2015年07月06日

2015年 北海道ツーリングPart7

Part6からのつづき
思いっきり林道を楽しんだわけだが、クタクタである


〜6月14日 晴れ 移動距離226.1km 燃費28.7km〜
ルート ニセコ〜札幌〜雄冬

今日も目覚ましのアラームにて起床 外を見ると雨は振ってない 体が非常に重くだるい このまま、一泊しようかな、悩んだけど天候が崩れるみたいなので移動することに ふー...

朝食を済ませ昨日の林道で汚れを洗濯すべく、コインランドリーにGO
DSCN2467_R.JPG

一時間弱の休憩 今日はどこへ行こうか? ツーリングマップルを見ていると、近くに羊蹄山が展望できるポイントがあったのでここにするか!
洗濯物を荷台にくくりつけてある、ホムセン箱にぶち込み移動じゃ!

羊蹄山ビュースポット
望羊の丘(17 A-2)
DSCN2468_R.JPG

ここは小高い丘になっているので、羊蹄山が一望できました
DSC_8484_R.JPG

DSC_8503_R.JPG

ただ、雲が頂きにかかっており、なかなか全体を見せてくれませんDSC_8505_R.JPG

30分ほど粘ったが、ダメそうだったので移動 今度の宿題にするぜ!
空に浮かぶ雲が気持い
DSC_8492_R.JPG

DSC_8506_R.JPG

札幌に向かうべく、国道230号線を登る 途中、中山峠の旧道にアタック
DSCN2472_R.JPG

最初は山菜、たけのこ採り?の車が旧道に沢山止まっていたが、奥へと進むと道が悪くなり、車は皆無に
ところどころ旧道の名残を見受けられます
DSCN2473_R.JPG

DSCN2477_R.JPG

ここまで、四駆の車(マッドタイヤの痕跡から推測)のタイヤ痕が続いていたので、通り抜けができることを願う 
路面はマッディな箇所や立ち木、落石などが多々見られた
DSCN2476_R.JPG

DSCN2474_R.JPG

スマホの地図だと現国道まで、もう一歩のところで、立ち木により走破はできなかった 無念...
DSCN2481_R.JPG

で、そのまま来た道を戻り現道を渡り、札幌へ 
札幌へは特に用事はなかったけど、たまたま信号で引っかかった交差点で、ふと脇を見ると、札幌の時計台が見えたので、ついでがてらによってみました
ビルが立ち並ぶ中に、ぽつんとある時計台
DSC_8511_R.JPG

周りにはビル街が立ち並ぶ
DSC_8537_R.JPG

象徴の時計
DSC_8518_R.JPG

よく、がっかり名所と聞きますが、ビルが立ち並ぶ中にぽつんとあるので、確かに、おお!と、思うインパクトはかけます ですが、個人的には思っていたより建物自体に魅力を感じれましたので、行って損はなかったです
内部は入場料を払い入れます 入るか悩みましたが、せっかく来たので入ってみました
内部は資料館となっており、勉強になります
DSC_8519_R.JPG

個人的には展示してあった、時計台に使われている同じハワード社製の時計機械に見入ってしまいました
DSC_8526_R.JPG

DSC_8525_R.JPG

DSC_8531_R.JPG

一つ一つのパーツの動きがまた、良い 見ていて飽きません
さらば、時計台 ( ´・ω・`)ノ~バイバイ
DSC_8536_R.JPG

そして、キャンプ地を求めて日本海へ
DSC_8560_R.JPG

海岸線を走っていると、新日本名木100選に入ってりる千本ナラの看板があったのでよってみます
ここまでは、旧道を走ります 道は急勾配で、途中からダートに変わり、浮き砂利の九十九折の急勾配を登るのでオンロードバイクの場合は注意!
千本ナラ
DSC_8573_R.JPG

巨大なミズナラの大木が千手観音のように枝を四方に伸ばし、幻想的である
DSC_8583_R.JPG

DSC_8584_R.JPG

DSC_8597_R.JPG

健康祈願の木ともあって、しめ縄に、願いを書いたしゃもじが、無数にありました
DSC_8589_R.JPG

DSC_8588_R.JPG

ここを、あとにし近くにダートがあったので行ってみると、雲海が目の前に広がった
DSC_8627_R.JPG

DSC_8620_R.JPG

DSC_8623_R.JPG

美しい... 本当にこの一言につきます これだから、林道はやめられません
そして今日のキャンプ地である雄冬の野営場へ
DSC_8628_R.JPG

僕の中では焼肉のたれがブームでした
DSCN2488_R.JPG

我が家は焼肉屋さん〜☆


Part8へつづく?
posted by marchyoo at 15:29| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しませていただいてます。
林道?ダート?って、写真を拝見していても、孤独感満載で、トラブル遭遇率高そうで、ワタクシだと不安感に負けて、やめておこう!となりそうです。
恥ずかしい話、落石にサカイツツジを見にいった時に、そのあまりの静けさと、曇り空と、人けのなさに、
「もし、動けなくなるような、ケガをしたら、ミイラになってしまうな」
という、なんの根拠もない恐怖に襲われて、いそいそと、目的を果たさずに、引き返したことがあります。
根室から霧多布へ向かう途中での思い出です。
Posted by シャチホコ at 2015年07月06日 22:11
ぼくも車とバイクを合わせて数々の林道を走ってきましたが、パンク、スタック、崖から落ちそうになった... 遭難しかけた...幾多の失敗やトラブルに見舞われてきました。 正直、この時の心境は((((;゚Д゚))))ガクブル 状態です。これで一人だとなおさら... 笑

落石のサカイツツジはまだ、行った時がないので、気になります!
ぼくは、霧多布でキャンプをした時に、薄暗い霧の中、僕一人でした。いかにも何か出そうな雰囲気、そしてデカイ鳥が何匹も周りに居たので、なおさら恐怖心に襲われました。 いま、思えばなんの危害も加えない野鳥だと思いますが、あの時はハンターに見えてこわかったです 爆
Posted by 管理人 at 2015年07月07日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック