2016年11月19日

ゼファー750の修理Part8 フロントフォークスプリング強化の巻

フロントフォークの外見がリフレッシュしたので、この際中身もリフレッシュさせていきます

ノーマルのフォークスプリングだと、なんといっても柔く思う人が多いはずです。僕としては、もう少し固めの方を試してみたかったので、ネットでセールだったハイパープロのフロントスプリングをチョイス

注文したブツ
DSCN4457_R.JPG

化粧箱は至って普通なのですが、「レーシングスプリング」と、書いてある文字を見るだけで胸が熱くなりますネ!
箱をあけて現物確認
DSCN4458_R.JPG

内容
・フォークスプリング二本
・ハイパープロのオイル一リットル(オイル番号SAE10)
・取り付けグリース
・取説
・ハイパープロのステッカー

値段は18000円ほど 他のメーカーのフォークスプリングから内容を比べるとフォークオイルも付属していて値段もお手頃です

過去に何度か友人が僕のゼファーに乗ると(無理やり乗ってもらった)「フロントも柔らかいし、リアも柔らかいので峠では少しクセがあって好みではないかな」とのこと 

僕自身も確かに柔らかいかな? と、思っていて試しに足回りが強化されている友人のゼファーに乗させてもらってびっくり 
コーナーでの安定感、ハードーなフロントブレーキング時のリアの荷重が薄くなる感じが僕のゼファーから比べると少ないのである 足回りがカッチリしていてコーナーでも安心感が多いというか… 

同じゼファーでも、ここまでキャラクターが違うとびっくりです 

ちなみに友人のゼファーはフロントにハイパープロのスプリングにリアがZRX1100?1200?のショックなど手が加えられている そして、何度か乗らせてもらって好印象だったのも今回、ハイパープロのフォークスプリングを選んだ理由です

さて、ノーマルのフォークスプリングを抜き取って比べてみます
左ハイパープロ 右ノーマル
DSCN4459_R.JPG

ハイパープロの方は巻きピッチが徐々に狭くなるのが印象的です 比べてノーマルは巻きピッチの間隔は同じに見えます

長さは若干ハイパープロの方が長いです ちなみにノーマルスプリングは5万キロ走っていますのでヘタっているのも、あるかもしれません

油面を設定値にして、スプリング入れて組んでいきます
DSCN4465_R.JPG

フォークのトップキャップを閉めるときは、スプリングが沈み込んでから戻ろうとする力があるので、なかなか大変でした

完成!
DSCN4466_R.JPG

パッと見わかんね〜 と、思われる方は付属のハイパープロのステッカーをアウターチューブに貼り付け違いをつけるといいかもしれません
フロントフォークも強化したことだしリアも強化していきましょうか



posted by marchyoo at 09:48| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック