2016年11月05日

ゼファー750の燃料コック&タンクキャップ&フューエルゲージを外してみよう

ネイキッド系のバイクの中心的な外装とも言える燃料タンク 僕は転倒によりタンクにダメージが行ってしまったので交換しました orz
その時に元付いていたタンクから、燃料コック、燃料キャップ、フューエルゲージ...etc を、移植 なので、ついでに記事にしてみました


〜燃料コック&燃料キャップ&フューエルゲージ着脱編〜


用意するもの
・6mmの六角レンチ
・プラスドライバー
・8mmのソケット
・燃料コックのガスケット 部品番号 11009-1656 価格194円(大抵の場合劣化していますので変えたほうが良いです)
・フューエルゲージのガスケット 部品番号 11009-1656 価格832円(こちらも劣化している場合があるので変えたほうが良いでしょう
)
あとフューエルゲージのガスケットは年式によって部品番号が違うので年式にあったガスケットを使用しましょう。 僕は2006年式のガスケットを発注したのですが、ガスケットにネジが入らなかった経緯があるので...
と、いいましてもネジごと発注してしまえば問題はありません

赤丸のものがガスケット、ネジ
直前の設定_2016_10_25_185903.bmp



さて、先に燃料タンクを外すのですがタンク内にガソリンが、いっぱい入っていますと作業ができませんので、灯油ポンプ等を使ってガソリンを専用の容器に移し替えましょう
イメージ図
DSCN4365_R.JPG

*注 上の写真は作業途中ですので、いろいろと外れています
灯油ポンプを使わなくてもタンクを外して燃料コックをPRIにすればガソリンは抜けますが、タンクに量が沢山入っていますと大変ですのでおすすめはしません 
あとガス欠寸前まで走り、タンクの中を減らす方法もあります

上記の作業で、ガソリンをほとんど抜き取ったらタンクを外します こちらは以前にも記事にしていますので気になる方は下をリンクしてください

‘ゼファー750のフューエルタンク(燃料)を外してみよう’

タンクが外れたらタンクキャップから外していきます
キャップは周囲に6mmのボルトが7本あるので外します
DSCN4258_R.JPG

ボルトを外しましたらフタを開けて中のプラスネジを外してタンクキャップを燃料タンクから外します
DSCN4259_R.JPG

タンクキャップを外しますと、下にゴム製のカバーがありますので忘れずに外しましょう
DSCN4260_R.JPG

今度はタンクをひっくり返して裏のフューエルゲージ、燃料コックを外します
燃料コックは二つのネジをプラスドライバー又は10mmのレンチで外します
DSCN4267_R.JPG

フューエルゲージはカバーを外し
DSCN4264_R.JPG

8mmのボルト4箇所を外し抜き取ります
DSCN4268_R.JPG

外れた燃料コックとゲージ
DSCN4270_R.JPG

おしまいです
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック