2016年12月26日

ゼファー750の腰上オーバーホールPart3 リコイルの巻

これはシリンダーを加工に出すまえの話です
何回かカムシャフトチェーンテンショナーをつけたり外したりしていたら、それは起きてしまいました。 テンショナーは上下に二つのボルトで止められています

作業を繰り返しているうちに、そのうちの上の穴のネジ山を痛めてしまったのだ・・・ orz
DSCN5039_R.JPG

ボルトを締めていくうちにもう、固くなるであろうと思うぐらい締め切っているのに、固くなるどころかニュルッと嫌な感触とともに力なく回ってしまうボルト  

そうだ見なかったことにしよう! と、放置し続けて1年ほど立ちました。 走行を重ねると、ネジが締まりきっていないので、そのの箇所からオイルが滲んできます。 まだ滲む程度だったのでとくに処置もせず乗っていましたが、こんかいエンジンを開けたのでこの箇所も修理していきます

なめてしまったネジ穴を補修するには幾つか方法があるのですが、穴をワンサイズ広げてネジ山を作り直すのがもっともポピュラーで安価にできます。 ですが、どうしても同じネジ穴サイズで作りたい !!

そんな人も多いかと思います。僕も後者の方だったので、ここはDIYの強い見方リコイルくんを使うことにしました
リコイルくん
DSCN5040_R.JPG

こいつは痛んだネジ穴に気持ち大きいサイズのネジ穴を作り、そこにリコイル言われるトンネル状のものを差込み、新しいネジ山を埋め込んでいくものなのだ
説明が下手過ぎてイメージがわかない方が多いと思われるので、リコイのHPに使い方が記載されているので、そちらでイメージを掴んでください

‘ めねじ補修に…リコイルシステムの御紹介 ’

キットを見てみましょう
DSCN5042_R.JPG

今回使うのはサイズM6 ピッチ1.00です お値段は5000円ほど 
各サイズあるので使うサイズを選びましょう

まずキットのドリルを使い下穴を開けます
DSCN5045_R.JPG

最初はエンジン部品ともあり気が引けましたが、思い切っていっちゃいます 慎重に斜めにならないように作業は行います

で、ネジ穴の切り粉を綺麗にして
DSCN5046_R.JPG

リコイルを入れるネジ穴を付属のタップで作ります
DSCN5049_R.JPG

タップに油を塗ってゆっくりと慎重に焦らずにタップを切っていきます
DSCN5052_R.JPG

ある程度タップを入れては戻すの繰り返しで貫通させます

僕がなめさせてしまったネジ穴の上にはシリンダーヘッドを固定されるボルトが差さるネジ穴があけられています。
DSCN5060_R.JPG

そのせいか、下のネジ穴と比べるとネジ穴の長さが途中で切れていてネジ穴の長さが短いのです。なのでトルクが曖昧な手トルクで締め込んでしまうと結構簡単にネジ穴が傷んでしまうのです。これは新しい方のテンショナーを採用したゼファーの例ですが、古いテンショナーが使われているゼファーはどうなのかは分かりません

リコイルのネジ穴ができたらリコイルを挿入します
リコイル
DSCN5061_R.JPG

リコイルはひとつのキットに複数入っていますので、今後役に立ちそうです サイズがM6、8、10辺りがあるとすごく重宝しそうです

ボルトをリコイルに差し込んだ図
DSCN5064_R.JPG

このようにリコイルはトンネル状になっていて、先ほど開けたネジ穴にリコイルをねじ込み、ある程度いったらリコイルをねじ込むのをやめて、タング(リコイル先端にある突起 ねじ込む時に引っ掛ける箇所)を切断して作業はおしまいになります

リコイルをねじ込んでいきます
DSCN5065_R.JPG

挿入工具にリコイルを差し込んで
DSCN5068_R.JPG

リコイルは差し込んだら外そうと逆回ししても外れないので、貫通穴の場合、あとどれくらいリコイルを差し込むのかを予想して入れます 

もっともねじ込んだリコイルを抜き取るには専用の別売り抜き取り工具が必要になります
貫通穴ならそのままねじ込めばリコイルは外れます

奥までリコイルをねじ込み、
DSCN5074_R.JPG

タングを付属のポンチで破断して
DSCN5075_R.JPG

最後にボルトがしっかりと締まるかを確認しておしまいです
DSCN5076_R.JPG

今回はこの反省を踏まえてトルク管理をするためにトルクレンチを購入しました
東日のMTQL40N
DSCN5080_R.JPG



〜おまけ〜

リコイルの使用方法を紹介する動画 すごくわかりやすいです
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445207830

この記事へのトラックバック