2016年10月11日

2016年 北海道ツーリングPart9

6月18日 曇りのち霧雨 走行距離380.0km 燃費30.3km ホクレン門別セルフ 118円
ルート ニセコ〜襟裳岬〜幕別町

キャンプ場を出て目指すは支笏湖付近にある林道 天候は曇り空 持ってくれ...

去年はゲートによる封鎖で断念した第一縦断林道(17I-3)だが、今回はゲートがオープンしていたので走ってみます
DSCN3855_R.JPG

〜林道データー〜
・林道名 第一縦断林道(17I-3)
・通行状態 通行可能 苫小牧まで抜けれるがゲートによる封鎖アリ
・林道の距離 約20km
・道のコンディション 道幅広く路面も良い 支線も多数アリ
・走行時間約一時間
・所在地 支笏湖から苫小牧まで



道幅はとても広く車同士がすれ違えるほどもり、路面も踏み固められた土なのでとても走りやすい
そしてなんといってもこの林道の特徴は、ひたすらに、まっすぐな道なのだ
DSC_0427_R.JPG

ちょっとズーム
DSC_0428_R.JPG

ここまで真っ直ぐだとついついスピードを上げがちになりますが、車の通行や野生動物も多めなので注意してください 
分岐や支線がたくさんあり、あたりの林道にも接続していますので冒険すると本当に迷う可能性は大いにあります。僕も去年、このあたりの林道でさまよいましたので...

直線路を抜けると原生林の緑のトンネルに変わります
DSC_0437_R.JPG

DSC_0456_R.JPG

周囲には小川も流れているので、ここでひと休憩
DSC_0439_R.JPG

ひと休憩を終え先へ進むと、ゲートと工事で通行止! なので支線に入り、この林道と並行して走る国道276号線に脱出
DSCN3861_R.JPG

このあと、苫小牧の港にあるマルトマ食堂でホッキ丼を食べようとしたが、ものすごい行列ができていたので断念 ぐぬぬ・・・

ホッキ丼は次回の課題にして、まだいったことのない襟裳岬へ向かうことに
ただ、この襟裳岬へ続く海沿いの国道が、あまりにも変化のない道だったので、恐ろしいくらいに退屈だったと記憶している
そして霧の中、襟裳岬に到着 寒かったので売店でラーメンでも食べようと思ったけど、なんか気が進まなかったので先へ行くことに
灯台を発見
DSC_0462_R.JPG

襟裳岬
DSC_0468_R.JPG

DSC_0473_R.JPG

霧でなにも見えない (´・ω・`)ガッカリ・・・
DSC_0471_R.JPG

道は続くので行ってみる
DSC_0477_R.JPG

突端に到着
DSC_0486_R.JPG

DSC_0489_R.JPG

晴れていると、先に行った積丹岬みたいな感動がありそうだと確信はしたけど、霧がね... 

このあと黄金道路を経て、道の駅忠類にある無料キャンプ場(14I-5)でキャンプとした
DSCN3863_R.JPG

とても広いキャンプサイトに設備も整っているので、利用するには、とても良い環境のキャンプ場です
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック