2018年05月18日

ゼファー750のブレンボ 4POT 40mmピッチキャスティングキャリパーのパッドを削って合わせてみよう

またしても長々しい題名になってしまいました 汗

前の記事で、訳があってキャリパーを外したのは、この記事を書くためです 汗

僕のつけているブレンボの4ポッドキャリパーはキャリパーサポート(社外のキャリパーをつけるための金具)を入れることでゼファーに使用できるようになっています
ほぼ見た目重視で付けたといってもいいブレンボキャリパー
DSCN6373_R.JPG

もともと車種に合わないキャリパーをサポート入れて無理やりにつけているので、いろいろと問題が出てくるのであります

今回、出てきた問題はブレーキパッドがブレーキディスクの当たり面以外のところに接触してしまうという問題です

緑線上の円状に続く削れた箇所が問題のところ
DSCN6324_R1.jpg

去年、車検に出したときにメカニックの方に「このままだと、パッドがディスクに当たっちゃうよ!」と、指摘されたいたのですが、いつか直そうと思っているうちに、時は経って現在に至りました orz

それでは、問題の箇所を解決するため作業に入っていきます


〜ブレーキパッド削り編〜


*注 ブレーキ周りの作業ですので、取り付けや部品の組違いによる重大な事故が考えられますので、参考までに… シロウト作業ですので…


用意するもの
・パッドの当たりを確認できる塗料(光明丹やハンコの朱肉の補充液など)
・パッドを削るもの(ディスクグラインダーや金ヤスリなど)


それではまずキャリパーを外し、パッド取り出して作業に移りたいのですが、パッドのどこを削ればよいのかを確認するため、ブレーキパッドの当たり面を確認していきます

まず、ブレーキパッドの当たり面を確認するため、ブレーキディスクに着色塗料を薄く塗ってブレーキを握りブレーキパッドに色がついた箇所が、パッドとディスクの当たり面になるので、塗料がついていないところを削ればいいはずです 多分…

それではブレーキディスクに着色塗料を塗って
DSCN6333_R.JPG

ハンコと同じ仕組みでブレキーを握りパッドに着色塗料を押し付けます


パッドを外してみると赤色に着色された箇所がディスクとの当たり面なので、赤色の塗料がついていない箇所を削ればいいということになってきます
DSCN6335_R.JPG

ちなみに今回使った着色塗料は光明丹というシロモノ
(STRAIGHT/ストレート) 光明丹 50g 19-9959
(STRAIGHT/ストレート) 光明丹 50g 19-9959

光明丹なんて初めて聞く人も多いと思いますが、中身は赤い粉末状のものがはいっていて
DSCN6331_R.JPG

エンジンオイルなどと混ぜ合わせて液状にして使います
DSCN1231.JPG

DSCN6332_R.JPG

光明丹を置いているお店は中々ないと思いますので、コンビニや百均で手に入るハンコの朱肉の補充液でも代用はできると思われます
シャチハタ 朱の油 朱肉専用 補充インク OG-20 20ml
シャチハタ 朱の油 朱肉専用 補充インク OG-20 20ml


さて、当たり面の確認ができたらグラインダーなどで削っていきますが、削り粉が身に入ると危ないので保護メガネをするのをお勧めします
あと、グラインダーの刃は削り刃で行いましょう
DSCN6336_R.JPG

パッド自体はそんなに固くないので、金ヤスリで削ることもできると思われます

削ったパッドくん(右)と削る前のパッド君(左)
DSCN6337_R.JPG

DSCN6358_R.JPG

パッドを削ったら一度、キャリパーにつけて車体に組み実際に当たり面を見て、まだ当たるようなら再度作業を繰り返します
DSCN6343_R.JPG

画像では恐ろしく分かりにくいのですが、これでOKとしましょう

キャリパー、一か所にパッドが二枚使われいるので、ダブルディスクの車種は合計4枚のパッドを削ることになります
着色塗料をつける作業を再度するのは洗浄などを考えると、手間がかかるので削り終わったパッドの当たり面の型を作って作業を手短に進めることにします

まず、削ったパッドの表面に着色塗料を塗って適当な厚紙にぺたんとハンコのように押し当て、当たり面の型紙を作っていきます
DSCN6350_R.JPG

型紙ができたらパッドにあてて、ホワイトマーカーなどで削る個所を卦書いていきます
DSCN6354_R.JPG

あとは削る作業を再度行い型紙を当てちゃんと削れているかを確認して作業はおしまいです
DSCN6351_R.JPG

型紙があれば次回の作業もやりやすくなると思われますので、捨てないで保存しておきましょう
あと、着色塗料を塗った箇所は念入りに洗浄しましょう。 塗料が残っているとブレーキの利きにかかわりますので念入りに洗浄してブレーキの利き具合を確認してください
posted by marchyoo at 20:00| 新潟 | Comment(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: