2016年10月16日

2016年 北海道ツーリングPart14

6月23日 晴れ 走行距離279.4km 燃費29.3km 出光セルフ丸瀬布 119円
ルート 天塩川〜サロマ湖

朝から天気は良いが、昨日のダートの疲れだろうか体が重いし頭もぼんやりだ
今日は、稚内に向かう予定だったが、天候が良くなさそうなのでオホーツク海側にあるサロマ湖のキャンプ場まで行くことに

そこまでのルートは地図を見ながら気分次第で変更するというスタイルをとったので、本来よりも大きく距離が伸びてしまったが、その分、発見もあったので良しとしよう

ひたすらに道道や国道を使い下る 国道273号線を上川町の方へ向かうと現道の左に旧道のダートが見えたのでそちらに行くことに

現道は右手
DSCN3989_R.JPG

道路標識やガードレールの類も残されていたので少しノスタルジックな気持ちになりました
DSCN3991_R.JPG

DSCN3990_R.JPG

峠には峠の名前と町名が書かれた看板有り
DSCN3995_R.JPG

DSCN3994_R.JPG

DSCN3993_R.JPG


で、この浮島峠を過ぎたところに浮島湿原なるものがあったので、ちょっと冒険してみることに
DSC_0941_R.JPG




ここら辺一帯はヒグマの生息地 入口から雰囲気バッチリ
DSC_0944_R.JPG

この時、僕はクマに対して自分の存在を知らせる熊鈴を持っていなかったので、スマホの音楽を鳴らしながらビクビクしながら湿原へと歩いて行った
バイクを止めた駐車場から湿原までは1.6kmほどあるらしく、結構歩いたと記憶しています

木々に囲まれた山の中を歩き湿原は、この先だ!
DSC_0953_R.JPG

ここを抜けると、辺は開け気持ちがよいほど開放的な空間です
DSC_0957_R.JPG

この湿原には大小の沼が多数に点在しており、湿原草の根によってできた浮島があることから、この名がつけられたらしいいです
海抜850メートルの高層湿原ともあり空気も澄んでいて、空も青い
DSC_0964_R.JPG

DSC_0973_R.JPG

DSC_1060_R.JPG

DSC_0982_R.JPG

DSC_1102_R.JPG

空を飛んでいる飛行機も気持ち近く感じます
DSC_1107_R.JPG

この浮島湿原は広く2エリアに分かれていて、それぞれ木道を渡って行き来します。山の中にありますのでエゾシカなどが見られました
ですが、木道も所々に痛みが見られますので、通行止めエリアには行かないようにしましょう
DSC_1078_R.JPG

DSC_1010_R.JPG

奥のエリアでは、晴れれば天塩岳?が見えるのですが、雲に隠れて見えませんでした
DSC_1065_R.JPG

DSC_1050_R.JPG

ここでの探検も終え本日のキャンプ地であるキムアネップ岬へ(48F-2)
DSC_1116_R.JPG

あたりには広大なサロマ湖が広がり野鳥などが観察できます 夕日も綺麗だったと記憶しています
DSC_1108_R.JPG
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック