2016年10月07日

2016年 北海道ツーリングPart5

6月14日 雨 走行距離357.2km 燃費25.5km
ルート 函館〜下牧

昨日に続き今日も朝から雨であった むむむ... 
スマホで天気予報を見るとやっぱり一日中は良くないみたいだ。でも、流石に今日は移動したい お目当ての林道もあるので... 
愛車に荷物を積み込み雨が降る中、国道228号線を下る 本日の目的は道南最長ダートと言われる石崎松前林道を走破することなのだ!

そして道道607号線を経由して石崎松前林道に到着
DSCN3803_R.JPG

上の画像は林道に行く上で通る道道607号線にて撮影 この道をまっすぐ行くと林道へとつながる



〜林道データー〜
・林道名 石崎松前林道(1F-2)
・通行状態 通行止だが二輪での通行は可能 4輪は大千軒岳登山口まで通行は可能
・林道の距離 約44km(悪魔で地図での距離だが、僕は支線に入ったりしたので約60kmほど走ってしまった) 
・道のコンディション 路面はしまっているが大千軒岳登山口を過ぎると柔らかい地質になる。支線も多数アリ
・走行時間約3時間 写真撮影などで時間をとらなければ半分ほどに短縮はできそう
・所在地 松前町から石崎町へとつながる林道







地図を二つに分けて、おおよその地点を表して見ましたが肝心の大千軒岳登山口から先の詳しい地図がGoogleだと出ませんので、参考程度にしてください。 詳しくはツーリングまっぷるを参照してください


さて、道道にあった道路状況の看板を見てみます
DSCN3805_R.JPG

見る限りだと視線はあまりありませんが、実際はかなりありますので注意です それにしても長そうだ...
ここについた時には雨は弱くなっていました 
それでは突入します
DSCN3806_R.JPG

どうやら石崎へは抜けれないらしい
DSCN3807_R.JPG

しばらくは真新しい舗装路が続きます
DSCN3809_R.JPG

途中でダートに変わりますが、綺麗に整地されているので舗装化は時間の問題です
DSCN3810_R.JPG

DSCN3811_R.JPG

この綺麗な整地され道を進むと工事作業車があったのでここまでかと思ったが、作業員の方々が話しかけてくれて、この先は工事でいけないけど、大曲林道を通っていけば登山口までは行けるよ教えて下さり、お礼を言って先を行きました
地点は最初に掲載した道路状況の看板写真で言うと、大曲り遮断機のところです

この分岐から道はそんなによくありませんが、登山口までは一般の方も通行できるようには整備されていますので、コンパクトカーでも走行は可能そうでした ただ、急な上り下り坂があるポイントがあるのでスピードの出しすぎには注意です
登山口までは、こんな感じの道が続きます
DSCN3815_R.JPG

たまに景色が見えるポイントに出ますが、生憎の天候で展望できず... でもこういう風景も悪くないです
DSCN3813_R.JPG

そして中間地点の大千軒岳登山口に到着 
DSCN3816_R.JPG

DSCN3817_R.JPG

ここには車が一台ありました
DSCN3819_R.JPG

ここから先が本番です ここを過ぎると直ぐにY字路にぶつかるのだけど、右手はチェーンで通行止めと書いてああたので、チェーンもなく通行止と書いていない左に進むことにしました

Y字路左を選んで進んでいきますと、ずっと下りなので、このまま町へ抜けるのかな?

まあまあ道は悪いが走行に支障はない
DSCN3820_R.JPG

隈笹が茂ってまいりました
DSCN3821_R.JPG

あれ? 道から嫌なオーラが出てまいりました
DSCN3822_R.JPG

I☆KI☆DO☆MA☆RI
DSCN3823_R.JPG

ちなみ登山口から、にここまで雨足は強まった上に、9キロも進んだ地点であった 
とりあえず先ほどのY字路までもどり、右のチェーンの先へと進むことに
DSCN3824_R.JPG

ここからは道幅も広い上に路面も悪くなくすごく好みなダートでした。 
DSCN3825_R.JPG

ここから先は分岐が2、3箇所ほどありましたが、道なりに進むと石崎まで抜けることができます
石崎までは難所やアタックセクションもないので走破するには、分岐さえ間違わなければ大丈夫だと思います

開けた場所があったのでしばしひと休憩
DSCN3828_R.JPG

小規模な崩壊箇所有り
DSCN3830_R.JPG

晴れれば景色が良さそうなポイントを発見するが、天候が悪いので全く見えない
DSCN3831_R.JPG

そしてチェーンゲートをワープ
DSCN3832_R.JPG

あとは川伝いに進み
DSCN3833_R.JPG

終点の石崎へ到着
DSCN3834_R.JPG

雨天での全長おおよそ60km走行ともあり、流石にヘロヘロです
なのでキャンプ地へ雨の中向かいますが、到着してあたりを見渡すと原っぱしかなくて水場、トイレなどが、ツーリングまっぷるに掲載されている写真のようにないではないか そう、宿営予定だったキャンプ場がまさか廃業しているとは!! 僕のツーリングまっぷるは7年前のものなのでデータが古すぎたのだ!!!
さて、困ったものだ それからさらに北上して、島牧の江ノ島海岸近くにあったトイレ脇で野宿することに
DSCN3835_R.JPG

濡れたブーツに丸めた新聞紙を詰めて眠りに入るのでった
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック