2016年11月16日

ゼファー750の修理Part7 ステム、小物類リフレッシュの巻

フロントフォーク、カバー類のバフ掛けをしたら、くたびれていた車体がリフレッシュしたので、こうなったらフロント周りも塗装し直してリフレッシュさせることに

とりあえずステムを取り外します
フロント周りが寂しくなったゼファーくん
DSCN4372_R.JPG

ステムはたしか、2年ほど前に塗装をし直していますが、ラッカースプレーを使用したので、剥げて錆が浮いてきました
DSCN4320_R.JPG

DSCN4319_R.JPG

雨天での走行は、ほぼほぼなかったのですが、2年もすれば塗膜が弱いラッカースプレは剥がれてサビサビに
ラッカースプレーは手軽に塗れていいのですが、長期的に見ると、このような姿になるので少々値が張るウレタン系の塗料を使うことをオススメします

さて塗膜を除去していきます
塗装剥がし液なるものを対象物にぶっかけます いや、筆をつかてのばします
DSCN4321_R.JPG

ちなみに僕は指を使ってこのスパルタンな液を伸ばしましたが、後々にビリビリと指が痛み皮膚もボロボロになりかねないので、おすすめはしません

この塗装剥がしを塗りますと、ブクブクと塗装面が浮いてきます。
DSCN4322_R.JPG

手で浮いたと塗装面を触りますとヌルッと剥がれ落ちます ブラシ、ウエス等で浮いた塗装を剥がし、最後に錆びたところや塗装が残っているところをワイヤブラシを使い落としていきます

そしていい加減な養生をして再塗装!
DSCN4323_R.JPG

使用したのはDIY好きの強い味方のラッカースプレー 爆 
また剥げたら塗れば大丈夫! 本当の話、塗料代をケチった 

すぐ後に、なんと友人からシルバーのウレタン塗料残っているからあげるよ〜 と、願っていもいない話がありましたがステムは塗ってしまったあと... また、今度にしておこう( ; ; )

そんなわけで、塗装前だったホーン、ブラケット類をウレタン塗装してもらいました
DSCN4453_R.JPG

そんでもってステム側のベアリングにグリースを塗りこみ
DSCN4456_R.JPG

車体に取り付けて完成 
DSCN4469_R.JPG

まだまだ先は長そうです


posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。