2017年02月08日

スノーアタックに・・・

先週の金曜日の出来事 スマホの天気予報を見てみると金曜日の深夜から翌日にかけて福島県や山形県の山沿いに大雪警報が出ていたので、雪を堪能しに... と、いうかどれくらい積もっているのか気になったので行ってみました

ルートは新潟から出発して

国道49号を会津へ→裏磐梯を経由して喜多方へ→喜多方から国道121号線を使い米山へ→国道113号を使い新潟に抜け帰宅

こんな具合のルートです


国道49号は、豪雪地帯を抜ける峠道ともあり “ 魔の49 ” との異名を持っています。(昔にトラックドライバーの方に聞いたとき)
ですが、僕が通った時は新潟側は除雪が行き届いていて通行には差し支えありませんでしたが、福島側は除雪が甘くシャバシャバな雪が路面を覆い軽い車体のジムニーはハンドルを結構取られました

それでも思ったより雪が多くはないので予定より早く裏磐梯へ到着
裏磐梯のセブンイレブンにて
IMG_1778.JPG

雪の量は去年より多い ここまでは猪苗代方面から上がってきたが、とても事故が多い道なので注意が必要だ

僕は以前に、ここらへんで働いていたこともあり村を抜ける道は知っていたので行ってみることに
あたりはリゾート地ともありホテル、ペンション等が多く立ち並ぶ

その中を抜けていくと大きな駐車場があるのだけど、そこでシルビア(S15)とスイスポ(現行モデル?)がスタックしていたので牽引して救助

スイスポはシルビアを助けようとしたらはまったらしい

この時、道路の積雪は20〜30センチほど積もってり未除雪な駐車場は深いところで50センチはあっただろうか
この状況下でFRのスポーツカーで猛進するのは、とても度胸がいるのだが、この経験を踏まえて欲しいところだと思うが、僕自身も四駆に乗り始めの頃は同じく猛進して痛い目にあっていることもあり、口頭で言うのもアレだったので近くのセブンイレブンまで道案内をして別れました

ドライバーは学生さんともあり元気いっぱいなのが、とても羨ましい限りです

その後、桧原湖の沿岸を走る国道459号線を抜けるのだが・・・ ここがヤバかった
写真はありませんが、崖のいたるところに今にも雪崩的そうな雪庇が張り出していたので、走行中はとても恐怖でした
夜間の除雪はしていないので道路には雪が溢れかえり地上高が高い車でないと走行中にスタックしてしまいそうだ
その中を抜けると、道の駅裏磐梯があるので、ひと休憩
image1.JPG

時間は深夜1時を回り降雪の量も多くなってきた
そのあと未除雪の中をラッセルに近い形で進み、なんとか喜多方へ到着 裏磐梯の降雪量恐るべし...

今度は国道121号線を米沢へ抜けるのだけど、山道に入ると吹雪になり10メートル先も見えない時もあった
もちろん夜間の除雪もしていないので、雪は積り凸凹
image2.JPG

まるで賽の河原を走っているようだ もちろん道路状況がこんななのですれ違う車はいなかったのだが、1台だけ大型トラックが賭けに出たのか、僕の後ろから雪煙を舞い上げながら恐ろしい程の速さで抜き去っていきました

僕を追い越したトラックドライバーの運転の技量も確かなもので、すげー!と、関心する自分とその中で恐怖を感じている自分がいました

途中、スタックして動けなくなった大型トラックがいましたが、ドライバーはいませんでした

ここまで積もっているのに通行止めになっていないとは・・・
image5.JPG

道中、道の駅があったので休憩すべく駐車場へ入るのだが...

すんごく積もっていってこれまた一苦労
DSCN5794_R.JPG

ドアの高さまであり積雪は60センチほどあったと思われます
image4.JPG

この中でもグイグイと進んでくれるジムニーは、とても頼れますが、万が一にスタックした事を考えると恐怖ものですね... とくに下りでスタックしたら...

ここも抜け米沢へ抜けると除雪部隊がフル出動!
image6.JPG

今度は除雪が終わったツルツルな路面になるのでびっくりするぐらいに車が止まらない 軽くブレーキを踏むだけでブレーキペダルに伝わるABSの振動 たぶんここが一番気を使ったかもしれない

そしてなんとか帰宅したのであった
posted by marchyoo at 12:19| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JB23W 10型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446788523

この記事へのトラックバック