2015年10月30日

2015年 北海道ツーリングPart10

Part9からの続き

〜6月17日 曇りのち晴れ 移動距離274.1km 燃費26.8km〜
ルート 稚内〜天塩川
目が覚めテントを出てみると天候はまあまあ とくに急ぐこともないので朝食を済ませ、少しぼーと、してこれまた遅めの出発 どうもキャンプ場だと、ゆっくりしてしまい出発が遅れがちである でも、それも悪くはないと感じるのであった

さて、行き先はとくに決めてはいなかったので、稚内周辺をぶらっと見てみます
手始めに港へ向かうんだけど、ここでとりわけ目を引くのは、北防波堤ドームだと思う
DSC_9026_R.JPG

僕のなかで防波堤と言うとコンクリートのブロックを高く積み上げたものをイメージしますが、この防波堤はドームとなっているので防波堤の中を入ることが出来ます ただ、入るだけならなんの楽しみ見るものもないと思われまが...
DSC_9031_R.JPG
DSC_9028_R.JPG

古代ローマ建築を思わせる半アーチ型回廊が来た者の目を奪う (;゚д゚)
このように手がこっている作りをしているので、よってみる価値は大いにあったと思います 
外から見てみると、とっても長い 長さ427mは伊達じゃないかも
DSC_9034_R.JPG

近くに日本最北端の駅 稚内駅があったのでよってみます
新しくなっていて、とても綺麗
DSC_9041_R.JPG

そして日本最北端の線路
DSC_9045_R.JPG

稚内を回っていると、当たり前だけど最北端の〜 ものをよく見ます。 ここで最北端シリーズを見て回るのもありかも
昨日、海岸線を走ったので今日は国道40号線を使って内陸から下ってみます 
DSCN2588_R.JPG

開けた牧草地帯が気持い 
6月ですけどなんか、夏だな〜 と、思わせる雲 
DSCN2596_R.JPG

日差しも気持ちく良くどこまでも、行きたくなります どこまでも 
どこか、懐かしい気持ちにさせてくれる場面です (´・ω・`)

昼の時間も近づいてきたので、お昼にしようとします。 あらかじめ決めておいた丸勝亭という食堂でランチとしよう ここは初めて北海道に来た年に立ち寄った思い出深い食堂 それに肉厚なカツ丼は絶品だったと記憶している やべ、腹減ってきた
豊富町に入り曖昧な記憶をたどりながら食堂を発見 懐かしすぎる! しばしの感動

さて、バイクを止め入店〜☆ 
って、あれ? シャッターしまってんな... 早く来すぎたか? なんだこの張り紙は?

〜本日、休業〜



( ^ω^)oh・・・

ここは、次回の課題に... 課題にするんや!! orz

ここはセイコーマートによってピンチヒッター、ソフトカツゲンくんでエネルギーを補給 
DSCN2598_R.JPG

う、うまい!! 実はソフトカツゲンは初体験なのだ これも、覚えておこう
新しい北海道を一つ堪能して国道40号を下り多少早いがキャンプ場に到着
天塩川・リバーサイド(55A-4)
DSCN2621_R.JPG

ここは、フリーキャンプ場で温泉も近く便利 景色も小高いところにあるのでなかなか それに、美深歌登大規模林道も近いので、ここを拠点にダート楽しむにはもってこいな場所だ
キャンプ道具を下し身軽になった相棒でダートへ直行

途中道の駅でエネルギー補給
DSCN2599_R.JPG

普段、ソフトクリームなんて食べないけど、道の駅のソフトクリームって、とても魅力的である つい食べてしまう
看板も出てきたてライダーをやる気にさせます 
DSCN2604_R.JPG

そして美深歌登大規模林道に到着(55C-2)
DSCN2605_R.JPG

北海道を代表する林道ともあって長さ、景観など、どれも素晴らしいの一言に尽きる 本当に素晴らしい
本命の道ともあって夢中になってしまい写真は少なめです
直線多く走りやすい 木のアーチがこれまた気持い
DSC_9067_R.JPG

適度なコーナー、道幅広く路面もフラットともありライダーをその気にさせます ただ、車の通行は多いのでスピードの出しすぎには注意が必要
ここを登りきると函岳という全体が360°見渡せる頂がこれまた素晴らしい

のだが...
DSCN2611_R.JPG

積雪のため通行止め また、課題が増えてしまった orz
だけど、その後の道のりは標高を上がっていることもあり、この景観だけでも大変満足
DSCN2612_R.JPG

この、函岳を過ぎしばらく行くと路面は浮いているゴロ砂利に変わりハンドルを何回も取られた
DSCN2614_R.JPG

下ると道幅が広くなり、高低差がないハイスピードダートに変化
DSCN2618_R.JPG
DSCN2620_R.JPG

そして終点 そして、折り返して僕はキャンプ場に向かった 最後は景色を堪能しながら
この美深歌登大規模林道はもう一度走りたいと今でも思う

Part11につづく
posted by marchyoo at 22:35| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック