2016年11月26日

ゼファー750の修理Part11 ホイール(ワイド化)交換の巻

ツーリング先で他の大型バイクに並べられるとゼファー750は車体が小柄ですので、大型自動二輪だぜ!! 感が薄れていきます。  
たぶんエンブレムの‘ 750 ’の数字を見ないと知らない方には「これ、中型車なの?」と、間違われる可能性もありますが、僕自身このコンパクトな車体が気にっています 小回りも効きますし、取り回しもGoodです

小柄な車体は然程、気にならないけど、ひとつだけ、ある箇所の細さが気になります

それはリアタイヤの幅の細さです

ゼファー750リアタイヤの幅は150 それに比べて現代の大型車は180〜190が主流だと思われます
あと指定サイズのタイヤだと扁平率も高く、より一層に細く見えます

まあ、現状では走行に問題のないホイールだが、背伸びしてみてワイドホイール化してみた

他車種のホイール流用もありますが、ここは手っ取り早く社外のホイールを入れてしまいます
で、選んだのが...
DSCN4482_R.JPG


ゲイルスピードのタイプR カラーはブラックメタリック
DSCN4483_R.JPG

ワイドホイール化で定番? のゲイルのホイールです カラーはポリッシュ、ゴールドと悩みましたが、無難なブラックにしました せっかくの社外ホイールなのだから目立つ色のほうが良いに決まっている!! と、言われそうですが、今回のカスタムの趣旨は、ぱっと見は地味ですが、よく見ると ‘ そこそこいじってある ’ と、いう回りくどい趣旨なのです

タイヤはブリヂストンのS20 
DSCN4485_R.JPG

フロント120/60-17 
リア  170/60-17

180ではなく、なぜ一回り小さい170なのかは、センタースタンドとチェーンケースがなくなるのが、今は嫌だったからという往生際の悪く面倒くさい男の言い訳です 
ワイドホイール化を検討の方はやはり妥協せず180サイズを履かせたほうが満足度は高いと思われます

それでもってタイヤをプロの方に組んでもらいまして、ノーマルホイールとの比較
フロント 右ゲイル 左ノーマル
DSC_1848_R.JPG

リア 左ゲイル 右ノーマル
DSCN4573_R.JPG

リアのタイヤの太さ比較
左ノーマル150/70-17 右ゲイル170/60-17
DSCN4577_R.JPG

おお、これは期待できそうです

フロントとリアを並べてみました
DSC_1854_R.JPG

タイプRは異なる太さのラフメッシュ10本スポークが特徴的です 
それでは装着してみます


ノーマルサイズ(150/70-17)
DSC_1907_R.JPG

ワイドホイール化(170/60-17)
DSC_1911_R.JPG

DSC_1922_R.JPG

やべ・・・ めっちゃキマッてる・・・ と、この時に僕は思ったに違いない

極端にタイヤ幅が大きくなるわけではありませんが、やっぱり太いのは迫力が増していいです
指定サイズは貧相なリアタイヤですが、180から比べるとワンランクサイズが小さい170は何故か、リアの収まりがよく見え雰囲気も壊さなく、もはやこれが本来のスタイルではないかと思うほど、マッチしています 個人の見解ですので、あてにしないでくださいネ!

ゼファー750のワイドホイール化は見た目重視でもオススメです
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。