2015年07月04日

2015年 北海道ツーリングPart5

Part4からの続き
天候に恵まれ観光や林道を満喫したのであった ⊂(^ω^)⊃ブーン


〜6月12日 快晴 風強い 移動距離121.6km 燃費27.6km〜
ルート 島牧村〜ニセコ

朝起きると、霧が一面を覆っていた
DSC_8363_R.JPG

野宿をしたところが、海岸ともあり霧がなかなかさってくれない。 きっと昨日、見た雲海の中に今いるのに違いない。 雲海を見るのはいいけど、中というのはあまり良いものではないと思った 寒いし景色見えない ('A`)

朝食を済ませ僕は海岸を後にした
途中、セイコーマートによってコーヒータイム 近くに昔懐かしのポスト発見
DSCN2377_R.JPG

色はあせていたが、それなりに手が入っていそう 
コーヒーも飲み終わり先を行くが、もう、本当に霧がね... 本当は積丹ブルーを見る予定でしたが、霧が嫌になったので晴れてそうな内陸に逃げることに
道道523号線を上がっていく そうすると霧が晴れ青空に 
途中展望が良い場所があったので、ふらふらっとよってみます
DSC_8368_R.JPG

人工物が無く開けた景色があるのが北海道の良いところ 正面の山は名前は分からないけど、山頂付近にまだ雪が見えました
ここから、海の方を見ると見事な雲海
DSC_8372_R.JPG

どうやら、あそこから来たらしい。 こう見ると本当に雲ですねぇ 見るのはいいけど、はsh(ry
晴れた空は気持い!!
DSC_8386_R.JPG

そういえば、ここいら付近に、こんな注意書きが...
DSCN2380_R.JPG
DSCN2381_R.JPG

やはり広大で平坦な地形、野生動物などによるものだろうか このような山菜採りに対する注意書きは、これから先に行く林道に、多々見られました

この道の頂上付近に風車があったので行ってみたり
DSC_8394_R.JPG

DSC_8393_R.JPG

風が強かったので結構な勢いで回っていました
風車って間近で見ると ブオンッ ブオンッ と、結構な音がします シーンによっては不気味に聞こえるかも
風車をあとにし先をすすむ。 路肩で巨大な蛇が...
DSCN2382_R.JPG

合掌...  ちなみに僕は蛇が大苦手 破から出てくると、悲鳴を上げるタイプです あの、色と鱗、動きが... 
しばらく走ると道の駅があったのでよってみることに
道の駅 くろまつない
ソフトクリームがあったので北海道初ソフトを食べることに
DSCN2384_R.JPG

店員さんが慣れていないのか、形はちょっと... です。 でも、こういうのは美味しければ良いのです! 美味しいよ! 北海道のソフトクリーム!!
まさかのダブルコーン
DSCN2385_R.JPG

これは、ついています Σ(゚Д゚)
ソフトクリームも堪能したので、ダートへ
町道水上立川線(16 D-6)
標識がないので起点は本当にわかりにいかも
DSCN2386_R.JPG

最初は草が多め
DSCN2388_R.JPG

景色よし!
DSCN2390_R.JPG

いや〜 本当に気持ちがいい ⊂(^ω^)⊃ブーン
DSCN2394_R.JPG

終点
DSCN2397_R.JPG

ダートの距離は12kmほど 路面は深砂利なところ有り 
林道を抜けるとニセコの山が見えてきました
DSC_8398_R.JPG

ニセコで見つけた看板
DSC_8400_R.JPG
DSC_8401_R.JPG

試される大地... これから先、何が待ち受けているのか (;゚д゚)ゴクリ…
ニセコの山々を伝っている道を進み大湯沼へ
DSC_8404_R.JPG

沼全体が温泉になっている大湯沼 周囲を遊歩道でグルッと回れるが、硫黄の煙がすごいです
DSC_8417_R.JPG

DSC_8424_R.JPG

場所によっては硫黄のガスが勢いよく噴出しているところもありました。 この大湯沼がニセコ湯元温泉の源泉になっているとのこと
どちらかと言うと、この先にあるニセコ小湯沼が目的地でしたが、道がわからなかったため断念
とりあえず先へと 標高を稼ぎ展望もGood
DSC_8434_R.JPG

近くの温泉付近で見つけた残雪
DSC_8443_R.JPG

まだ、結構な量が残っているもんです 
山頂にストーンヘンジらしきものを発見!
DSC_8455_R.JPG

ただの岩の模様
DSC_8452_R.JPG

だが、それが良い
下りは羊蹄山を一望
DSC_8458_R.JPG

富士山に似ている姿から蝦夷富士とも呼ばれるらしい 確かに初めて見たときに思い浮かんだのは富士山でした
今日は羊蹄山が目の前に見えるキャンプ場にてキャンプ
DSC_8461_R.JPG


Part6へつづく?
posted by marchyoo at 10:16| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しませていただいております。
前回、記事のあの夕日。
その場で、見たら・・・・
すごかったでしょうね。

予期せずして出会う、息をのむほどの美しいものって、うまく表現できないのですが、「いったい、なんなんだこれは」という感動に加え、なにか涙がでるようなせつなさというか、不思議な感情におそわれます。

日程上、遅い時間にしか行くことができなかった、神威岬。積丹ブルーも感動はいまいち。
「宿題にすっか」とあきらめ、ついでに宿題にするけど、いちおう寄ってみた、積丹岬。
そこで見た、沈みゆく夕日に、涙がでそうになりました。
予想外の感動は、胸に浸みます(笑)

生命の危機を伝える看板、地元の人間じゃなくても、わかるような、その原因を、一応、伝えて欲しいです。
気になるじゃないですか。
クマなのか、毒蛇とか、蜂とか・・・・

Posted by シャチホコ at 2015年07月06日 21:42
拝見どうもです!
本当に偶然にも、であってしまう風景には心打たれる物があります。 私も表現を上手く言葉にできませんが、その時の心境は何とも言えないものがあります。

ぼくも、ついでがてらに行ったところでまさかの! めぐり合わせがあったので本当に行かないと分からないものだなぁ と、しみじみ思いました 爆

ぼくも、この看板を見たときに原因がなんなんだろ?と、不思議でなりませんでした。 遭難なのか、野生動物によるものなのか... 気になります
Posted by 管理人 at 2015年07月07日 07:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック