2015年10月09日

ゼファー750のスピード、タコメーター球&インジケーター球を交換してみよう

スピード、タコメーター、インジケーター球交換って、やろうと思うと何気にめんどいっ… だけど、バイク屋さんに任せるよりも自分でやりたい!! そんな方のために見やすいようで見にくいメーター球交換手順を書いてみたのであります

ちなみにインジケーターとは、メーター下にあるウインカーランプ、ニュートラルランプ、ハイビームランプ、オイル警告灯ランプが入っているカバーのことです

僕もニュートラルランプが切れてしまったので、作業に取り掛かりましょうか
DSCN5688_R_R.JPG



〜メーター球交換編〜

用意するもの
・プラスドライバー
・口が細いプラスドライバー
・10mmのレンチ
・メーター球各種 
タコメーター 12V 1.7W T7
スピードメーター 12V 3W T7
インジケーター 12V  3W T6.5

ちなみにメーター球の読み方 
・最初の数字は電圧の値 Vは電圧のボルト (今のバイクは、ほとんど12Vなので間違えないと思います まれに6Vがありますので注意 )
・真ん中の数字は電力の値 Wは電力のワット (ワット数が大きいと明るくなります)
・最後はウエッジ球の種類(電球の種類ということ 外見が似てる物がありますが型番が違うものがあるので間違えないように)


さて、メーター球を交換します。
と、いきたいところですが、メーター球やインジケーター球はメーター本体を車体から取り外さないと球交換ができません... orz 
手間は取りますが、メーター球交換の下準備をしていきますヨ!

最初にヘッドライトのレンズ側を取り外します 
ここは、プラスネジ2箇所で止まっているので外します

右下側
DSCN5694_R_R.JPG

左下側
DSCN5693_R_R.JPG

プラスネジを外しましたらヘッドライトのリムを両手で掴み右へと回すと
DSCN5695_R_R.JPG

ガコッ とレンズが外れますのでヘッドライトのバルブに繋がっているカプラーを外しレンズを車体から取り外します
DSCN5696_R_R.JPG

上の画像のライトケース内に赤い棒状の物が見えますが、これは社外のリミッターカットです 

ライトケース内を見てみましょう 社外のリミッターカット等を入れていないと、このように配線でごちゃごちゃと収まっているのが見えると思います
この中にメーターへ繋がっている配線が3つあるので外します
DSCN5697_R_R.JPG

この配線はカプラーで接続されているのですが、カチカチ挟まりあって外れにくい時があると思います
そのときは先が細く平たいものを用意してカプラーの接続間に溝があるのでそこに、工具を入れ、こじってやると外しやすいです

とりあえず手元にあった先が平たいレンチのようなもの
DSCN5699_R_R.JPG

こいつを溝に入れてこじってやると、グッグッグとカプラが徐々に外れます
DSCN5702_R_R.JPG

メーターの配線のカプラー3つが外れたらスピードメーターケーブルを回して取り外し
DSCN2910_R.JPG

インジケーターの下にメーター本体を固定している10mmのナットが2つあるので、スパナ等で取り外します
右側
DSCN5703_R_R.JPG

左側
DSCN5705_R_R.JPG

そうしたらヘッドライトケース裏側から配線を抜き外しながらメーター本体を取り外します
DSCN5707_R_R.JPG


これでやっと下準備はおしまい 本題の方へ入りましょうか

メーターを外しましたらメーターカバーを外すのですが、タコ・スピード各メーター単体にしないとカバーが外れません なのでメーターを単体にしていきます
車体から外れたメーターユニット(本体)
DSCN2915_R.JPG

まず、メーター下にあるカーバーを外します プラスネジ一本で止まっています

DSCN2919_R.JPG

外すと配線などが見えてきます
初めにタコメーター側から外していきます スピード、タコどちらを先に外しても特に問題はありません
タコメーター側にある茶色の配線を外します
DSCN2920_R.JPG

茶色の配線を外しましたら、太い大元の配線をズラすと10mmのナットが一箇所出てきますので、これも外します
DSCN2921_R.JPG

そうしますとこのようにタコメーターが単体で外せるようになります
外れたタコメーター
DSCN2923_R.JPG

タコメーター単体になりましたらメーターのカバーを外します 裏を見ますとプラスネジが見えますので、これを外します
DSCN2926_R.JPG

ネジを外したらカバーを外します 
メーターカバーを外した図
DSCN2927_R.JPG

ここでやっと、メーター球を交換できます タコメーター側のメータ球は二箇所です
裏面左と
DSCN2927_R.JPG

裏面右の2箇所
DSCN2928_R.JPG

後はここを引っこ抜くとメーター球が顔をだします
DSCN2930_R.JPG

外したメーター球
DSCN2931_R.JPG

メーター球はウエッジ球の 12V 1.7W T7 
同じワット数、型番の物をチョイスして差し替えればメーター球の交換はおしまいです


続いてスピードメーター側
大元の太い配線をズラすと10mmのナットが一箇所あるので外します
DSCN2933_R.JPG

そうしますとスピードメーターが単体になります
単体になったスピードメーター
DSCN2934_R.JPG

次にトリップメーターを0kmに戻すツマミを外します
ツマミの真ん中にプラスネジがありますので、ツマミが回らないように抑えながらプラスネジを外しツマミをメーターから抜き取ります 
DSCN2937_R.JPG

外れたツマミとネジ
DSCN2938_R.JPG

ちなみに、このネジはサイズが小さいので精密ドライバー又はサイスが小さいプラスドライバーを使うと良いでしょう

今度はカバーを外しますので、裏にあるプラスネジを一箇所を外しカバーを外します
DSCN2940_R.JPG

カバーを外してメーター球を交換します
ここもタコメーターと同じくメーター球は二箇所です
DSCN2945_R.JPG

ここを引っこ抜くとメーター球が出てきますので、切れている箇所を交換します
DSCN2946_R.JPG

メーター球はウエッジ球の 12V 3W T7
同じワット数、型番の物をチョイスして差し替えればメーター球の交換はおしまいです 何気にタコ側とワット数が違うのが注意ポイントです

最後にインジケーター側
DSCN2948_R.JPG

インジケーターの外見は年式によって変わります 画像のものは2004年モデルのもの
インジケーター内の球を交換するにはブラケットを外します インジケーター裏側のプラスネジ三ヶ所を外してブラケットを外します
DSCN2949_R.JPG

インジケーター内にあるウエッジ球は5箇所 切れている箇所を外して交換します
DSCN2953_R.JPG

外した球
DSCN5712_R_R.JPG

右側は切れていたニュートラルランプの球 内部が煤けて黒くなっています

インジケーターの球はウエッジ球の 12V  3W T6.5
同じワット数、型番の物をチョイスして差し替えればメーター球の交換はおしまいです 何気にタコ、スピード側と球の種類が違うのが注意ポイントです

最後に交換したメーター球の点灯チェック
DSC_9525_R.JPG

これにてメーター球の交換はおしまいです


〜おまけ〜

なんと私のタコメーターは修復暦ありでした...
DSCN2936_R.JPG

DSCN2935_R.JPG

見事に割れているのがわかります。 黄色いのはボンドで修復した痕跡です
前からカーバーのチリがあっていないなぁと、思っていたらこんな展開になるとは・・・ orz

posted by marchyoo at 06:00| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427308127

この記事へのトラックバック