2016年12月30日

ゼファー750の腰上オーバーホールPart5 シリンダーヘッド分解の巻

やっぱり腰上オーバーホールと言いますとシリンダーヘッドも分解して点検、洗浄も行っていきますが、正直ヘッドを分解するかは最後まで迷いました。 だってめんd(ry

せっかく? なのでヘッドを分解していきます
DSCN5142_R.JPG

やっぱり4気筒ともあってヘッドはでかいです。最後にヘッドをバラしたのがカブ系ですのでそれと比べるとなおさらに...
ヘッドをバラスにあたってバルブスプリング圧縮させる工具を使っいます
バルブコンプレッサー
DSCN5145_R.JPG

バルブスプリングの経に合うアタッチメント(25mmがちょうどフィットしました)を接続してバルブを圧縮していきます
DSCN5158_R.JPG

グイグイとスプリングを圧縮するとバルブとスプリングを固定している部品(コレット)をが浮いてくるのでこいつを外して... バルブスプリングを取り外します

大小のスプリング兄弟がでてきました
DSCN5164_R.JPG

あとはバルブを押し込んで...
DSCN5199_R.JPG

取り外す!!
DSCN5200_R.JPG

外れた吸気バルブ ゼファー750は8バルブなのでまだいいですが、昔にZRX400のヘッドを分解したときは16バルブともあり大変でした... ゼファーの2倍なのです... こいつが6発のCBX1000だとどうなることやら...

今度はオイル下がりが起きているエンジンの原因でもあるステムシールを取り外します
DSCN5202_R.JPG

なに気に取り外すのに苦戦するもなんとか全部取り外しに成功
DSCN5203_R.JPG

取り外す際に無残な姿になりましたが、触ってみるとまだ柔らかく張力もあるので問題はありませんでした。オイル管理をしっかりとしていれば持つものですね

バルブ類を全て取り外しまとめて作業はおしまい
DSCN5211_R.JPG
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445210088

この記事へのトラックバック