2015年12月09日

冬の準備

ここのところ本当に寒くて暖房が欠かせません ふと、山を見ると真っ白に雪化粧をしているのが目に入り冬だな〜と思うのであった

雪国に住んでいると、道路に融雪剤(塩カル)を撒くので車の下回りの腐食が雪が降らない地域から比べると進行がとても早いです 
僕の車も例外ではなく下回り、ボディーなどあちこち錆びて朽ち果ててきました

最もひどいサビ箇所 リアのクロスメンバー
DSCN3197_R.JPG
DSCN3196_R.JPG

もはや折れる寸前☆ と言うか朽ち果てる寸前まで腐っています 流石にやばいな・・・
ちなみに春まではちゃんと丸いパイプの形をしていましたが、日に日に腐っていき気が付くと・・・ 
お〜怖い怖い (((( ;゚д゚))))

ボディーも、いい感じに腐ってきました
DSCN3204_R.JPG

画像はほんの一部でして、いたるところにこの様な腐りが出ています ちなみに今年にはフロントのコイルスプリングが折れました これも塩カルによるものです
もともとこのモデルのジムニーはサビが進むのが早いと思いますが、融雪剤と相まって進行の重症化が早いです ('A`) 直しても直しても腐ってきます 
なので、このサビの進行を少しでも遅らせるためにホームセンターにて、クレのシャーシブラックを買ってきて下回りを塗ったくりました
クレのシャーシブラック
DSCN3198_R.JPG

値段もそこそこで効果も塗らないよりは断然良いです 今回は奮発して今までの使っていた量の2倍ほどシャーシブラックを購入し、いたるところに吹きまくった それほど腐るのです (´;ω;`)

ただ、下にもぐりシャーシブラックを吹いていると、新たに見つかる腐りが進行して穴が空いている or 空きそうな箇所 もう、見なかった事にしたいほどです 
作業途中、自分の車の現実に嫌気が差してスズキのHPにて、ジムニーの乗り出し価格を見積もってみると

最低グレードの5速マニュアルで130万後半 ぐぬぬぬ、また今度にするか・・・

金銭的な現実を知り、いまのジムニーに乗ることにします いつまで乗れるかなぁ
そんな訳でシャーシブラックを塗った下回り
DSCN3199_R.JPG

これでこの冬は乗りきれるかな
来年春は修理をしなければいけないかもしれない・・・
とりあえず修理箇所を思いつく限りまとめてみた

・リア、クロスメンバーの修理
・ボディーの板金、塗装(箇所は多い)
・下回りの板金、塗装
・下回り、ボディの防錆処理
・折れたアンテナ交換
・フロントガクブル病の修理
・折れたフロントスプリングの交換
・リア、ホイールベアリングの交換
・エアコン修理

多すぎんだろ (;´д`)トホホ…
posted by marchyoo at 21:11| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなにシャシブラ使うんだったらエスコ買ったほうが強い&安かったのでは…
まぁ、管スプレーは特有な塗りやすさはあると思うけど耐久性ないからなー…

とりあえず溶接せなあかんな…
Posted by どーなつ at 2015年12月12日 06:58
ついついム○シの価格にやられてしまったぜ・・・
来年は奮発してイケてる防錆塗料を塗りたいと思い今日この頃
Posted by marchyoo at 2015年12月17日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック