2019年08月19日

2019年夏のソロツーリング

せっかくの休みなのでツーリングに行くのであったが、特に綿密な計画は立てていなく気まぐれに任せ東北を目指します

盛岡の満喫で一泊して浄土ヶ浜へGO


町中で渋滞に巻き込まれつつ到着

IMG_2380.JPG

穏やかで透き通る海はどこか落ち着くのですが、観光スポットですので賑わっています 

IMG_2383.JPG


IMG_2381.JPG


次は前々か行きたかった日本三大鍾乳洞の一つ龍泉洞へ!



過去に山口県の秋芳洞、高知県の龍河洞に行っていますので、ここで日本三大鍾乳洞をコンプリートすることになります!!


〜過去ログ〜

四国への小さな旅 (龍河洞)

ぶらり旅 (カメラを忘れたため秋芳洞の写真がない…)



近くの駐車場は満車で駐車待ちだけど、バイクはすんなりと止めれたのでラッキーでした

さて入洞しますか

IMG_2386.JPG

中は寒いほどにひんやりとしている 下界の暑さがうそのよう

ところどころライトアップされていてきれい 
IMG_2387.JPG


だが、長蛇の列ですので気長に行きましょうか 

龍泉洞の見どころは吸い込まれそうなほど美しく澄み渡る地底湖
IMG_2389.JPG

地底湖が数か所点在するが一番深いところで98メートルもあるとのこと 深いなおい!


次はちょっと行ったところにある安家洞へ


龍泉洞へ行く道中に「安家洞まで○○q」 と、言う手作りっぽい看板が沢山見受けられ、本来なら行く予定ではなかったが看板につられ行ってしまいました

ここは穴場で人が全くいなくゆっくりと見れそうです
先ほど龍泉洞とは違い内部は必要最低限の照明などしかないので、一言で言うなら冒険心が掻き立てられる洞窟です

IMG_2397.JPG

IMG_2400.JPG

IMG_2395.JPG

ちなみに内部の長さは日本一と書いてあるので流石に長いで ひたすらと歩くので休みながら周りを眺めるのが良しですね
道内ではABCと三つの探検ルートがありここは、照明がなく本当の漆黒の闇ですのでスリル満点です 
中はとても狭く私も四つん這いになりながら進む箇所もあるほどです マジでワイルド

ワイルドさと冒険者になりたい方には、ぜひ行ってもらいたい鍾乳洞です
ちなみに

帰りに砂利道の林道に出てしまい大きく迂回するアクシデントもありましたが、19時頃にビジネスホテルにチェックイン
今回、宿泊したビジネスホテル西根


部屋はとても綺麗で静かだったのでゆっくりと休めました
とりあえず走りつかれたので一人で乾杯して明日に備えますか
IMG_2403.JPG


チェックアウトして目指すは八幡平へ

付近に松尾鉱山の広大なアパート群の廃墟があったので必見です
DSCN7002_R.JPG

愛車とともにパシャリ
DSCN6995_R.JPG

DSCN6994_R.JPG

これだけの規模の廃墟は軍艦島とここだけだろうか・・・?



頂上までの道は八幡平アスピーテラインと樹海ラインの二ルート
この二つの道は晴れていると空へと続くのではないかと錯覚するほどの道だ 久しぶりに走っていて美しい道に出会えたので感動です!

頂上の売店近くの駐車場からのワンショット
IMG_2414.JPG

やはり写真では伝わりにくいのは承知ですがおすすめですヨ!
山頂まで軽く歩けば行けるらしいですが、普段仕事で山歩きもするので今回はパスします

道中、蒸ノ湯温泉 ふけの湯という看板を発見したので立ち寄って一風呂入っていきます


今夜の宿は強酸性の湯で有名な玉川温泉です


ここは湯治もできますので長期の滞在もできますので、部屋は場所によってはTVなどもなく、とてもシンプル
だが、ここまでシンプルな宿もなかなかないので個人的はお気に入りに入ります

強酸性の湯は、おしりの穴がヒリヒリするほど強力です
ここで疲れを癒し後日帰路へ

来年はどこに行こうかな
posted by marchyoo at 10:00| 新潟 ☀| Comment(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。