2016年05月24日

秘境・グンマー&小串硫黄鉱山跡地

前々から気になっていた場所へと足を運んでみました。
 僕にしては珍しく早朝4時に起床し相棒のジェベルに荷物を乗せ朝日がやんわりと差し込む静寂に包まれた住宅街を後にした。 国道17号線を南下し小千谷で国道117号線へと進路をとる。
ただ早朝は風が冷たく長時間乗っていると冷たい走行風で体が冷え、股や肩などが辛くなってきてしまい長野県をまたいですぐにある道の駅で休憩 名前はたしか「信越さかえ」だったと記憶している

ここで少し冷え切って硬くなってしまった体を少し動かし心なしかのウオーミングアップ 自動販売機の暖かい缶コーヒーをすすりながら、ツーリングまっぷるで目的地へのルートを確認

 ルート確認中に冷めてしまた缶コーヒーを飲み終え僕は飯山へと向かうのでった 
だけど通勤、遊学で混雑が予想される飯山市街 渋滞にはまるのはどうも気が向かないので、ここは国道403号線を使い中野市までワープ ただ、この国道403号線は山道ともあり道幅もとても狭く路面も良いとは言えないのでオンロードバイクで通るには少し注意が必要かも知れない。中野市に入ると今度はローカルな県道を駆使して高山村→須坂市へと抜ける

 そして目的地へ繋がる道へと出たので、タンクバックに忍ばせていたツーリングまっぷるを見てみる。見ていると、どの道を使い目的地へと向かうのかの選択が出てきた 言うなれば「確実に安全に通行できる道」 対するは「途中で引き返しヒィヒィ言いながら引き返すかも知れない道」 さらに言うなればオンロード or オフロードなのだ

 僕は数秒間悩んだがここは 「途中で引き返しヒィヒィ言いながら引き返すかも知れない道」 をチョイス。やっぱり冒険したいもんね!
そして、目的地へと繋がる(つながると思われる...)林道へ 名前は湯沢線だったと記憶している。

 林道入り始めは木々が生い茂り薄暗いのだけど、しばらく走ると視界が開け景観の見渡しが良くなってきた。道としては浮き砂利ダートで、ところどころ大きめな石や窪みがある。僕は市街から入ったので緩い登りを上がってゆく。ストレートも区間的にはあるのだけど、カーブのほうが多いなぁと言うのが印象だ

急カーブが多数あるのでストレートでスピードを出しすぎていると確実に怖い目に遭う可能性は多いにある。 あと、崖伝いに道があるので景色はとても綺麗だけど、ガードレールやフェンスはないので注意が必要だ。僕自身も久しぶりの林道ともあり、なかなか思い描いた走りができずにモヤモヤ気味だったが、高原地帯へと繋がる道ともあり景色は素晴らしくそんなことは吹き飛んでしまった
DSC_9724_R.JPG

遠くには妙高? 北アルプス?の山々が見える 美しい...
DSC_9729_R.JPG

道も標高を稼いで行くと高地特有の開けた景観になり開放感は抜群に
DSC_9737_R.JPG
DSC_9749_R.JPG
DSC_9745_R.JPG

この湯沢線の中で一番展望が開けていたところ
DSC_9793_R.JPG
DSC_9798_R.JPG

そして終点へ この湯沢線は景色は文句なしの絶景林道でした。 空が高く高地の景観、眼下に広がる景色... もう一度は訪れたい林道です

そして目的地に到着
今回の目的地は毛無峠に到着
よく秘境・グンマーのネタで取り上げられる県境の看板
DSC_9809_R.JPG

近くにはバイクのカウルの破片
DSC_9812_R.JPG

無茶しやがって……

山には索道の支柱
DSC_9801_R.JPG

こうゆう使われなくなった昔の構造物には惹かれる何かがありますねぇ...
本来ならこのネタで使われている群馬県の県境で引き返す予定でしたが、この先にある鉱山跡のことを想像してしまうとどうも行かずには帰れない...
少しだけなら... こんな気持ちで調査を開始
ちなみに鉱山跡地へ向かうダートはカーブが九十九折になっています
DSC_9833_R.JPG

ふと山を見上げると先ほどの索道が目に入る
DSC_9828_R.JPG

山にぽつんと取り残された索道 これはこれでなかなかない景色だけど索道の存在感がすごいです。 
で、この九十九折のカーブ(ジロー坂というらしい)を抜けると開けた場所になり近くに御堂があります。 
その脇にある変電所跡
DSC_9837_R.JPG

長年の風化で今にも崩れそうだ
DSC_9838_R.JPG

変電所の巨大な碍子って子供の頃夢中になって見ていたのは僕だけではないはず!!
DSC_9865_R.JPG

内部は得に何もないように見えるが...
DSC_9839_R.JPG

奥に往くと、ひっそりとここの主がお出迎え
DSC_9853_R.JPG

もう下がることのないレバーたち
DSC_9851_R.JPG

ここの主の裏側は意外とスリム
DSC_9843_R.JPG

このような計器はなにか惹かれるものがあります
DSC_9862_R.JPG

電圧計 これはシンプル
DSC_9844_R.JPG

丸い縁に洒落た針がこの子のポイント ただなんの数値を計る計器なのかはわからなかった
DSC_9845_R.JPG

電力計 これまたいい味が出ています ここまで行くと美しさを感じます
DSC_9846_R.JPG

渦電流継電器 破損していても魅惑は失わない かえって魅惑増し?
DSC_9848_R.JPG

この子は本来の形をとどめていた
DSC_9858_R.JPG

積算電力計 Simple is Best!!
DSC_9861_R.JPG

ここでの楽しいひと時はひとまず終わりにして鉱山跡へ
ちなみにここら辺一体は崩れやすい地質らしく路面状況は細かな砂利がフワフワとした浮き気味なので油断するとバランスを失う可能性大ですので注意です

とりあえず相棒を行けるところまで行かせ、ここで待ってもらうことに
DSC_9870_R.JPG

相棒をズーム 奥に見える街は軽井沢の街だろうか?
DSC_9878_R.JPG

相棒を止めた場所は高台となっていて、ここから見渡すと小串鉱山跡の主要な箇所が見渡せます
左手の遺跡のようなものが選鉱所(採掘された鉱石を砕いて選別するところ?)右手の丸い構造物は汚水処理に使われるシックナーか?
DSC_9881_R.JPG

さて、この高台から下へと下りて周囲を調査するのだけど、地質が非常に脆く崩れやすく降りるのも一苦労します。ただ、この丘にはオフ車の降りた痕跡があったので自信があるものはチャレンジするのであろうか?僕はジェベルで降りると上がれそうにないので徒歩で下りました

下りて高台を見渡す 右手には相棒が見える
DSC_9888_R.JPG

写真で見ると高さは差ほど感じられないが、実際は勾配がきつく高いです
斜面にはバケットの顔が見える ここまで来ると鉱山で使われていたものが多々見受けられてきます。
DSC_9892_R.JPG

車両の残骸だろうか?
DSC_9884_R.JPG
DSC_9890_R.JPG

車輪
DSC_9894_R.JPG

先ほど下ってきたジロー坂(九十九折の坂)を望む
DSC_9901_R.JPG

ズームすると索道が見ます なにか幻想的ですね
DSC_9928_R.JPG

同じ地点から左手を望む
DSC_9905_R.JPG

ここを下ると不法投棄された車があった
DSC_9911_R.JPG

怪獣に踏まれたかのようにぺしゃんこ
DSC_9916_R.JPG

近くに建物跡(たしか事務所跡だったような...)があったので行ってみることに
DSC_9917_R.JPG

中には入れそうにない
DSC_9919_R.JPG

白い小便器だけが目に付いた
DSC_9922_R.JPG

ここを後にして丘を上がっていく たしか丘は3段ほどあったと思われる
丘には建物の痕跡が残る
DSC_9926_R.JPG

この小串鉱山は硫黄の採掘をしていて最盛期には2000人以上の人が働いていた。 それに伴い小学校、住居、神社など鉱山街が形成されていました。大正時代にこの小串鉱山が生まれ昭和の中期に閉山、42年間の事業に終止符を打った。
硫黄を採掘していた鉱山ともあり、それらしい鉱石も転がっています
DSC_9924_R.JPG

丘の中段(2段目)には採掘した鉱石を製錬する精錬所があったと思われます
DSC_9931_R.JPG

DSC_9932_R.JPG

炉は解体済みで姿はありませんが、炉に使われたレンガ、製錬時にできる鉱滓などが辺りに散らばり荒野そのもの 草木は生えず空だけは広いそんな不思議な空間

残された煉瓦や鉱滓
DSC_9938_R.JPG

建家の残骸だろうか?ぽつんとある丸太 僕は丸太に腰掛け一人この空間で考え込んでしまった
DSC_9941_R.JPG

周囲を遮るものはなく、とても開放的で気持ちが良い。遠くまで見渡せる開放的な景色は素晴らしいのだが、それをも飲み込んでしまうこの殺伐とした土地。これは訪れたものにしか感じ取れない 
 本来ならば毛無峠の県境で引き返す予定だったけど、この小串鉱山跡地はイレギュラーな遭遇ともあり独自の雰囲気に僕は飲み込まれたみたいだ。 訪問先での予期せぬ発見ではこのようなことがあるから、やはりどこかへ行くということはやめられない。ただ、最近は僕自身、考え事や思うこともあってなかなか楽しめていないのも事実である 僕は丸太に座りそんなことを考えていたのだろうか?

さて、探索再開 多少の時間を消費して気がついた。喉が乾いた。 だが僕は飲み水を持ってきていない 困ったものだ
丸太から離れ下を見渡すと(三段丘の一番下段)そこにはかつて住居。病院、学校などが広がっていた街の跡がある
DSC_9949_R.JPG

遠目からでもわかる建物の残骸や痕跡 下って調査をしようとしたけど、飲み水を忘れたことと僕自身の疲労でここは調査をしなかった。 記事を書いている今となってみればもったいない事をしたと思う。 この先には神社や遊具の痕跡があるらしい
丘の勾配はこのように急勾配 降りるのも一苦労だが上がるのはもっと難儀なのだ
DSC_9936_R.JPG

この丘にもバケットが埋もれていた
DSC_9955_R.JPG

そういえばここで思ったことが一つ なぜか青色の一升瓶の残骸やそのままの状態のものが良く目に入った。この鉱山が現役時代に事業に携わった方々が嗜んだモノだろうか?
DSC_9957_R.JPG

丘の端にまとめられた遺留物
DSC_9959_R.JPG

そういえば生活の感じるシロモノは、ここでしか見ていない気がするが...?
写真を撮っていてなにか後ろから視線らしいものを感じとる だれだ?
どうやら相棒だった
DSC_9964_R.JPG

この地点からふと山側を見ると選鉱場跡が見える こう見ると遺跡のようだ
DSC_9967_R.JPG

最終目標の選鉱場跡へ向かうのだけどこれまた道が険しいので多少迂回する形で、ぐるっと大回りしながら先へ向かう それにしても暑い 息も上がり喉もカラカラ
道中、トラックに遭遇 
(´・ω・`)やあ
DSC_9969_R.JPG

DSC_9968_R.JPG

荷台のコーションプレート
DSC_9971_R.JPG

運転席
DSC_9973_R.JPG

ISUZU
DSC_9975_R.JPG

距離を刻むことのないメーター
DSC_9979_R.JPG

さらに進むと 電気関係の操作盤がお出迎え
DSC_9982_R.JPG

サビがいい味を出していますね
もう少しで選鉱場だ! 右手にはシックナーが見える
DSC_9986_R.JPG

リヤカーと選鉱場
DSC_9989_R.JPG

脇にはファービーの元になりそうな物体が鎮座していた
DSC_9991_R.JPG

そしてこの鉱山跡のメインの建物 ‘選鉱場’ へ到着
DSC_9993_R.JPG

正面から
DSC_9995_R.JPG

先程は遺跡と表現したけど、近くで見ると分厚いコンクリートでできていてまるで要塞のようだ
坑道へつながる抗口を覗くと流石に封印されていて、すぐに行き止まり
DSC_9996_R.JPG

選鉱場を囲うコンクリートの壁
DSC_0003_R.JPG

壁の内部
DSC_0006_R.JPG

崩壊が激しく何時かは倒壊するだろ
DSC_0012_R.JPG

上には抗口が見える
DSC_0013_R.JPG

抗口目指して登ると二本足の木製の電柱がお出迎え
DSC_0014_R.JPG

ここだけ柱が残っていて建物の形を思わせる所
DSC_0015_R.JPG

ただ、枠に使われている木材に燃えた跡が見えたので火災でもあったのだろうか?
DSC_0019_R.JPG

そして抗口へ
DSC_0020_R.JPG

坑道はすぐに行き止まり
DSC_0022_R.JPG

抗口から見る選鉱場建家
DSC_0024_R.JPG

ジロー坂を見ると索道の支柱の跡が見える ここまで伸びていたのだろうか?
DSC_0026_R.JPG

選鉱場上部にある 大きな壁
DSC_0029_R.JPG

この壁には施工プレートがありました
DSC_0031_R.JPG


 昭和38年10月
 破砕選鉱場
 池原工業株式会社


さらに上り調査は終了
DSC_0041_R.JPG

DSC_0038_R.JPG

もう、喉はカラカラで今にも干からびそうだ
だがこの丘を上がり相棒まで行かなければならない

僕は渾身の力で丘を登るが息は上がるし何しろ喉が乾いた
さらば小串硫黄鉱山!!
DSC_0043_R.JPG

このあとヘロヘロになりながら街まで下りコンビニでポカリスエットの900mlを飲み干したのは言うまでもない
探索される方は飲み水と食料をお忘れずに
あと、時期によっては霧が深くなると情報もあるので遭難する被害もあるそうなので注意が必要です。
posted by marchyoo at 15:34| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック