2016年10月15日

2016年 北海道ツーリングPart13

6月22日 晴れ 走行距離314.4km 燃費28.0km ホクレン美深セルフ 123円
ルート 天塩川〜枝幸町〜天塩川

今日は朝から天気がよくとても気持ちが良い
DSC_0715_R.JPG

この天塩川温泉リバーサイドのキャンプ場は温泉が近くにありオススメ 温泉は400円ほど
高台にキャンプサイトがあるので展望もよく、付近には林道もあるので、ここを拠点に動くのもいいです。僕も美深から枝幸にかけての林道を走るために、ここを拠点として動きました。

さて、本日のお目当ての林道は美深歌登大規模林道(55D-4) この林道は僕の中でも1位から2位を争うほどの、林道です。 道、景色、走りごたえ等... 言葉では表せないほどの壮大な林道です。 とくに函岳と言われる山頂から360度、視界に広がる景色のスケールの大きさは圧巻... これは訪れたものにしか分からない景色です...

ちなみに僕がキャンプをした所からは、終点である白いレーダードームが見えます
DSC_0716_R.JPG

ちょいズーム
DSC_0717_R.JPG

山頂中央左にぽつんとある白く丸いものがレーダードームです今日は、ここを拠点に動くのでテントに荷物を置いておき、身軽になった愛車で林道へと向かいます
国道40号線を名寄方面に下ると‘函岳まで 〜km’ と、書かれた看板が出てくるので、それを目指します
DSCN3933_R.JPG

そうしますと採石場があり
DSCN3980_R.JPG

さらにまっすぐ行きますと美深歌登大規模林道へといきます
DSCN3934_R.JPG


〜林道データー〜
・林道名 美深歌登大規模林道又は道北スーパー林道(55D-4) 林道の名称多数アリ
・通行状態 美深の道道680号線から終点である、登町の道道120号線まで通行可能 山頂へいく函岳は積雪により通行止
・林道の距離 約40km
・道のコンディション 道幅、路面など全てにおいて整備されているのでとても走りやすいが、峠を下ると、浮き砂利になるので注意 交通量はとても多いのでこれも注意が必要だ
・走行時間約1時間 
・所在地 美深の道道680号線から終点である、登町道道120号線へつながる林道




詳しく書きたいところですが、走りに夢中になっていたため写真を撮り忘れました・・・ orz
こんな具合に開けた道です

DSCN3935_R.JPG

DSCN3936_R.JPG

加須美峠付近は山菜採りの方の車が多数見られたが、ここら辺一体は遭難多発地帯&ヒグマの生息地帯なので注意が必要だ
DSCN3937_R.JPG

峠から函岳へ向かう分岐があるのだけど、ここには夕方にいく予定だったので今はパスすることに
下ると旧道があったのでアタックするもゲートでブロック
DSCN3943_R.JPG

そして終点の登町の道道120号線
DSCN3944_R.JPG

*最後の方で函岳いった画像を載せています


これを右に曲がると直ぐにトンネルがあります、それをくぐると今度は風烈布林道へとつながります
DSCN3946_R.JPG

〜林道データー〜
・林道名 風烈布林道(55G-3)
・通行状態 通行可能
・林道の距離 約17km
・道のコンディション 道幅もあり、路面もしっかりとしているので走りやすい 直線多めのハイスピードダート
・走行時間約20分 
・所在地 登町道道120号線から国道238号線へとつながる林道

Googleの地図だと表記がないので、詳しくはツーリングまっぷるを参照して下さい

頭上は開けているので、開放的な林道です 本当に直線道が多いです
DSCN3949_R.JPG

DSCN3951_R.JPG

DSCN3953_R.JPG

終点には牧場がありました
DSCN3955_R.JPG


つづいて北隆線林道へ
〜林道データー〜
・林道名 北隆線林道(55J-5)
・通行状態 通行可能
・林道の距離 約13.5km
・道のコンディション 道幅もあり、路面もしっかりとしているので走りやすい 鉱山跡を過ぎるとカーブが続く上りとなる
・走行時間約1時間 
・所在地 国道238号線から離れた村道?から道道49号線上幌内越峠へとつながる林道



目印は国道から離れたところにあるY字路にある北隆鉱山の看板
DSCN3957_R.JPG

このY字路を右に曲がると、直ぐに砂利ダートとなる
DSCN3958_R.JPG

鉱山跡を通る林道ともあり看板などがあったり その痕跡などが見受けられます
DSCN3960_R.JPG

DSCN3963_R.JPG

DSCN3962_R.JPG

鉱山跡までは直線多めなフラットダートですが、鉱山跡を過ぎると緩やかな登りとカーブが続き終点の道道へと出ます
DSCN3968_R.JPG

DSCN3969_R.JPG

終点には狐さんがお出迎え
DSCN3970_R.JPG

帰りの道道は快走そのも
DSCN3974_R.JPG

道中にトロッコ王国なるものがあり、寄ろうとしましたが、謎のオーラが出ていたのでよらずにスルーしてしまいました


そしてまたしても美深歌登大規模林道へ 今度は山頂の360度パノラマ視界の函岳へと向かいますよ
加須美峠の分岐を先に進む 積雪で通行止めだが先駆者が行った痕跡があったので、僕も続くことに
DSCN3981_R.JPG

後もうすぐでレーダードーム
DSCN3984_R.JPG

ズーム
DSCN3985_R.JPG

山頂に近づくほど展望は良くなります
DSC_0723_R.JPG

残雪有り
DSC_0743_R.JPG

バイク一台分の道幅です
DSCN3987_R.JPG

ここをクリアすると、さらに展望は良くなります
遠くに町を眺める
DSC_0819_R.JPG

DSC_0796_R.JPG

愛車もパシャリ
DSC_0835_R.JPG

むむ・・・ あれは・・・
DSC_0747_R.JPG>


(;゚д゚)ゴクリ…
DSC_0748_R.JPG

遠く利尻島にそびえる利尻富士が、こんなにはっきりと見えるなんて・・・ 

山頂のレーダードームに到着
DSC_0885_R.JPG

眼下には雲海と利尻富士
DSC_0858_R.JPG

DSC_0864_R.JPG

山頂のモニュメント
DSC_0917_R.JPG

オホーツク海側も雲海に覆われていた
DSC_0908_R.JPG


金色に染まる利尻富士
DSC_0940_R.JPG

本当に訪れて良かったと思える瞬間であった



posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック