2016年11月28日

ゼファー750の修理Part12 フロントブレーキ強化の巻

ワイドホイール化、前後ショックの交換など、見た目は地味ながら修理がてらに手を加えてきたゼファーくん
ここまで来たら、いっそのこともっと弄っちゃえ!! そんなノリで今度はフロントブレーキ、ハンドル周りに手を加える僕であった・・・

手始めに曲がったハンドルを交換
DSCN4471_R.JPG

これは、以前と同じエフェックスのイージーフィットバーを選びました 
ハンドルを交換するにあたって、穴開け加工やブレーキホース交換などの面倒な作業がない、そのままポン付けですので、取り付けが非常に簡単です。 

バーエンドもついでに交換 ポッシュの汎用品をチョイス
DSCN4555_R.JPG

ハンドルも交換したので、他の何所も弄っていきます
キャリパーは憧れのブレンボに(汎用の40mm)
DSCN4530_R.JPG

ブレンボのキャリパーだよ! やったね !! 

ただ、ブランドイメージの割には、化粧箱にも入っていなく簡単なプチプチ包装とブレンボと印刷されているビニール袋のみで梱包されている状態です
そのまんま画像のような状態できますので、コピー品では?! と、脳裏に過ぎりますが、ここは黙ってモノホンと信じましょう 
ちなみにキャリパーは汎用の40mmピッチ 

見栄張ってブレンボのキャリパーに手を出したので、ここはブレーキホースも交換しましょう
DSCN4568_R.JPG

選んだものはリアと同じACパフォーマンスラインの車種別ボルトオンキット
取り回しはT2タイプなので値段は少々高め ('A`) ついでに、錆びていたブラケット、ボルトも交換しました(純正品)

転倒によってガリガリになったマスターシリンダーはデッドストックへ
DSCN4164_R.JPG

ここはニッシンのラジポン(ピストン径19Φ)を入れます
DSCN4544_R.JPG

画像ではラジポン(左)のほかに二つほど違うものが写っています 薄型スイッチボックス(中) ハイスロ(右)

ちなみに友人に「ハイスロ買っちゃったんだよね☆」 と、ぼやいたら「薄型のスイッチボックスに変えないとつかないよ」 と、言われ慌てて薄型のスイッチボックスを発注したのは、ここだけの秘密(;´∀`)

役者が揃ったところで作業に取り掛かります
いきなりですが、ごっそりとブレーキを外します
DSCN4566_R.JPG

当面の間、出番はないと思われるので倉庫へ 

キャリパーの取り付け
DSCN4543_R.JPG

キラッと輝くブレンボのキャリパー ついニヤついてしまいますね ( ̄ー ̄)ニヤリ

キャリパーサポートはアクティブ製
DSCN4532_R.JPG

つづいて、作業内容は、はしょってハイスロ、スイッチボックス、ラジポン、ブレーキホースをつけていきます 
そしてエア抜き
DSCN4689_R.JPG

ラジポンのエア抜きに四苦八苦して、新品のブレーキフルードを一リットルほど使ったのも、ここだけの秘密
そして完成!
ハンドル周りはこんな感じに仕上がりました

〜before〜
DSC_7663_R.JPG


〜after〜
DSC_1870_R.JPG


これにて取り付けは終わりですが、少々アクセントが欲しかったので、ラジポン標準の白いマスターシリンダーのカップを巷で流行っているNinjaH2のスモークのものに交換

標準の白いカップ
DSC_1884_R.JPG

スモークに変身!
DSC_1988_R.JPG

やべ・・・ 超カッコいいぜ!! と、思いましたが、楽天カードのアプリの支払い総額を見ると落胆するのであった




posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック