2016年04月25日

ジムニー(JB23W 10型)

新たな相棒になったジムニーくん(JB23W)

ジムニー・ランドベンチャー
JB23W 10型.JPG

JB23W 10型A.JPG

〜車の詳細〜

年式 2015年
車名 スズキ・ジムニー(ランドベンチャー)
カラー スチールシルバーメタリック(ZVC)
型式 ABA-JB23W(10型)
駆動方式 パートタイム4WD
トランスミッション 5MT
エンジン 水冷4サイクルDOHC直列3気筒インタークーラーターボ(K6A)
最大馬力 64ps/6,500rpm
最大トルク 10.5kg・m/3,500rpm

本当は、グレードをXC又はXGを狙っていたけど、ここから気持ちプラスすると特別仕様車が視野に入ったので、気がついたらランドベンチャーになっていました。

〜今更ないい加減インプレッション〜

内装がより乗用車チックになりました 
前の愛車(JA12W 2型)の室内(フロント周り)
IMG_1386.JPG

JA12、22のフロント周りは本当にシンプルの一言につきます。室内がオールグレー色だったので、とある友人からは象の足と言われていました 笑 この簡素な室内こそジムニー!! 

今回の愛車(JB23W 10型ランドベンチャー)
image1.JPG

先代から乗り換えると、これってジムニー?! って、疑いたくなるほど飾りっけや進化が見られました。

ジムニー・ランドベンチャーの周辺画像など
高輝度ダークシルバー塗装の専用アルミホイール
DSC_9712_R.JPG

純正でこのホイールはイイかも... (;゚д゚)
LEDサイドターンランプ付きドアミラー
DSC_9714_R.JPG

ここは、キーレスで施錠、開錠しますと点灯します
専用ブラックメッキグリル&フロントアンダーガーニッシュ
DSC_9666_R.JPG

先代の9型クロスアドベンチャーのようなギラギラなメッキ塗装ではなく少々大人しめにブラック塗装を施したメッキグリル&アンダーガーニッシュ

特別使用車ともあり所々にメッキパーツを採用しています
DSC_9715_R.JPG

その他、室内のドアロックノブ、ドアノブもメッキ仕様

メーター周りはこの10型から変わったらしく、メッキリングやデジタルパネルを採用し今時なメーター周りになりました
DSC_9700_R.JPG

個人的には水温計、燃料計はアナログな針が上下するものが好みですが、これはこれでありかも
ちなみに燃料計は目盛がちょうど真ん中になった時に満タン給油して20.6リットル入ったの前のジムニーさんよりは安心できます。 
 前ジムニーは満タンにするとフルの ‘F’ から針が全然動かなく、120kmほど走ると徐々に下がっていき真ん中のラインを針が切ると燃料が漏れてるんではないか?! と、思うほど激減りするメーターで何回かヒヤヒヤした思い出があります。 ヒヤヒヤしながらエンプティーの ‘E’ のラインを指しているで給油すると、まだ10リットル残っているだと… ?! それほど大雑把な燃料計でした 
 今のはラスト2メモリで給油して32リットル入りました。 


専用のスペアタイヤハウジング
DSC_9720_R.JPG

ここにはランドベンチャーのロゴが入っています。余談ですがXC、XGグレードで採用されているSUZUKIロゴ入りのスペアタイヤハウジングがおまけでついてきました。

両サイドにもランドベンチャーのロゴ入りのフェンダーガーニッシュが入りより特別仕様車度が増している気がします 
DSC_9664_R.JPG

フロントシートは深めなグレーでメインサイドにはベージュを取り入れ大人目な印象。
DSC_9669_R.JPG

DSC_9667_R.JPG

ドアトリムもフロントシートのメインサイドと同色で落ち着きがあります
DSC_9678_R.JPG

 あと、シートの表皮にはクオーレモジュレという素材を取り入れ夏は熱くなりにくく、冬は冷たく感じにくくなっているみたいだ。あと、撥水機能も有しており、水滴や泥などの汚れも簡単に拭き取れるとのこと
 運転席のシートは座った感じ多少固めな印象でした。この間、高速をメインに使い500kmほどのドライブに行きましたが、得に腰が痛くなったり疲れたりといったことはありませんでした。むしろ前のJA12Wで同じことをやりますと、もれなく精神的な疲労感と足と腰が痛むサービス付きでしたので、ここは素直に感動しました。 シートのホールド性もしっかりしているのか九十九折が続く峠道でも体がアウト側に引っ張られる感じがJA12Wから比べるとしっかりとドライバーをホールドしていて、より運転に集中できました。 あと、フロントウインドウ、サイドウインドウの大きさが広がり二つの位置感がマッチしているのかとても視界がよく運転の負担が激減していてここにも素直に感心しました。

リアシートにはブラックの合皮を採用
DSC_9672_R.JPG

リアシートはリクライニング機能が付いているので先代のベンチシートから比べますと格段に広くなり快適になっているとは言えます。 ですが、やはり大人が乗りますと狭く感じますのでここはジムニーだなーと、思うところ。 それでも先代のベンチシートから比べれば雲泥の差があるようには感じますね!

ハンドルは本革巻ですので握った感じがこれまた良い。
DSC_9690_R.JPG

あと、ステアリングリモコン付きですので、より一層な快適なドライブができます。運転中に手軽に選曲、ボリュームコントロールができるのでここは好ポイントです
シフトノブも本革巻きですのでこれまた良い 

フロント室内を全体的に見るとこんな感じになります
DSC_9687_R.JPG

インパネセンターガーニッシュはツルツルとした表面で光沢があるピアノブラック
DSC_9676_R.JPG

このサイドにもシートメインサイドやドアトリムクロスと同色です。このように室内は、ところどころに、このベージュ色(シャンパンゴールド)が使われているので好みは分かれると思いますが、僕は落ち着きがあって気にっいています

四駆に入れるのもボタンを押すワンタプッシュ式
DSC_9711_R.JPG

 いままでは四駆に入れる時、いちいち車から下りてフロントハブをロックして、トランスファーのレバーをガチャガチャして四駆にしていましたが、ここはボタンひとつで四駆に入りますので走行中での突然の環境の変化にすぐに対応できるのがいいですね! 実は僕のJA12Wも当初はエアロッキングハブでしたので形は違えど室内から四駆に入れることはできたのですが、このエアロッキングハブの調子が良くなく信頼性の面で手動でハブをロックするマニュアルフリーハブに交換していました。 なので久しぶりに室内から四駆に切り替えできるのは頼れる限りです。
 以前に高速道路を走っていた時に、いきなり路面がアイスバーンに変化 後続車がいたこともあり停車して四駆に入れることもできずヒヤヒヤしながら運転した事がありましたので...

 あと四駆のスイッチの両サイドにはシートヒーターとサイドミラーの曇り凍結を解氷するヒーテッドドアミラー兼リアデフォッガーのスイッチがあります。僕は雪国在住ですのでこの機能は本当に嬉しいですね!

リア収納スペースはもシートを倒したりするとそれなりに入りそうですが、ここは先代とおなじく積載の面では、ほかの車種に劣ります
リアシートを倒さない時の収納スペース
DSC_9691_R.JPG

リアシートを一箇所倒したとき
DSC_9716_R.JPG

全部倒したとき
DSC_9717_R.JPG

それでも工夫次第ではそこそこ物は積めそうです

 

〜気になる燃費〜
前ジムニー君はエンジンが、ひと世代前のSOHCのF6Aエンジンでした。
6000回転で64PSを出力するF6Aエンジン 3500回転付近からのどっかんターボがこれまた面白い
DSC_0807A.JPG

もともと乗用グレードでギア比が高かったこともあり、
・街乗り12〜14km(エアコンオフ)
・遠出で15〜17.8km(エアコンオフ) 
・高速道路 13〜15km(エアコンオフ)
そこそこ燃費が悪いと言われるJA系ジムニーですが、歴代ジムニーの中で高いと言われるギア比と相まって、そこそこ走っている方でした。友人のJA22W(旧規格のK6A)は悪いとリッター8kmの時もあったと言っていました。
上記に書いた燃費記録はいわゆるエコ運転をしてでの値ですので、キビキビとした走りですと一桁にいったかもしれません
高速道は走行車線で前方の車を全く追い越さないときです。
あと前のジムニーはエアコンの調子が良くなかったこともあり、夏場は窓全開の送風も全開仕様でした。もしエアコンの調子がよく暑い時にクーラーを使用した場合は燃費がいまの記録をマークしたことはないと思われます。 クーラーをつけるとパワーが無く乗りにくかったので... これぞジムニー!! と、割り切って乗っていました 笑

トランスファーをJA11のモノに載せ換えローギアーにしたときの燃費(記事未掲載)
街乗り9.8〜13km(冬場でエアコン有り 4WD走行有り) 
遠出 16km (エアコンなし)

ローギアにしたことによりエンジン回転数の上昇が上がりやすくキビキビとした走りがお気に入りでした。あと勾配が続く山道もグイグイと登っていくので載せ換え前のハイギアから比べるとこちらのほうが、個人的には乗りやすかったですね! ハイギアは燃費はいいけど、山道にいくとやはりパワー不足でした。

続いてJBへ
JB23Wに積まれている改良が加えられ低中速域のトルクを改善したと言われる10型のK6Aエンジン 
DSC_9661_R.JPG

それによってレッドゾーンの回転域が9型から比べますと500rpm下げられ7000rpmへダウン ここは少し気になりました
街乗り15km(エアコン有り)
遠乗り18.1km(エアコン有り)
高速道路 15.1km(エアコン有り)

一速は流石はジムニーといったところでしょうか、すぐに吹け上がってしまうのでタイヤが転がったら二足へのシフトチェンジをおすすめします。各ギア4000回転ほどでシフトアップすると車速も乗り、いい感じに交通の流れについていく又はリードできました。
今回のジムニーはエアコンが効きます。なので以前使えなかったこともあり遠慮なくガンガン使ってみました 笑
 まず、前のジムニーから比べると別物の車です。エンジンはスムーズすぎてターボが効いてるのか?と思うほどひそやかです。勾配が続く道もエアコン有りでもグイグイと登って行きます。アクセルをやんわりと踏み込むとスーッと加速するエンジン まさに乗りやすくなったの一言につきますねぇ… それでいて燃費も予想よりも好マーク!(JA12Wと比較すると)
 
 高速道路も休日の行楽地へと急ぐ車に遅れをとらずについていくこともできます。それでエアコンも効かせてこの燃費は前のジムニーからだと考えられませんでした。ただやはりここは軽自動車ですのでもう少しパワーが欲しいな・・ と思ったりエンジンノイズ、ロードノイズもします。ですが、前のジムニーで同じ走りをしますとエンジンは騒がしく(壊れるのではないかと不安になるほどの音)それに、ロードノイズがすごく運転手、同乗者の疲労度が半端ではないほど... とても高速道路は快適と言えるものではありませんでした。 極力高速道路は乗りたくなかったというのが本音す。 そう思うとJB23は格段に進化(別物)したのは間違いありません 乗り心地も思ったより突き上げがひどくなく予想外でした。 

と、こんな感じです。 でもJA系のあの角ばったフォルムがTHEジムニーと僕の中ではイメージがあるので、未だに忘れられません。ただ乗っているとやはり心は変わってくるもので、いまではJBを大いに気に入っている自分がいます 笑



〜追記 2016 10/3〜

林道を走ってきたのでJBくんの簡単なインプレッション

やっぱりジムニーにはダートが似合いますね!
DSC_1531_R.JPG

ノーマルジムニーの不整地での走破性ってどうよ? と、疑問を抱く方が多々いると思います。 無論、ジムニーのリフトアップ車両や駆動系にLSDやデフロックなどを入れている車両は恐ろしい程の悪路走破性能を持っています。YouTubeなどで検索しますともう変態... いや、ジムニスト達の熱い走りが見れます

さて、今回は全長25Kmほどのロングダートを走ってきました 道のコンディションは雨が削った溝や土砂崩れ、洗い越し箇所など様々なセクションがある林道でしたが、とても楽しく走行することができました

土砂崩れ箇所で、ちょっと遊んでみた図
DSC_1583_R.JPG

写真では伝わりにくいのですが、車体はそこそこ傾いており、乗っていると恐怖を覚えるような箇所です
DSC_1593_R.JPG

このような、ごく一部な悪路では強い動力が必要になりますので、一番低いギアである4L(4WDのローギア)にチェンジすることで悠々と走破することができます
DSC_1579_R.JPG

4Lにチェンジするとメーター上に4Lのランプが点灯します。左に緑色のマークは4WDに入れた時に表示されます。
ギア比やエンジン特性は、同じJB23系のジムニーでも年式によって変更されていて、僕の乗っている10型は初代のJB23から比べますと、低中速のエンジン特性を改良し、ギアもローギアになっているので4H(4WDのハイギア)でも、デコボコとした、不整地が続く上り坂でもグイグイと力強く登っていくのには、正直に感心して驚きました。
 
以前のジムニーJA12だとジムニーの歴史の中でもハイギアードともあり、いったん車体が止まってからのリスタート時にトルクがなく、エンジン回転数を上げて半クラッチを多用するシーンが多かったのですが、10型のJB23だと軽くエンジン回転数を上げてクラッチを、そっと繋ぐだけで楽々とリスタートしていきます
2速もギア比が低いので、急勾配が続く坂道や不整地が続くような場所でのギアチェンジでも極端なエンジン回転数の落ち込みがないので、とても乗りやすく悠々と走り抜けることができます 

不整地の走行時の乗り心地はJA12から比べますと横揺れや突き上げなどが軽減していて快適そのもの と、書きたいところですが、ここのでの表現は悪魔でダートをそこそこ走った人じゃないと実感が分からいかもしれない領域かもしれないので参考程度に 悪路の状態によってはジュース入ったボトルは飛んでいきますのでペットボトルのキャップはしっかりと閉めておきましょう 笑

このような洗い越しも、この車なら楽しみに変わります
DSC_1617_R.JPG

足回りの動きですがノーマルの足でも、そこそこ伸び縮みしますので、よほどの悪路でライン取りのミスや、無理をした走りをしない限りスタックや横転をするということはないと思いますが、過信は禁物です。 
悪路では自分の予想を超えた想定外な車体の動きが多々ありますので... 僕も以前のジムニーでいろんな所にアタックして、山奥でスタックしたり路肩から落ちたり、谷底へ落ちそうになったり... など、想定外な動きで危機に陥ることがありましたので...

こんな感じで簡単インプレッションと書きながらgdgdに書いてしまいましたが、ジムニーのメーカー公式プロモーション映像を見るとノーマルでの高いポテンシャルがわかりますので興味のある方は視聴してください




番外編
ジムニーが引っ張っているものは… (;゚д゚)…


番外編2 〜歴代ジムニー達〜


番外編3 HE☆NT☆AI☆

posted by marchyoo at 16:03| 新潟 | Comment(5) | TrackBack(0) | ジムニー(JB23W 10型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やったー又ジムニーだー(^O^)
Posted by 通りすがり at 2016年05月11日 04:59
やったー又ジムニーだー
Posted by 通りすがり at 2016年05月11日 04:59
コメントありがとうございます。やったーまたジムニーだー☆

ジムニー以外に気になる車はたくさんありますが、どうもジムニーに乗っているとなかなか他の車に移るのができません... やはりジムニーは魅力的な車デス...!!
Posted by 管理人 at 2016年05月11日 08:19
セイコマで会ったraid糊です。
23W10型ですね!
自分の5型と比べると随分とカッコよくなってる。
私もJA71からでしたから、「乗用車になった」と思ったもんでした 笑。
Posted by raid糊 at 2016年05月14日 22:49
raid糊様お久しぶりです
旧ジムニーからの乗り換えだと現行型は快適装備が標準でありますのでここは素直におおっ!! と、思ってしまいました 笑 
Posted by 管理人 at 2016年05月17日 14:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437145277

この記事へのトラックバック