2016年10月29日

ゼファー750の修理Part1 メーター修復の巻

とりあえず手始めにメーターからいきましょうか
無残な姿になったメーターくん 
DSCN4186_R.JPG

タコメーターは転倒時に叩きつけられてぐちゃぐちゃになり、インジケーターも割れや傷などがつきました
メーターを固定するブラケットも転倒の衝撃で曲がってしまいましたが、幸いスピードメータはうっすらと小キズがついただけで無事でした タコメーターのストックがあるのでスピードメーターが無事だったのは助かります

続きを読む
posted by marchyoo at 06:53| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

ゼファー750のスパークプラグ(点火プラグ)を交換してみよう

なんか最近、バイクの調子が悪いなぁ... 燃費が... 焼け具合が... と、プラグを交換する要因は様々です。

個人的にプラグ交換は結構好きな作業の一つです。 なんというか、交換後にエンジンの回転が軽くなるというような... とりあえずフィーリングがよくなる気がします 悪魔で僕個人の体感ですので当てにはしないでネ!
今回の主役のプラグくん
DSCN3578_R.JPG

ゼファーの場合空冷エンジンともあり非常にプラグ交換が楽チン♪ それに標準プラグも他の車種から比べると半額以下の値段で入手できるお手ごろ感!! これは変える他にありません!!!

そんなことは置いておいてプラグ交換をしたいと思います

続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

ゼファー750のテールランプ球(電球)を交換してみよう

夜にふとゼファーに乗ろうと思い気がついたもの

DSCN4025_R.JPG

DSCN4027_R.JPG

テールランプが片方切れているではないか!!
後日切れたテールランプを交換することに

続きを読む
posted by marchyoo at 21:16| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

インナーフォークの交換

去年から気が付いていはいたけど、放置していた右側フロントフォークのオイル漏れ

DSCN3669_R.JPG

最初はインナーフォークにうっすらとフォークオイルが付着するだけでしたが、距離を走っているとオイルの付着量が増えてきました

得にワインディングの後にはひどいとアウターチューブを伝ってホイールに付着する始末 ブレーキローターに滴ったら怖い思いをすることでしょう なので早急な対処が望まれますが、先に書いたように結構な間放置して乗っている現状... 普通のオイル漏れならオイルシール交換で完治するのがセオリーですが、実は同じ症状でオイルシールは2度ほど交換しています。 今回はシール交換後、2000kmほどの走行でオイルがまたしても漏れてきました。 なので、今度で3回目ということになります。 ここまでやると流石に面倒ですので放置に至りました orz

オイル漏れの原因はオイルシールが傷んで漏れますが、なぜか僕のはいくら交換しても右側だけ漏れてきます。こうなるとインナーフォークが怪しく思えてきます
もともと僕のゼファーは中古で購入当初にフロント右側のブレーキローターが歪んでいてフロントブレーキ時にガクガクとフロントが震えていました。 これまた長々と、このままで乗っていたので、もしかしたらブレーキング時の振動でインナフォークに歪みができたのでしょうか? ぱっと見た感じでは目に見える歪みはありません。
ですが、インナーフォーク以外に原因が思い当たらなかったので、とりあえず部品交換で様子を見てみることに

今回交換したインナーフォーク 一万六千円ほど (ヽ´ω`)トホホ・・
DSCN3667_R.JPG

フロントフォークを取り外しインナーフォークを交換 交換の要領は以前に記事にしていますので気になる方は下記をリンクしてください

‘ ゼファー750のフロントフォークをオーバーホールしてみよう 分解編 ’

もともとついていたインナーフォークを外して新品と比較してみます
インナーフォークを平らな場所に置きコロコロと転がし隙間があるかどうか確認しますが、得に曲がっている等は見えません。 無論、簡易的な確認ですので不確かではありますが、新品と比べると大差ないのでOKとしましょう。
つづいてインナーフォークをまじまじと観察するとインナーフォークの摺動部(フォークが沈み込む箇所)にポツポツと黒錆が見えます。 といっても広範囲に点錆があるのではなく一箇所二箇所とある程度です。大きさはゴマ粒よりも小さいのですが、手で触るとカリカリと爪に引っかかるので、この点錆が原因なのか?
この点錆自体をペーパー等で落としてしまえば、オイル漏れはしのげそうですが、後々にオイルが漏れるのは嫌ですので交換します

インナーフォーク交換後に試乗した後、峠も走ってみてフォークを動かしてみましたが、得にオイルは漏れていなかったので良しとしよう!
オイル漏れ修理後はコーナーでの車体が安定している感じがします
posted by marchyoo at 00:51| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

ゼファー750の荷掛けフックのゴムキャップを交換してみよう

カワサキのバイクに付いていることが多いリアフェンダ下にある荷掛けフック 
DSCN3606_R1].JPG

シート下にツーリングネットやゴム製のロープを忍ばせていれば出先でのちょこっとしたものも愛車にくくりつけ運ぶことができます。 僕自身あまり使う機会はあまりありませんが、あればあったて重宝します。と、書いてみましたが本題はこのフックの先に付いているゴム製のキャップ
DSCN3607_R.JPG

僕のは、このフックのキャップが一つなくなっています
続きを読む
posted by marchyoo at 20:06| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

ゼファー750のステップを交換してみよう

バイクの部品の中でも破損率が高いと言われているステップ 僕も訳あって右側のステップを折ってしまいました 涙
DSCN3595_R.JPG

これを機会にバックステップに交換したいが... (;゚д゚)...

これは次回の課題にします... (ヽ´ω`)



〜ステップ交換編〜

用意するもの
・折れた方のステップ,FR,RH(右側) 部品番号34028-1335(3,802円)
・ちなみに反対の左側のステップはこちら ステップ,FR,LH 部品番号34028-1334(3,802円)
・ボルト,バンク センサ 部品番号92002-1742(346円)
・マイナスドライバー
・10mmのスパナ
・ペンチ


まず折れたステップを車体から取り外します
ステップの裏側を見るとE字型のクリップがあるので、これをマイナスドライバーで頭を押して上げてペンチで外します
DSCN3598_R.JPG

E字型のクリップを外しますと、ステップを固定しているピンが抜けるようになりますので、これを外してステップを車体から取り外します

追記 2016 6/7

違う部品の注文ついでにバンク角センサーを注文しました
DSCN3671_R.JPG


続きを読む
posted by marchyoo at 13:53| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

ゼファー750のアクセルワイヤー(スロットルケーブル)を交換してみよう

以前にゼファーのアクセルワイヤー(スロットルケーブル)を交換したので手順を書いていきます。



〜アクセルワイヤー交換編〜

用意するもの
アクセルワイヤ二本
・オープニング 部品番号54012-0008(1793円)
・クロージング 部品番号54012-0009(1793円)
・各種サイズのスパナ、ソケット
・適当なタオル(ウエス)
・プラス・マイナスドライバー
・ヘキサゴンレンチ(六角)
・ペンチ

ゼファー750のアクセルワイヤーは開け側(オープニング)、閉じ側(クロージング)の二本のケーブルで連動するダブルケーブルですので、アクセルワイヤーが二本あります。

そんなことは、さて置き今回の主役のアクセルワイヤー二本
左 オープニング 右 クロージング
DSCN1962_R.JPG


さて作業に取り掛かりますヨ!先に外装を外します。
続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

ゼファー750のカムチェーンテンショナーを外してみよう

エンジンのカバー類をしこしこと磨いていたらカムチェーンテンショナー付近からオイルが滲んでいるのを発見 なんでオイル漏れを直すことに 
実はこの作業は二回目の作業である 最初の作業もオイル滲みがあったのでパッキンを交換して完治したのだけど、まさか一年近くでまた漏れてくるとはな カワサキか・・・



〜カムチェーンテンショナー取り外し編〜

必要な物
・8mm、10mm スパナとソケットのコマ
・口の細いマイナスドライバー
・ガスケット 部品番号 92055-1583
・ガスケット 部品番号 670D2010
・テンショナーのロッドを抑えるプレート(自作)

*ゼファー750のカムチェーンテンショナーは大型のものから小型の物へと年式が上がるに従い変更されています この記事でのテンショナーは小型のテンショナーに変更されているモデルですので、大型のテンショナーのモデルは作業内容が変わりますので注意です

カムチェーンテンショナーの変更モデル年月(憶測なので参考までに)

1991〜1999年 大型のカムチェーンテンショナー
2001〜2006年 小型のカムチェーンテンショナーに変更

オイルが漏れた問題のカムチェーンテンショナー
DSCN3079_R.JPG
続きを読む
posted by marchyoo at 06:27| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

ゼファー750のヘッドライトレンズを外してみよう

ヘッドライトを外すことはありますが、レンズ自体を外すのはなかなかないと思われます。僕は車体リフレッシュの時にヘッドライトのリムを交換しましたので、その際にレンズを取り外しました
 欲をいいますと、レイブリックのマルチリフレクターを入れて今風なフロント周りにしたいのです 笑 ただ、懐がs(ry


〜ヘッドライトレンズ着脱編〜

先にヘッドライトを外します ここの作業は下記をリンクしてください

‘ゼファー750のヘッドライトを外してみよう’

ヘッドライトが外れましたらレンズを固定しているリム(外側の丸いメッキのもの)を取り外していきます
とりあえず裏側にします そうしますと、リムとレンズが3箇所で固定されているのがわかります
DSCN2963_R.JPG

ちなみにAのネジはライトの光軸の左右ネジです。 ここを外すと光軸がズレますが、ここを外さないとレンズは外れませんので外します。光軸が気になるようでしたら、外す前にネジ山に色を付けてマーキングすると、組んだ際に以前に近い光軸が出ると思います このAのネジにはスプリングとプラスチック製のナットがペアになっていますので紛失しないように注意です
DSCN2969_R.JPG

 Bのネジ(2箇所)はレンズをリムに固定しているだけですので、外す際はAのネジより気にしなくて良いと思います。 ここも、プラスチック製のナットがありますので、紛失に注意です

このA,Bのネジを外しレンズをリムから外して作業はおしまいです
外れたレンズとリム
DSCN2973_R.JPG

最後に組んだ際にライトの光軸がずれていると思いますので調整しておきます
上下の光軸も調整できますが、この作業では左右の光軸しか触っていませんのでリム側にある左右の光軸調整ネジを回したり緩めたりして以前に近い光軸を出しておきましょう
DSCN2968_R.JPG

それでも本当に前の光軸に戻したい方は車屋さんかテスター屋さんにだして調整してもらうのが間違いないです。
posted by marchyoo at 00:00| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

ゼファー750のタコメーターユニットを交換してみよう

以前に発覚したタコメーターの修復暦 /(^o^)\ナンテコッタイ 確かにそんな予兆はいま思えばありました
空吹かしすると一瞬だけ止まるタコの針 微妙にチリが合わないメーターカバーなど...

で、開けてみると
DSCN3033_R.JPG

ぼ、ボンドで修復されているだと・・・?! (゚A゚ )
悩みましたね このまま見なかったことにするか、Assy交換するか 本当に悩みました。 季節の変わり目で肌寒い中、ホットにするかくらい悩みました でも、中古は程度の割に値はるしな...


〜タコメーターユニット交換編〜

続きを読む
posted by marchyoo at 06:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

車体リフレッシュ

僕のゼファーは生産されてから、おおよそ11年ほどたっていてそこそこ、くたびれている箇所が出てきました
今のところは、乗り換える気はないのでくたびれている箇所、とくに目に見えるところをちょこっとなおしていこうかなぁ そんなふとした思いから作業を開始したのであった

〜車体リフレッシュ編〜

交換した部品
・タコメーターAssy
・タコメーターカバー
・取り付けネジ
・ヘッドライトのリム
・サイドミラー
・右側サイレンサー

測定した作業
・圧縮圧力測定
・キャブレターの同調測定

まずはマフラーのサイレンサー 実のところ以前に転倒していらい傷が付いたままの乗っていました
ガリガリ傷が生々しい
DSCN3037_R.JPG

流石にサイレンサーを純正新品に交換するのは懐に痛すぎる (;´д`)
ソコデ、DIYライダーの強い味方! ヤ○オクにてサイレンサーをゲット!!
届いたサイレンサー(下)
続きを読む
posted by marchyoo at 06:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

ゼファー750のスピード、タコメーター球&インジケーター球を交換してみよう

スピード、タコメーター、インジケーター球交換って、やろうと思うと何気にめんどいっ… だけど、バイク屋さんに任せるよりも自分でやりたい!! そんな方のために見やすいようで見にくいメーター球交換手順を書いてみたのであります

ちなみにインジケーターとは、メーター下にあるウインカーランプ、ニュートラルランプ、ハイビームランプ、オイル警告灯ランプが入っているカバーのことです

僕もニュートラルランプが切れてしまったので、作業に取り掛かりましょうか
DSCN5688_R_R.JPG



〜メーター球交換編〜

用意するもの
・プラスドライバー
・口が細いプラスドライバー
・10mmのレンチ
・メーター球各種 
タコメーター 12V 1.7W T7
スピードメーター 12V 3W T7
インジケーター 12V  3W T6.5

ちなみにメーター球の読み方 
・最初の数字は電圧の値 Vは電圧のボルト (今のバイクは、ほとんど12Vなので間違えないと思います まれに6Vがありますので注意 )
・真ん中の数字は電力の値 Wは電力のワット (ワット数が大きいと明るくなります)
・最後はウエッジ球の種類(電球の種類ということ 外見が似てる物がありますが型番が違うものがあるので間違えないように)


さて、メーター球を交換します。
続きを読む
posted by marchyoo at 06:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

ゼファー750のメーターユニット(本体)を外してみよう

何気にゼファーのメーター球交換はメンドイかも… メーター単体で外さないとメーターカバーが外れないもので...


〜メーター着脱編〜

用意するもの
・10mmのレンチ
・プラスドライバー

最初にヘッドライトのレンズ側を取り外します 
ここは、プラスネジ2箇所で止まっているので外します

続きを読む
posted by marchyoo at 06:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

ゼファー750のエアクリーナーを交換してみよう

久しぶりにエアクリーナーを見てみますと
DSC_4077_R.JPG

oh... 結構汚れているもんです orz
このエアクリーナーが汚れていたり破損している場合はエンジンの調子が悪くなる時があります。ゼファーのエアクリーナーはスポンジの湿式エアクリーナーですので、汚れている場合は洗浄して再度使用できるスグレモノです

ですが、このスポンジを触ってみてボロっと形が崩れるもしくは、明らかにスポンジがボロボロで風化している状態でしたら要交換です 値段は純正だと三千円後半だったと思います


〜エアクリーナー交換編〜

用意するもの
・エアクリーナー (純正品番 11013-1157 値段3,683円)
・インテーク (純正品番 39161-1065 値段2,149 円) *注 破損している場合交換をお勧めします
・ヘキサゴンレンチ
・プラスドライバー
・ソケットレンチ

*注意 値段は変動しますので目安程度にしてください

まずシートを外しタンクを固定しているネジ二箇所を外します 
続きを読む
posted by marchyoo at 06:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

ゼファー750のリアサスペンションを外してみよう

ゼファーのサスペンションは外側に2本付いているオーソドックスなツインショックです。 ここの記事では、ゼファーのショックアブソーバーのはずし方を書いていきます


〜リアサスペンションの取り外し編〜

使う工具
・プラスドライバー
・ヘキサゴンレンチ サイズ5mm、6mm(私の場合は社外のボルトのためサイズが変わっているやもしれません)
・ソケットレンチ コマサイズ12、14、17mm


 まず、リアタイヤをセンタースタンドを使い上げます。 付いていない場合はメンテナンススタンドなどを使ってください
 ちなみにリアサスを外す際は片方ずつ外したほうが良いです 二本とも外すとスイングアームが下がりきってしまい、サスを付けるときに微妙にめんどくなりますので…

続いて、マフラーのサイレンサーがリアショックを隠しているので外します
ステップ下のボルトは12mm タンデムステップ側のボルトは14mm ソケットレンチ緩めて外します
DSCN2003_R.JPG

ボルトを外したらサイレンサーを左右に揺すりながら外します続きを読む
posted by marchyoo at 06:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

ゼファー750のクラッチワイヤーを交換してみよう

最近、クラッチを繋ぐと、ゴリゴリとどこか引っかかるような感覚が出てきました。 ワイヤーオイルを注しても特に改善されません orz
新車時から変えてないと思われるクラッチワイヤー だとしたら、11年物です! それに4万4千キロも乗っているので寿命かもしれません。 なので思い切って交換します



〜クラッチワイヤー交換編〜

用意するもの
・12ミリのスパナ
・クラッチワイヤー (部品番号 54011-1309  値段1501円)

今回使用したクラッチワイヤーは純正品 値段は年によって変わっていきますので、参考程度に
ハンドルを変更している場合は、そのハンドルにあったクラッチケーブルを選択しましょう

初めにシートを外し燃料タンクを外します 燃料タンクの外し方は下をリンクしてください

‘ゼファー750のフューエルタンク(燃料)を外してみよう’



準備が出来ましたら、クラッチレバーを前(フロント側)に押し、アジャスタ(クラッチの位置を調整するダイヤル)の位置を三角の合わせマークの位置に4か5が来るようにします
DSCN2837_R.JPG

アジャスタのダイヤルが4か5のとき以外だたと、このようにレバーが前に出てしまいクラッチーケーブルのタイコが外れません(画像は3のとき)
続きを読む
posted by marchyoo at 05:22| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

ゼファー750の二次エア供給装置を外してみよう

年式が2001年からだとヘッド周りに色々と装置が付いていてごちゃごちゃしています。これだと作業性が悪いのでヘッドについている二次エア供給装置(バキュームスイッチバルブ)を外します

まず燃料タンクを外します。前に記事にしていますので、下記をリンクしてください

‘ゼファー750のフューエルタンク(燃料)を外してみよう’

イグニッションコイルも外すと作業性が良くなります。 外さなくても作業はできます

‘ゼファー750のイグニッションコイル&レギュレーターを外してみよう’

そうしますと二次エア供給装置が見えてきます
先に太いホースと細いホースを外します
DSCN1942_R.JPG

そうしたら、左右ヘッドについているホースも外しましょう
DSCN1940_R.JPG

DSCN1939_R.JPG

これで二次エア供給装置が外れます
DSCN1943_R.JPG

さっぱりとしたヘッド周り ヘッド周りのゴチャゴチャは高年式車の泣かせどころです (´;ω;`)
DSCN1944_R.JPG

ここを、外せば整備性があがりますが、車検時に引っかかりますので、つけておくのが無難かもしれません
 僕はすっきりとしている、ヘッド周りの方が好みですがね... 余談ですが、この間、ゼファーを車検に通しに行ったんですよ、この時に私は排気ガスで一回だけ不合格になりました (´;ω;`) 本当にフルノーマルであったのに落ちたのはビックリです。 後に無事に受かりました!

 ちなみに、この二次エア供給装置を外すと、車検に通らないのは当たり前なんですが、排気ガスを測ると、やはり、CO,HCが基準値内に収まらない可能性大らしいです
 
posted by marchyoo at 00:02| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

ゼファー750のイグニッションコイル&レギュレーターを外してみよう

プラグコードの交換やレギュレーターの故障時などに取り外しする箇所です。
その他、キャブレターを外す際に、ここを取り外すことによって作業性が向上します

〜イグニッションコイル&レギュレーター着脱編〜

この作業はエンジンが暑いうちですと、火傷の危険があるので注意です

使う工具
・プラスドライバー
・10mmのソケット

まず、燃料タンクを外します。ここは前にも書いていますので、下記をリンクしてください


‘ゼファー750のフューエルタンク(燃料)を外してみよう’


タンクを外しますと、フレーム真ん中に何やらギザギザした楕円形のものがありますね。 これが、レギュレーターです
プラスネジ2箇所を外しハーネスのカプラーを取り外しレギュレーターを取り外します
DSCN1931_R.JPG

続いてイグニッションコイルを外していきます。ゼファーの場合、一つのコイルで二つの点火をしているので、コイルが二つ付いています
コイル本体からハーネスに繋がっている配線を外します
続きを読む
posted by marchyoo at 23:41| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼファー750のフロントフォークをオーバーホールしてみよう 組立編

さて、今度は部品を交換して組み立てていきます


〜フロントフォーク組立編〜

交換部品(番号は部品番号)

H オイルシール 92049-1356
I ガイドブッシュ(インナ) 44065-1086
J ダストシール 92093-1359
K ガイドブッシュ(アウタ) 44065-1085
N 銅ワッシャ 11009-1553

DSCN1888_R.JPG

画像はないですが、下のも変えると良いと思います
・トップボルトについているOリング 92055-1321

続きを読む
posted by marchyoo at 22:40| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼファー750のフロントフォークをオーバーホールしてみよう 分解編

フロントフォークからオイル漏れが見られたので、ついでにフォークをオーバーホールしてみました
DSCN1849_R.JPG


〜フロントフォーク分解編〜

用意するもの
・各サイズのヘキサゴンレンチ 特にフォーク底のボルトを外すのにラチェットが使えるものが良いでしょう
・マイナスドライバー


初めにフォークのトップボルトを事前に緩めておきます。フォークを外したあとに緩めるとなると難儀ですので
トップボルトはハンドルが邪魔しているので、工具が入らず緩められません。なので、ハンドルを固定している4箇所のボルトを外しハンドルをフリーにします
DSCN1841_R.JPG

フリーになりましたらハンドルをズラし、トップボルトを緩めます。サイズは確か22mmだったような
DSCN1845_R.JPG

続きを読む
posted by marchyoo at 17:19| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする