2014年11月06日

2014年 九州、沖縄ツーリングPart2

10月17日 京都〜神戸、京都の日本海側?〜鳥取砂丘

翌日、起きる 腰痛い!疲れた!眠い☆ \(^^)/ 早くも挫折気味 orz
だが、ここで逃げ帰ったら一生の不覚・・・ 帰ったあとの事を考えると怖いしなぁ・・・ なわけねぇか! とりあえず南下
 暫くすると痛む腰に伝わる荷物からの振動 なんか、吐き気してきた(汗)
これはヤバイ! 荷造りの、し直しをする 荷物を入れ替えして乗って入れ替えして乗って・・・ ようやくベストポイントを発見 ふぅ〜。

腰からの体調の悪さの次に来たのは寒さである、めっちゃ寒い((´д`)) とりわけ、脛がピンポイントでねぇ よく見ると雨合羽のズボンがめくり上がってきたやがる! 今度から4L買おう うん 
 しばらく走ると京都に突入 途中、海上自衛隊の港が道路越しから見えるんだけど、戦闘力の高そうな、ねずみ色の船舶がたくさん繋留してありました それと付近のレンガ作りの倉庫?群がこれまたいい味を出していました 

京丹後から神戸へ
DSCN0781_R.JPG

県道11号を海岸伝いに走る この道はアップダウンとタイトなコーナーがまた楽しい 展望もGood!
海をみながら走っているとなんかあった
DSC_4953_R.JPG

近くの案内書きを見ると、どうやら竜宮城とのこと カメさん助けたらあそこで豪遊・・・ ささっと南下南下 
なんとなく海をパシャリ
DSC_4961_R.JPG

近くに神社があったのでこちらもパシャリ
DSC_4973_R.JPG
DSC_4974_R.JPG
DSC_4980_R.JPG

私的的にですが、神社には何か惹かれるものがありますよね
山奥にひっそりと、あるのも良いし海辺にあるのも良いし忘れられて、朽ちかけているものなんかも良いです

しばらく走ると道の駅あまるべに到着
DSC_4994_R.JPG

現在はコンクリの橋が、どっしりと山と山をつないでいるんだけど、数年前には立派な鉄橋がかかりその上を列車が通っていたとのこと
左 新しいコンクリの橋 右 旧鉄橋
DSC_4988_R.JPG

橋脚
DSC_4989_R.JPG

橋桁
DSC_4991_R.JPG

鉄橋に使われているリベット、ボルト、ナット、そそられる何かがありますよね。 ふと、子供の頃に見たプロジェクトXの東京タワー建設のリベット打ちのワンシーンが頭に過ぎりました

鉄橋さんまたねノシ
海岸線を走っていると今度は灯台が現れた
DSC_4995_R.JPG

説明書き
DSC_5008_R.JPG

〜日本一高いところにある灯台〜 なるほど確かに眺めはよかった
灯台てっぺんには方角示す棒 これってなんっていうんだ? 
DSC_5449.JPG

灯台さんまたね 
道中、不死の水なるものを見つけたので、こりゃぁ飲まずに入れませんねぇ〜
DSC_5009_R.JPG

不死の水
DSC_5012_R.JPG

この水を飲んだから、旅先でアクシデントがあっても無事だと思う
峠越えで廃隧道を発見 これは行かなければ!
DSC_5018_R.JPG

正面
あたりに扁額はなかった
DSC_5028_R.JPG

坑内
DSC_5031_R.JPG

長さは200メートル程か? 途中から素掘りの跡が見受けられた 入口数メートルででっかい発泡スチロールでバリケード 行こうと思えば行けるが、今回はやめることに
口内から
DSC_5033_R.JPG

隧道すぐ脇には新トンネルが通っている そこを走り先をゆく
しばらく、このような田舎道が続く
DSC_5042_R.JPG

初夏のうす暗い朝方に走るなんて良さそうですね。
このあと鳥取県に突入 確か梨が美味しかったイメージがあるな あと砂丘かな
 それに前々から行ってみたかった鳥取砂丘へ行く!
鳥取砂丘へ到着 まずは腹越しらえ!! カツ丼を近くの食堂で食べる 800円高かし!! orz
だが、鳥取砂丘は入場料なるものがないので、良しとしよう 入場料だと思えばいいしね(´・ω・`)

階段を昇りいざっっ鳥取砂丘へ!!
DSC_5053_R.JPG

めっちゃ広い・・・ カツ丼の値段で考えていたのがバカらしくなるくらい広い ( ゚д゚)ポカーン
IMG_0424_R.JPG

とりあえず歩く
DSC_5058_R.JPG

結構長いな・・・ 
 砂漠の勾配は歩くのが大変! てか、道から外れたら時間によっては遭難する自信がある
DSC_5071_R.JPG

オアシスもちゃんとある これはれっきとした砂漠である 気分はサハラ砂漠じゃぁあああ!!
丘を上がると
海が綺麗・・・ 
DSC_5073_R.JPG

パラグライダーを発見でござる 風に揺られ気持ちよさそう
DSC_5077_R.JPG

丘の上からしばらく海を眺める 何とも広大なんだ・・・ 鳥取砂丘恐るべしっ!
地元のおっちゃんが軽快にランニング
先に行ってるぜ あんちゃん 何てね
DSC_5092_R.JPG

足元には、さらに広大な砂漠が広がっていた
DSC_5085_R.JPG

他の観光の人は入口正面先の丘を登って帰るのが定番ルートらしい このまま同じく戻るのは持ったない気がしたのでしばらく、人がいないところをひたすら、ほっつき歩く この時、水を売店で買えば良かったと後悔
そして誰も見えなくなり 引き返す 
先ほどの丘のとなりは、さらに急勾配になっています 少年たちが走っているのが眩しい
DSC_5101_R.JPG

まじwパネェwwww きっと心の中で少年たちはこう思ったに違いない! それにしてもよく足が回るものだ、すごい

無事に遭難することもなく砂丘を後にする 
ミイラのように干からびそうだったので、お茶と梨ソフトをチョイス 
image1_R.JPG

梨ソフト う、うめぇ (;゚Д゚)!

近くに因幡の白兎の舞台になったところがあったので寄ってみる
DSC_5110_R.JPG

神社発見
DSC_5116_R.JPG
DSC_5117_R.JPG

賽銭箱に奉納し願い事を。 何事も無いように済みますように・・・ 帰るか!
そういえばさっきからカップルをよく見るな 何か有名なのか? 鳥取砂丘も近いしその流れなのか?
近くに説明書きあったので読むと 

「縁結びがどうのこうの・・・ iPhoneで調べると、女の子が大好きな縁結びの神社☆」

男一人できた俺って一体・・・ (´・ω・`) 調べなきゃよかった・・・

その後、久々の風呂に入るため道中にあった銭湯へGO!
料金500円程を支払い 上階にあるお風呂へと向かうのだが、むちゃくちゃ長い! 階段の段数だけでも200段程はあっただろうか・・・ とりあえず登った!
 到着、脱ぐ、ガラッ  目の前に大きな湯船が二つサウナに露天付き展望も良い お、悪くないな
とりあえず、持参したkaoの固形石鹸で頭から下までを洗い湯船へ 体もあったまり露店風呂へ行き、それからサウナへ おっちゃんと少し雑談をする
 体もさっぱりし気持ちが良い 先ほどの鬱憤は何処かへ だが、固形石鹸で髪を洗ったもものだから、髪の毛がキシキシに \(^^)/
 コンビニで弁当を食べ、近くにあった道の駅で今日は休むとしよう
posted by marchyoo at 19:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州、沖縄ツーリング2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック