR.jpg

さてと次は林道の標識があったので林道へ
林黒岩大牧線
DSC_7686_R.JPG



道は舗装され走りやすい ただ、くねくねと標高を稼ぐような道なのでスピードの出し過ぎは禁物
途中、見晴らしのよいポイントを発見
DSC_7687_R.JPG

ここからは阿賀野川沿い伝う旧49号線が見渡せる
先に進むが積雪で足止め 迂回しようと脇の開けた未舗装路を使うが、なんと雪解け水でヌタヌタになった路面であった… orz
DSC_7690_R.JPG

奮闘するもバイクがセルフ停車してしまうほどマッディ
DSC_7692_R.JPG

降車して押したり引いたり やっと出てきた愛車はマッディに… うっほ!
DSC_7693_R.JPG

こりゃぁ洗車が捗るぞ ふへへ (;´Д`)
更に先に行きたいが、4月初旬ともあり山間部はまだ雪が溶けていなく足止め状態
DSC_7800_R.JPG

そんなんで道を引き返す 近くにダムを発見
DSC_7694_R.JPG

DSC_7713_R.JPG

DSC_7695_R.JPG

DSC_7706_R.JPG

DSC_7716_R.JPG

ダムの名前は揚川ダム ただ、放水している水の勢いがすごい
このダムを渡り対岸側に行き川沿いに走ると猫がそれなりに住んでいる集落へとつながります
DSC_7719_R.JPG

右耳にクモの巣がついていた

DSC_7721_R.JPG

DSC_7720_R.JPG
 
DSC_7734.JPG

まだ冬毛なのか、もっふもふである 
癒しパワーをもらい先をゆく 
国道を外れ集落を走っているといい感じの雰囲気の神社を発見 思わず立ち寄る
DSC_7735_R.JPG

DSC_7726_R.JPG

DSC_7747_R.JPG

境内の祠は昭和3年に奉納?
DSC_7742_R.JPG

狛犬の雰囲気がまた良い味を醸し出している
DSC_7756_R.JPG

鳥居と共に
DSC_7765_R.JPG

雨上がりのコケは好き
DSC_7729_R.JPG

この神社をあとにし、またしても旧道探索
この穴はなんだろうか?
DSC_7780_R.JPG

内部は結構長そう
DSC_7783_R.JPG

この道沿いに小さい穴が多数あったので何かの採掘でもしていたのか?
旧道はまだ、雪が残っており先に進むのが大変であった
DSC_7784_R.JPG

道自体は大きな破損もなく状態も良いので走りやすいのが好印象
DSC_7793_R.JPG

DSC_7795_R.JPG

DSC_7796_R.JPG

福島の近づくほど残雪が多いので、なかなか上手い具合に進まない なので今回の探索はここまで
実は目標であった新潟〜福島間の旧道に存在する白看が目当てであったがまた今度にしよう
posted by marchyoo at 15:23| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

昭和エロスを感じる鬼怒川・秘宝殿

友人から昭和エロスを感じられる面白い場所があると聞いたので調べてみました。

その名前は・・・   鬼怒川・秘宝殿 


って、まず秘宝館(秘宝殿)とはなんぞや? 名前から察するに宝物やレアモノがあるのだろうか?
とりあえず秘宝館とは? ←wikiに繋がります

むむむ!! これは行かねばならないな!
昔は観光地にたくさんあったらしいが、近年になりめっきりと数を減らし今では全国で20ヶ所ほどしかないとのこと(実際はもっと少ない?)
時代の流れと共に数を減らしてきた秘宝館。 友人から教えてもらった鬼怒川・秘宝殿はなんと2014年12末で営業を終えてしまう。 
来月いっぱいで営業を終えてしまうのか・・・ この、機会を逃したら一生お目にかかれないと思い足を運んでみることにしました

寒空のもと、早朝の国道を秘宝殿に向け出発。 今回は財布の事情もあり‘快適’なバイクで行ってきました。 超寒い ((´д`))
温泉街を抜け少し離れたところに鬼怒川・秘宝殿はあります
DSC_7614_R.JPG

消えかかった看板には 

「見る 知る 遊ぶ マル秘 ワクワク大発見!」 

いいですね、こういうの。 私はすごく好きです 
ただ、駐車場もガラガラだったので営業中の、のぼりが出ていなかったら間違って帰りそうです。
さて、ここから中へ入っていきます

これより先は大きなコドモの世界ですので、18歳以上の方のみエンターお願いします続きを読む
posted by marchyoo at 19:35| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

懐かしのドライブイン巡り

昨日、友人M氏、同行の元、気になっていた場所に行ってみました
新潟東港付近にひっそりと佇む24サクライ
DSC_7420_R.JPG

通称 「トゥエンティーフォー・サクライ」
友人が命名しました(笑)

下調べによると、となりにゲームセンターがあるらしいが、夜は閉まっていました。
隣のお食事コーナーには子供の頃から気になっていたマシーンがありました
DSCN1198_R.JPG

アツアツのうどん・ラーメンがなんと! 300円で食べれます!! これは助かります
DSCN1194_R.JPG

友人と私はラーメンを注文
DSCN1199_R.JPG

味は醤油味であり、ダシも聞いていて変なラーメン屋よりは美味しいと思う。それに、この雰囲気の中で食べるのはとても風情?があって良い
 具材はチャーシュー(ソーセージか?)、ネギ、わかめなど手抜かりがないのに驚く。 しかも生麺なのか麺もうまい! しかも30秒ほどで完成するHA☆YA☆WA☆ZA☆
機会があれば是非、足を運ぶのもよいと思われます

お次は村上の山奥に、これまたひっそりと佇むペガサス
DSC_7424_R.JPG

外には自販機の他、アダルティーな自販機もあるのでこころ強い
店内は無数のゲームがあるので、訪れるものを退屈にさせないのである
DSCN1204_R.JPG

DSCN1203_R.JPG

レトロな自販機達  ポテルカ自販機は稼働していなかった。
DSCN1202_R.JPG

 今度は、うどんを注文  ちなみに24サクライと同じ型の自販機であった。 
お金を入れ(こちらは50円高い)うどんボタンを押すとアナログな熱線式?カウンターが秒読みを開始するのだが、液晶方式になれた者からすると、このカウントダウンもまた、面白い。 チーンと高らかに完成したことを知らせてくれるベル付きだ。
 近くには薬味と割り箸があるので安心である
DSCN1200_R.JPG

さて、うどんも食べ終わったのでゲームで少し遊んでみることに
私はUFOキャッチャーをすると、なんと! 一発で景品が取れてしまった!!
DSCN1205_R.JPG

私は、このような趣味はないが、取れてしまった(汗) 決してファミリーで訪れないように気お付けたほうが、よいかもしれない
奮闘するM氏
DSCN1208_R.JPG

ちなみに、ゲームコーナーの景品は私がたまたまにとってしまったモノのように、エロスを感じるものが大半である 是非、近くに寄った際にチャレンジして欲しい
 さて、夜のドライブイン巡りはこれにておしまい。 あなたの近くにもイカししたドライブインがあるかもしれない!

posted by marchyoo at 20:54| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

2014年 秋 林道 本名室谷線

さて、秋も後半?気温もめっきり下がりバイクに乗るのが辛くなってきました 山頂のほうは雪が積もっているみたいです
風を切って走れば体感気温もそれなりに・・・ グリップヒーターが欲しいですねぇ・・・

最後の紅葉を見に山へ向かうことに 
今回選んだ道は新潟と福島をつなぐ林道・本名室谷線 
ここ、三年ほど災害復旧工事により新潟県側は通行止が続いていましたが。今年入ってから工事が終わり通行が可能になったとのこと! これは行かずにいられませんね!

☟以前に行った時の本名室谷線の状況レーポート ぽいもの(笑)

2011年11月21日 本名室谷林道

スノーアタックの巻き

ここら一体は有数の豪雪地帯、一度雪が降ってしまえば春まで道を閉ざしてしまう道  今の季節に峠付近でキャンプ or 車中泊なんてした、よく日には春までビックフットと過ごさねまばならない・・・ 爆
 冗談抜きで、一日で数十cmも積もる時がありますので油断は禁物です。道中、雪が積もってきましたらすぐに引き返しましょう 

さて、話がそれてしまいました。 先週の土曜日に行った時のレポートらしきものを淡々と書いていきますYO!

さて、今回のルートは新潟県側から入り福島川に抜けるルートです

〜ルート詳細〜

国道49号福島側へ⇒阿賀から県道227号へ⇒始点、林道・本名室谷線に接続⇒峠、県境を境に福島側へ⇒終点、本名ダム⇒国道252号線へ接続

阿賀から県道227号を上がっていると途中に廃道区間があったので、今回はそちらか行くことに
 写真はありませんが、この区間を走ると川沿いを走るので景色が良いです。 路面もアスファルトが残っていますので普通乗用車でも走行可ですが、何しろ道幅が狭いので対向車に要注意!
 
途中に命の水を発見
DSCN1117_R.JPG

ここで水分補給
しばらく走ると吊り橋やら支線やら面白い発見をします 少し道を外れると面白いですね
 視線を探索するがあえなく行き止まり そして、車両がマッディーに! ウッホ! 
そして本名室谷線に到着
DSCN1121_R.JPG

土日だったので大型車は通っていませんでした
DSCN1122_R.JPG

右にある洞窟は洞穴ですので、飛ばしたほうが良いかも
途中、支線を2箇所程楽しむ 最初に行った視線はストレートが多くスピードが出せる 
終点でパシャリ
DSCN1126_R.JPG

もう一箇所は途中で道が廃道化したので探索を断念
DSCN1133_R.JPG

気持ちがよい道
DSCN1135_R.JPG

川の水が青くて綺麗 めっちゃはっこそう!
DSCN1136_R.JPG

しばらくダートを楽しむ ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン 
DSCN1138_R.JPG

本線に戻ると真新しい案内板を発見
DSCN1139_R.JPG

紅葉の景色が続きます
DSCN1140_R.JPG

DSCN1142_R.JPG

DSCN1144_R.JPG

DSCN1145_R.JPG

そして県境に到着
DSCN1147_R.JPG

新潟県側は見ての通り県境まで舗装が終わっていました
DSCN1148_R.JPG

工事前のガレ場区間、ダート区間がなくなり寂しくなりました・・・ (´・ω・`)
でも、県境からの展望は相変わらずよい Good!
DSCN1149_R.JPG

県境をあとに福島側へ下ります 福島側は所々舗装がありますので、何時かは全線舗装になるかもしれません
福島側は登山者の車も通りますのでスピードに注意
途中フラットな箇所があり思うような走り方ができなく大変でした ダートむずい・・・
そして終点、本名ダムに到着 その後、国道252を上り帰路につくのであった

おしまい

備考
・新潟県側は県境まで全線舗装化が完了 (´・ω・`) シーズンによっては落ち葉が大量に散っているので要注意
・新潟側の支線はダートが楽しめる
・福島側はあまり変わっていない気がするが
・距離のある林道ですので、入る前に燃料の補充をした方が良いかも


posted by marchyoo at 14:43| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

軽くラリーだった模様

オフ車を買ったので、これはダートを走らずにいられない そんなんで初ダートに向け出発

ダートまでの道中、国道352号線を通ります 2014年6月28日時点では新潟から福島まで通行は可能でした。
 この352号線は国道の称号があるくせに、えらく道が険しく狭く到底、国道とは思えません。 なんたって洗い越し区間もあるし、走破しようとなると70kmもGSは皆無
 どちらかというと山岳道路と言ったところでしょうか? ですが、景色はGood!! 自動車だとトンネルをくぐってワープできますが、このチートトンネルは終日二輪車乗り入れ禁止ですので、バイクの方は気合を入れて走破しましょう! 無論、崖伝いを走るので無理は禁物ですよ!!

DSCN0714_R.JPG

スノーシェッドが綺麗
DSCN0718_R.JPG

途中、残雪を発見!
DSCN0720_R.JPG

無事、福島まできたが、ここまではウオーミングアップに過ぎなかった
DSCN0721_R.JPG

この酷道352号線の詳細は以前にも記事にさせていただいたので、気になる方下をリンクしてください

‘THE 国道352号線‘

さて、福島側までたどり着きました。 ここからはダートを走りにいきます! ですが、初ダートともあり、写真を撮る余裕がなかったので、写真は少なめです。

まず、栃木県に抜ける林道を走行 川俣檜枝岐林道も入口付近
DSCN0723_R.JPG

木々が美しい
DSCN0725_R.JPG

福島側は走りやすく、峠まで順調に行けましたが、栃木県側は、じゃがいも程の石がゴロゴロと転がり、溝もあったのですごく疲れました 写真を撮る暇もありません!
 栃木側は水溜りが、多数点在し泥だらけになりました 無論、靴は水没 笑
途中、田代山林道へアクセスしようと思いましたが、工事のためゲートがしまっており断念 orz
 県道に入り次なる林道を目指している途中に気になる道があったので突撃

橋を通り
DSCN0737_R.JPG

トンネルをくぐり 暗くて怖ぇっ
DSCN0736_R.JPG

もう一つのトンネルを抜け 
DSCN0730_R.JPG

道を進み
DSCN0726_R.JPG

DSCN0727_R.JPG

ダムを望みながら進み
DSCN0729_R.JPG

行き止まり!!
DSCN0728_R.JPG

引き返すと、こんな看板が
DSCN0738_R.JPG

正直、船着場へ行く道ではなかったよ! もはや廃道とかしていましたし!

次なる林道へ行く途中に平家の落人伝説がなんとやらがありましたが、山奥の村や温泉などで、この手の話はよく目にします 

そして、安ヶ森林道へ
DSCN0739_R.JPG

峠付近
DSCN0740_R.JPG
DSCN0741_R.JPG

栃木側? は、舗装路でしたが、この石碑からはダートでした 道はとても走りやすく、川を横目でみながら走りました とても、気持ちのよい道です

今度は、小塩塩丿林道に行くが、途中で廃道化
DSCN0742_R.JPG

私は、この時点でグッロキーだったのでアタックせず、引き返しました
 ここで帰路に戻るべく西会津へ向かいますが、いきなりのスコール顔負けの集中豪雨に会い看板を見落とし若松の方へ大きく道をそれてしまいました トホホ。
 おかげ、合羽を来ていたのにパンツまでくっしょりです orz  ですが、若松に行くと先ほど豪雨はどこへ行ったのか、快晴そのも! まったくゲリラ豪雨ってのは厄介なものだ でも、雨の中を走るのも悪くないかも

ヘトヘトになりながらも、無事に家に帰還! 走行距離はおおよそ470km程 
 なんと、あれだけ走ったのにガソリンは一回も給油しませんでした (;゚Д゚)! 噂には聞いていましたが、ジェベルの航続距離恐るべし!

posted by marchyoo at 00:12| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

ダム湖

ジェベルを購入してから山に行くのが楽しくなりました
ジムニーもいいのですが、手軽さでは、バイクに軍配が上がるので・・・ 最近乗ってないなぁ
先週、林道探しに山に行っていたら支線があったので突撃!
行き着いたところは、ダム湖でした
securedownloadf.jpg

水没により枯れてしまった木たち  とても神秘的です
 あたりを散策すると、道路などがありました。 ダムの近くの案内板には数十年前まで村があったらしく、ダム完成のため、村もろとも水中に埋まってしまったとのことです なお、ダム建設中に偶然発見された遺跡群もダム湖底に眠っているらしいです なんか、ロマンを感じます

securedownload.jpg

全体図
image.jpeg

先日の雨で周辺はぬかっていたので、慣れない不整地で四苦八苦 汗 オフロードは思った以上に難しい・・・
ちなみに、こことは別の林道で人生二回目の転倒をしました 一回目はゼファーで交差点を火花を散らしながらズザー \(^o^)/
 今回は草むらに隠れていた、コブに接触しバランスを崩し転倒! 高校以来バイクに乗っていましたが、車体から体が吹っ飛ばされるのは初めてです。 教習所以来の出来事だったので、新鮮な気分を味わいました
 不幸中の幸いにバイクや身体に怪我や損傷がなっかたので、良かったです 今度からはプロテクターを付けていきたいと思う
posted by marchyoo at 22:42| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

ジャズ50で行く弾丸江ノ島ツー

さて、ジャズ50もほぼ仕上がったので手始?めに江ノ島まで行くことに

〜PM10:20〜

自宅を出発 友達のTZR50Rと共に国道8号線を南下

〜PM10;40?〜

信号待ちで地元の少年であろうか? カブ?1台スクーター3台、合計4台あまりの、オートバイに跨る少年らにメンチをきられ、イカしたエキゾーストノートを堪能させられる
友人曰く叫ばれたらしい

〜PM12:00〜
小千谷にある道の駅で休憩 この時間帯だと流石に外は寒く雨合羽を着ることを決断
施設ないが、とても暖かく出たくない 私はこの時既に帰りたかった (笑)

〜AM02:00〜
三国峠麓にある道路ステーションで休憩 流石に疲れたが、峠越えが待っているので腹ごしらえに販売機に売っていたカップラーメン食べる 冷え切った体にしみる

〜深夜 三国峠〜
三国峠を上るが、どんどんTZR50Rに離されていく こっちはフルアクセルで45〜50kmが限界 てかめっちゃ寒い!!!
三國トンネルを抜け群馬側に行くと後は下り道だが、なおさら友人に置いていかれる (汗)

〜AM03;20〜
峠を下ったところにコンビニがあったので休憩 この時に鳥のさえずりが聞こえ朝が近いのだと思う
それからひたすら国道17号を下るが途中で朝日が昇り何故かハイテンションになり曲芸乗りを二人でかまし出す (汗)
挙げ句の果てには信号待ちでスパンキングをしはじめる有様 多分、疲れていたんだと思う

このあと群馬から埼玉間の記憶が無い 先ほどの件で体力を消費したせいだろうか

〜AM10:55〜
大田区にあるファミマで休憩 東京は暑かった 信号待ちでとなりに並んだドライバーに励ましの声をかけられる! すごく嬉しかった!!

今度は国道1号線で目的地である江ノ島へ 途中、バイク用品店ナップスに立ち寄る
ナップスには初めて入ったけど、バイク用品の多さに唖然 (゜д゜)

〜PM01:39〜

江ノ島へかかる橋を通過
前は友人のTZR50R
DSCN0508_R.JPG

〜PM01:49〜
江ノ島に到着 \(^o^)/
DSCN0510_R.JPG

DSCN0511_R.JPG

片道約450km 走行時間約13時間30分

腹が減ったので江ノ島丼なるものをいただく! う〜ん うまい!!
image.jpg

それから、ぶらっと観光
DSCN0520_R.JPG

DSCN0524_R.JPG

〜PM03:30〜
観光も済ませ帰路へ 
帰り道は疲労困憊でゼファーで行けばよかった何回思ったことか
途中、睡魔に襲われ仮眠をとっていましたが、心配してくださった、おまわりさんに励ましの言葉をいただき頑張って新潟に向かう
話の内容はあまり覚えていませんが 「バイクの盗難が多いからきお付けてね!」 と言われました

〜AM08:20〜
小学生の登校と共に無事自宅に到着

総走行距離約900km以上 走行時間 約38時間 睡眠時間おおよそ2時間
もうこんな弾丸苦行ツーリングはやりたくないと心に決めたのだった(笑) 

posted by marchyoo at 21:01| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

ぶらり旅

ふと、思えば天気が良いではないか なんかどこかに行きたくなってきた
愛車の助手席を外し自作車中泊キットを取り付け、荷物を適当に放り込み出発

取り敢えず南に進路をとり秋吉台に到着
DSC_3993_R.JPG

景色は最高にGood! 今度はバイクで行きたいです
秋吉洞へも足を運びました 中が広大でびっくり! 車内にカメラを忘れたのを後悔 orz

人生で初めてサファリパークにも行きました
動物たちがのびのびと生活しすぎているのか、ほとんど動かない でも楽しかった
サファリパーク内にジムニーを発見し少し興奮する
DSC_4019_R.JPG

カラーリングもサファリパーク仕様 ほかにもパジェロなども有り
ダチョウを追っかけ疾走するJA11
DSC_4023_R.JPG

凄くワイルド 俺もやってみたい・・・
林道で子鹿に遭遇
DSC_4053_R.JPG

生まれたてなのだろうか、ヨロヨロと立ちなかなか逃げない
DSC_4058_R.JPG

悪くないぶらり旅でしたが高速、燃料代がハンパない\(^o^)/

posted by marchyoo at 22:58| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

またしても行ったよ! 乳頭温泉

この時期になると、なんというか露天風呂にゆっくりと浸かりたくなりますね!
そんな訳で去年に引き続き乳頭温泉までぶらりと行ってきました

家を出たのは深夜近く この時間帯は道路が空いているのと信号の都合が良いです
空は晴れており月がよく見え明日の天候に期待は膨らむ そんな事と露天風呂の極楽感をもんもんと妄想させ深夜の国道を北へ向かう
DSC_3774_R.JPG

真夜中の国道を飛ばすこと7時間、温泉付近にあるいつも仮眠をとる駐車場に到着するが・・・・
DSC_3778_R.JPG

思ったより雪が積もっている!
去年はこんなに積もっていなかったのに
比較に去年の12月4日に撮影した上の画像と同じ駐車場
DSC_1816_R.JPG

やっぱり年によって降る時期や量は違うみたい
せっかくの夜空の下での雪なので記念に一枚撮っておきました
DSC_3783_R.JPG

カメラを片手に何枚か撮っていたら体が冷えてしまいました 夜空はよく晴れ放射冷却もMAXなのか恐ろしく寒い それと運転の疲れもあったのでアラームをAM9時にセットし車内で仮眠をとることに
寝袋に包まりどれくらいの時間が過ぎただろうか? 暖房を切った車内はとても冷えなかなか寝付けない
だが、7時間ぶっ通しの疲労が睡魔に変わりいつの間にか眠りに落ちていた

シャリンシャンリンシャリンッ ガリッガリッガリッ 私の後ろで突然振動と共にけたたましい音が響いた
寝ぼけている頭と目で音の方を見てみると真っ赤な物がグルグルと猛回転で私の方に向かってきているではないか
最初はなんなのか分からなかったが、ものの数秒でこの正体が判明した
国土交通省の大型ロータリー除雪車である あのグルグルと回るロータリーで雪を掻き込み吹っ飛ばす豪快な除雪車だ あのロータリーの中に巻き込まれたもちろんミンチになってしまう
冬などには見慣れているロータリー除雪車だが唐突の出現とすぐ真後ろまで迫ってきているロータリーブレード、そしてあの轟音・・・ 今まで一番恐ろしいモーニングコールであった

最高なモーニングコールの後は良いことがあるに違いない! 
訳の分からない言いつけを言い聞かせながら今回の目標である孫六温泉に向かう
駐車場に車を止め800メートル程歩くと孫六温泉は現れます
DSC_3804_R.JPG
DSC_3812_R.JPG

付いて料金を支払い、いざ露天へ! 最高の温泉に最高の景色、それに空は晴れ渡っている まさに極楽この上ない 更によかった事に最後まで私一人で温泉に浸かれたことである
これだから温泉はやめられない


posted by marchyoo at 21:34| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

2012年 四国への小さな旅

10月中旬に行った四国 そこでは様々な感動や出会いがありました
写真があったので少しあげてみます

準備はOK
DSC_3458_R_R.JPG

滋賀付近で撮った琵琶湖にたたずむ鳥居
DSC_3464_R.JPG続きを読む
posted by marchyoo at 20:11| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

2012年北海道旅

まだまだ北海道に滞在する予定でしたが急遽、新潟に戻ってきました(汗)本当は帰ってきてから一週間経過していたのであった・・・

とりあえず撮ってきた写真を貼っていきます

DSC_2652_R.JPG
船でけぇ!

DSC_2668_R.JPG
Good-bye Niigata…

DSC_2698_R.JPG
航海は順調!続きを読む
posted by marchyoo at 00:54| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

地蔵峠

旅の続きにして終わり

2012年 5月20日 天候 晴れ

今日も朝から天候は良いが体調はすこぶる悪い
常時薬で持ってきていた総合風邪薬も全く効果はないみたいだ
相変わらず喉と耳がおかしい

今日の目的地は地蔵峠である
ここも以前から気になっていたポイントであり何回か足を運ぼうと思っていたが、結局gdgdになって行かずじまいだった場所である
張り切って出発したいところだが体調が悪いと、こうも悪く気が進まないものだろうか
暫し頭の中を整理し身支度を整え地蔵峠へ向けいざ出発

県道22号線を通って地蔵峠を通っている国道152号線に合流するのだが結構この県道も険しい道であった
何とか国道152号線に出て峠を目指し走っていきます
この国道も地図上で相当険しい物だと覚悟していたが、確かにその通りだった
道は狭くカーブが続く 随所すれ違い不能箇所がありました
DSC_2543_R.JPG
続きを読む
posted by marchyoo at 17:09| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

大平街道

中腹林道の次は得に予定は立てていなかったが明日、地蔵峠へ行く予定なので飯田市でとりあえず車中泊する予定でした
時間に余裕があったので長野県県道8号線(大平街道)を通って飯田市に入へ
だがこの大平街道勾配が着つくカーブも連続していて走りにくい おまけに道路の幅も狭く大変だ

それと先の林道から体の体調が急激に悪くなり半ば記憶が飛び飛びである 得に喉はつばを飲み込むだけで痛く物が通らない 頭はオーバーヒート気味
どうやら温泉に入って風が良くなったと思ったのは気のせいであった

とりあえず大衡峠に到着

DSC_2527_R.JPG

峠には茶屋(画像左)もあるので軽食は取れると思われます
THE 茶屋って感じがなんか良い
DSC_2528_R.JPG

峠付近にあったもの
DSC_2525_R.JPGDSC_2530_R.JPG

この峠から少し山を登ると中々良い景色が望めます
DSC_2532_R.JPGDSC_2534_R.JPG

体調が悪く長いが出来なかったのが残念
急いで車中泊できるポイントまで向かいます
飯田峠付近の隧道
DSC_2537_R.JPG

隧道の扁額
DSC_2538_R.JPG

下っている最中面白い村?らしき物や林道もあったが体調が悪いのでここはパス orz
そして飯田市に入ったときにはほぼ体力を使い切っていたので道の駅で少し早いが就寝


posted by marchyoo at 19:38| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中腹林道

次なる目的地は下呂温泉からそう離れていない中腹林道だ
GPSと地図を頼りに何とか林道起点?らしき物を発見
DSC_2501_R.JPG

この起点らしき標識があるのは採石場を跨いだすぐ先なので見つけるのはそんなに難しいと思われます
DSC_2502_R.JPG




続きを読む
posted by marchyoo at 15:32| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下呂温泉

旅のつづき

2012年 5月19日 天候 快晴

早朝から天気良し 今日は下呂温泉まで行ってきます
起床後、身支度をし国道41号線を通り下呂温泉まで直行

無事、駐車場に車を停め目的地の温泉へ向かおうと思ったが、まだ営業が始まっていない
営業が始まるまで暫し街中をぶらつくことに

とりあえず橋の上から一枚
DSC_2467_R.JPG

ホテル、旅館が連なっている
橋の歩道には手形や足型があり中々おもしろい
続きを読む
posted by marchyoo at 14:55| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

草原

白川郷を出て国道156号線の橋下で偶然見つけた場所

DSC_2449_R.JPGDSC_2446_R.JPGDSC_2444_R.JPGDSC_2442_R.JPGDSC_2439_R.JPGDSC_2436_R.JPG

撮影に夢中になり車しか写ってない orz
まるで牛でも居そうな草原であった
このあと頭がボーッとしてきて運転に支障が出てきたため道の駅で早めの就寝

posted by marchyoo at 12:48| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白川郷

前のつづき
2012年 5月18日 雨時々晴れ

昨日の夜は就寝中に激しい雷と雨により幾度か目が覚めてしまった。 今回は実質初めての車中泊であり少しばかり緊張する
先ほどから雷とともに猛烈に降ってきた雨粒がジムニーの薄平らい屋根を弾く
この音がまるっきしトタン屋根の雨粒をはじく音と同じなのでとても気にになり中々眠りに入れない だが、先ほどの林道をさ迷った疲れもあり気づいたら眠りに落ちていた
途中、寒さで幾度か目が覚める 流石にシュラフ一枚では限界があるらしい
二回目に起きたときは念入りに窓に張ったサンシェッドがシュラフノ上に落ちている 車内への光を閉ざすために購入したサンシェッド このサンシェッドは特価で購入した輸入品(190円)でる
だがこの時サンシェッドもう一つの効果特性に気づかされてしまう このサンシェッドを寝袋の上に被せ密着するようにすると保温性がありとても暖かい
昨日はこのサンシェッドのおかげで熟睡することができた 

このようにサンシェッドのお陰で熟睡することが出来ました
だが起きたときから昨日の疲労とやはり寒さから来たのか耳が聞こえづらく(山に登ると鼓膜が張る感じ)体調も悪い
だが、起きた時間が予定よりも遅くなってしまったので早々に朝食であるインスタント麺を済ませ今日の目標である白川郷へ向け出発

国道360号線で県境を越え落合に行きそこから国道472、471号へ乗り換え県道34号へ渡りダート30km弱の牛首林道を経由して白川郷へ入る予定であったが、今回の豪雪で国道472,471号線が通行止め
やむなく迂回路を使い高速道路で白川郷まで行くことに

何とか白川郷までついた 昔から白川郷へは一度は足を運んでみたいと思っていたのでとても嬉しい
駐車場へ入ると観光バス多し そりゃあ世界遺産に登録されているわけだから仕方がないか・・・
取り合えずカメラの準備をし車を出る 駐車場から村へ渡るには小さなつり橋を渡るのだが、人がごった返しており少し心配になる
橋を渡り終え念願の白川村へ ここからは写真だけです
DSC_2372_R.JPG続きを読む
posted by marchyoo at 12:33| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。