2019年03月31日

Z900RS フルパワー化(ECU書き換え)

Z900RS乗り始めて早一年 


Z900RSは国内向けでも馬力に制限がなく、いわゆる輸出向けと同じフルパワー使用なのですが、5.6速にスピードリミッターが入っているので、180km/hを境にエンジンパワーが絞られパワーが落ちてしまいます。
大型車とのしてのパフォーマンスを上げたいなぁ… と、思っている方は僕だけではないハズ…

リミッターはECUといわれる黒い箱の中に入っています

Z900RSのECU
IMG_2287.JPG

この中にはオートバイを動かすにあたっての様々なデータが入っているそうです
これは専門のプロに任せないと中はいじれないので、プロのもとに送ってECUが返ってくるのを待つとします


後日

ECUチューニングされ帰ってきたECU
IMG_2286.JPG

ECUチューニングの内容はスピードリミッターの解除や点火マップの最適化など、Z900RSをより一層楽しめる使用になっているらしいです



〜いい加減なインプレッション〜

・トルクが上がったと思う 特に6速でダラダラ走行していてから加速しようとアクセルを開けると前よりグイグイと進む気がします

・急激なギアダウン時のエンジンブレーキのひっかりがなくなった これは本当に助かります
この症状は気温が10度以下になってから出てきたのですが、とても厄介で危ないと思った症状です
症状としては高回転まで引っ張ってギアダウンすると、まるでシフトチェンジミスでもしたように動力が伝わらない(クラッチを切ったような感じ)になるのがあったのですが、これがなくなりました。 

・3.4.5速と続けてシフトアップするのが楽しい ギア比が加速よりですので、アクセルワイドオープン時のレブリミットまで元気よく回るのは、以前よりもだいぶ変わった印象です

・その気になればこれぐらいは出るぜ・・・ !! と、脳内ライダーできるので、もしもの時の抑制ができるような気がする




最後に、ECUチューンというのを初めて行いましたが、私的には満足できるチューンだと思います
posted by marchyoo at 14:28| 新潟 ☔| Comment(0) | Z900RS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: