2015年10月16日

ゼファー750のタコメーターユニットを交換してみよう

以前に発覚したタコメーターの修復暦 /(^o^)\ナンテコッタイ 確かにそんな予兆はいま思えばありました
空吹かしすると一瞬だけ止まるタコの針 微妙にチリが合わないメーターカバーなど...

で、開けてみると
DSCN3033_R.JPG

ぼ、ボンドで修復されているだと・・・?! (゚A゚ )
悩みましたね このまま見なかったことにするか、Assy交換するか 本当に悩みました。 季節の変わり目で肌寒い中、ホットにするかくらい悩みました でも、中古は程度の割に値はるしな...


〜タコメーターユニット交換編〜

用意するもの
・10mmのソケットレンチ
・タコメーターAssy(純正品番 25015-1298)

勢いで頼んでしまったけど、やっぱり痛かったな...

先にメーターユニットを車体から取り外します 取り外し方は下記をリンクしてください

‘ゼファー750のメーターユニット(本体)を外してみよう’

メータ本体を車体から外したら、交換するメーターを単体にします これも下をリンクしてください

‘ゼファー750のメーター球を交換してみよう

ここからが本作業です
こんにちは新しいメーターくん
お値段2万6460円なり 痛いぜ...

先にメーター球のアダプタをメーターから外します 
左右の2箇所
DSCN2927_R.JPG

DSCN2928_R.JPG

メーターのカプラー類二箇所を外しタコメーターハーネスを外します
DSCN3027_R2.jpg

外れたタコメーターハーネス
DSCN3031_R.JPG

そんでもって10mmのナット二箇所を外してメーターブラケットからタコメーターユニットを取り外しておしまいです
DSCN3027_R1.jpg

交換後は針の一時的な止まりや、メーターカバーのチリが合わないなどの不具合は改善されました。 ただ、値段が高いのが痛いところです... orz

〜おまけ〜
メーターハーネスの取り回しの図
DSCN3027_R.JPG

DSCN3029_R.JPG

これがまた曲者で上手くハーネスを収納しないとメータカバーがはまらないのです...
posted by marchyoo at 06:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427688476

この記事へのトラックバック