2019年11月22日

ゼファー750のクラッチを交換してみよう(組み立て編)

前回の続きで組み立てていきますYO!


〜組み立て編〜

それではくみたてて・・・ と、行きたいところですがクラッチディスクをエンジンオイルで浸すのを忘れずに
DSCN6452_R.JPG

10分も浸せばよいかと

今度こそ組み立てて・・・ と、行きたいところですがクラッチカバー、エンジン側に張り付いているガスケットを剥がします

特にエンジン側に張り付いているガスケットはハウジングを取り外さないと作業性が悪いです
ガスケット剥がしに僕はカッターナイフの刃を使いますが、ガスケットの密着面に傷が入らないように刃を入れて剥がしていきます
DSCN6536_R.JPG

ガスケット剥がしが終わったらエンジン側のクランクケースの合わせ面2ヶ所に液体ガスケットを薄く塗布します

液体ガスケット塗布前
DSCN6543_R.JPG

塗布後
DSCN6544_R.JPG

こんな感じでいいんじゃないでしょうか
DSCN6546_R.JPG

さて、部品を組んでいきましょう
先にワッシャの面取り側をエンジン側に取り付けます
DSCN7220_R.JPG

DSCN7221_R.JPG

そうしたらハウジングの穴に挿入されているニードルベアリング、スリーブをハウジングに組んでいきます
DSCN7228_R.JPG

DSCN7225_R.JPG

この時、ベアリングとスリーブにエンジンオイルを塗布して組んでください
ハウジングを取り付けます
DSCN7223_R.JPG

そうしたらワッシャを組みます
DSCN7230_R.JPG

それとハウジングのフリクションプレート入る溝に段付き摩耗や著しい削れがあったら交換するのが無難です
DSCN6552_R.JPG

ハウジング側の溝には跡は残っていますが手で触った感じ摩耗は感じなかったので、このままで組んでいきます

ハブ側
IMG_2503.JPG

此処には目で分かるような削れがありました
手で触るといっそうに分かりますが、ゆくゆくはFCCのタイプGを付けるので今回は見ないことに…

ここに上記のような傷みがあるとクラッチの切れの悪さや、異音などの症状がでるとか

そうしたら、ハブを組みます
DSCN7232_R.JPG

ワッシャをいれ
DSCN7238_R.JPG

ナットは新品を使いますのでご注意を
DSCN7241_R.JPG

あとは30oのソケットとトルクレンチで締め付けます 締め付けトルクは132N/m
DSCN7240.JPG

事前にエンジンオイルに浸しておいたフリクションプレート、スチールプレートをハブに組んでいきます


ちなみに組み込む純正のフリクションプレートには二種類あり部品番号13088-1052(A)を一番奥と一番手前に組み
部品番号13089-1097(B)が間に入る感じになります

純正のフリクションプレート
DSCN6443_R.JPG

プレートAは見た目が黒く、プレートBは薄茶色になっています
DSCN6444_R.JPG

クラッチプレートの組み込みイラストだとこんな感じになります
スチールプレートはCとしました
直前の設定_2019_11_16_170109.jpg

それでは最初にフリクションプレートAを組みます
DSCN6570_R.JPG

続いてスチールプレートCを組みます
DSCN6571_R.JPG

この時スチールプレートのギザギザのところの面取り部がエンジン側に向くように組みます
DSCN6566_R.JPG

次にフリクションプレートBを組みます
DSCN6572_R.JPG

そうしたらしばらくC→B→c→B→Cと組んでいき最後にフリクションプレートAを溝が一つずれるところに組付けプレートの組付けはおしまいです
DSCN6573_R.JPG

プッシュロッドとベアリング、ワッシャを下のように組んでいきます
DSCN7214_R.JPG

そうしたら、プッシュロッドをハブ側へつけていきます
DSCN7213_R.JPG

この時プッシュロッドの摺動部に二硫化モリブデングリースを塗布するのですが、僕は手元にあったワコーズの組付けペーストを使いました(青くなっているのがそれ)
DSCN6585_R.JPG

DSCN6586_R.JPG

そうしたらカバーを付けて
DSCN6590_R.JPG

スプリング、ボルトを入れていきます
DSCN6520_R.JPG

あとはトルクレンチで締め付け(10oだったような) トルクは8.8N/m
DSCN6593_R.JPG

トルクをかけるときは対角線になるように締め付けましょう
DSCN6519_R.JPG

ノックピンをエンジン側に2ヶ所取り付けます
DSCN7244_R.JPG

DSCN7245_R.JPG

こうするとガスケットがピンの穴にかかるのでガスケットのずれが出ないです
DSCN7246_R.JPG

そうしたらクラッチカバーを付けていきます
DSCN6512_R.JPG

この時に配線のクランプが三ヶ所あるので画像のように取り付けていきます
DSCN7206_R.JPG

DSCN7207_R.JPG

あとはクラッチカバーのボルトを対角線に締め付けクラッチケーブルを組付けエンジンオイルを入れて作業はおしまいです


最後にエンジンをかけてクラッチの調整をしてオイル漏れ等がないかを確認しましょう



〜後日談〜
この時の車体の仕様はエンジン、マフラーはノーマルでエアクリーナをK&Nのリプレイスフィルターに変えていただけだったのでクラッチの滑りは解消されて腰上OH後のパフォーマンスを楽しんでいましたが、キャブレターをFCRにして、マフラーをフルエキに交換したらクラッチがまたしても滑ってしまい純正クラッチの弱さを感じました
クラッチディスクを交換してから1万キロも走っていなかったと思います

この、記事を読んでいて感の良い人なら気が付かれていると思いますが、ところどころにFCCのクラッチを組み込んでいる画像が混じっているのです
後日、記事にする予定ですが今現在はクラッチをFCCのタイプGに交換しました
値段は高いですが、ゆくゆくはエンジンをボアアップする予定ですので、その事前準備と言ったところでしょうか

結論から言うと純正クラッチは弱いので吸排気系をいじっている車両ならGpz750ターボのクラッチを流用するか、社外の強化クラッチを入れたほうが長い目で見れば安心かもしれませんね


posted by marchyoo at 00:00| 新潟 ☁| Comment(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: