2015年07月01日

2015年 北海道ツーリングPart3

Part2からの続き
前回のあらすじ
深夜の国道を北上し、なんとか目的地の秋田市に到着したのであったが、疲労困憊でネカフェに逃げ込んだのであった

6月10日 晴れ 風強し 走行距離?km 燃費28km
ルート 秋田市〜白神山地〜青森港〜北海道〜函館

リズミカルな音と、ともに目が覚め、僕はアラームをかけていた、iPodを探した どうも体が痛い
やはり、 夜通し走った疲れが体に来ているのか・・・ 時計を見ると朝の10時である 朝一発の一服を終え、お会計を済ましジェベルに跨り先を行くのであった 今日には北海道に上陸したいぜ・・・!

新潟から走っているので距離は乗っているが、リザーブには入っていないので給油を入れるか考えたが、市街地ならガソリンも安かろう そんな訳でセルフで給油
一リットルあたりの値段は128円 ・・・?! 安いΣ(゚Д゚) 地元から比べると10円ほどの差があるとはな... 燃費を計算すると28kmと悪くない数字 フヒヒ これなら400kmは無給油は硬いな このバイクに乗ってからは給油所を探すのにハラハラする回数が減ったのが救いです ただ、その分、無理して走る距離が増えたのも事実 orz

国道を走っていると、コンクリート作りの面白い建物を発見 
DSCN2238_R.JPG

なんか両国国技館とサグラダファミリアを混ぜた印象的な建物でした たしか体育館だったかな?
近くに大規模な石油基地らしきものが、あったので、ガソリンが安かったのはこのせい?
DSCN2239_R.JPG>

雲行きは分からないけど、とにかく気持い! ⊂(^ω^)⊃ブーン
DSCN2240_R.JPG

のどかな、田舎道を走ると、気になっていた林道があったので、走行
雨上がりなのか、水たまりがちらほら
DSCN2244_R.JPG

溝もなかなか
DSCN2245_R.JPG

フヒー 流石に積載でのダートは疲れるな (;´д`) だけど、景色もいいし入ってよかったかも
時折、開けたポイントもあり気持ちが良い
DSCN2247_R.JPG

だけど、ところどころ路肩が崩落しいるので、気は抜けない。 初日からトラブルは避けたいぜ!
DSCN2246_R.JPG

しばらく走ると沼発見! なにかいそうだな... 試しに、きゅうりでも置いておくか! 爆
DSCN2249_R.JPG

途中、田んぼに接続 とてものどかです ( ・∀・)イイ!!
DSCN2255_R.JPG

なんか、悪名高そうな名前の林道に遭遇
DSCN2256_R.JPG

ふぇぇ こんな道いきたくないよぉ
今思えば突撃しておけばよかった orz

この林道を抜けると白神山地の森林を走る林道があったので、そちらに突撃
入り始めは道がとてもGood! 走りやすいで!
DSCN2267_R.JPG

川を跨ぐ林道を走ると、高確率で古く、くたびれている橋があります
DSCN2269_R.JPG

自然と道にマッチしているので、古い橋は割と嫌いじゃないです。ただ、ちょっとスロープがアレですが・・・ だが、それも味が出ていてイイ!
川からマイナスイオンも注入 でるわけないかw
DSCN2268_R.JPG

大木が何本も打ち上げられているのを見ると台風か何かの影響だろうか?
付近に怪しい厠らしきものもアリ!
DSCN2272_R.JPG

しばらく進むと工事中で断念
DSCN2273_R.JPG

ここは、抜けたかったが・・・!! またの、課題にしよう!
この林道を後にし、白神山地を走る県道を使い本州最北になる青森に突入しようとしたが、なんと通行止め!
しぶしぶ、引き返す
なんか吊り橋を発見
DSCN2275_R.JPG

アップ
DSCN2276_R.JPG

デンジャーすぎんだろ ヮ(゚д゚)ォ!
先を急いでいたので、ここも未調査・・・ とりあえず、やばそうなのは分かりました (;´д`)
道の駅で休憩 ふー 疲れたぜ 白神山地を満喫できなかったので、今日中には北海道に上陸したいな〜
スマホでフェリーの時間を見ると、距離的にギリギリ 行けるとこまでいって、間に合わなかったら満喫探して、翌日に上陸するかな

しばらく国道を走り目的地、青森港に向かいます
曇ってなんか好き 形が変わるし、見ていて旅してるなー って気持ちになる
DSCN2281_R.JPG

ブロロロロー
DSCN2286_R.JPG

青森港までもう少し!
DSCN2287_R.JPG

出航までまで20分! ギリギリセーフ ;´Д`)=3 フゥ
誘導員さんの指示に従い駐車、ハンドルロック 客室へGO! 初めてフェリーに乗った時は、騒音で誘導員さんの声が聞き取れず何回も聞き返したのが懐かしい

客室は二等なので雑魚寝の大広間 これがまた、旅感が出ていいのです。 欲を言えば寝台がいいけど、節約節約! ちなみに僕が乗船した ‘えさん2000’ には、寝台はありませんでした 津軽海峡フェリーには当たり外れの船があるとは耳にしていましたが、僕が乗ったのは… 察してください (´;ω;`)

でも、疲れていることもあり函館港までは爆睡zzz
アナウンスと、ともに起床 体が寒すぎる ((´д`)) 何も羽織らないで寝ていたので、まじで、体が冷えました
そして愛車へ
DSCN2290_R.JPG

ついに北海道に上陸か... テンションが一番上がる時ですね!
そして上陸! てか暗!!
DSCN2291_R.JPG

時計を見ると23時... なんか、沖縄に上陸した時と一緒なパターンになりそうな (;´д`)

そんなことはないぜ☆ こちとら、0円マップル(2年前のもの)があるから心配ご無用なのである 
DSCN2292_R.JPG

スマホのナビも使えば無敵じゃああぁぁぁあああ!!
ふむふむ… 少し行ったところに、無料キャンプ場があるな… ここにいくか!
ナビをタンクバックに忍ばせナビゲートスタート
行くべ!
DSC_8196_R.JPG

港を過ぎ寒さが体に染みる海辺を( ´・ω・`)ノ~バイバイ  本当に冷える((´д`)) 毎度のことながら、これが北海道か… 再確認させてくれる寒さです

海を過ぎると山に入った しかも人里離れ、暗い道を延々とすすむ。 途中に北海道定番のヒグマ注意!の看板が出てきます。 見慣れてきてはいますが、時間も時間で場所も場所なので焦りや不安が頭をよぎります
てか、本当にキャンプ場あるのかなぁ... しばらく不安になりながら、進むと薄らと光る外灯を発見
どうやら、キャンプ場についたようだ ふー 
ただ、時間と山奥ともありめっちゃ怖い ((;゚Д゚) せめてもの救いでテントが1張りあったのが心強かったです
すぐさま、寝床を確保
DSC_8201_R.JPG

寝ようと考えたが、どうも腹が減ったので簡単に食事をすまします
沖縄ツー以来のキャンプ、そして自炊 怖いけど楽しい、ひととき
H1.jpeg

フッヒー! インスタント麺うまし!! 食後のコーヒうまし! タバコうまし! そして寝るzzz
ちなみに、北の大地の動物の鳴き声と風でざわつく木々の音でガクブルで寝付いたのは、ここだけの秘密


Part4へつづく?

posted by marchyoo at 22:57| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツーリング記、画像、文章、ともに引き込まれて何度も読んでます。楽しませていただいてます。
しつこくコメント書き込んでばかりでは、ご迷惑おかけして申し訳ないので、少し、控えさせていただきますね。
最後に、ひとつだけ・・・・
大事なデジカメのバックアップが見当たらず、2010年の北海道ツーリングは、当時のブログのバックアップ画像しか見当たらないのです。
当然、ブログ用の画像なので、プライバシーを侵害するような画像はなにも残っていない(=人物やほかの人のバイクが映っていない)ので記憶だけですが、支笏湖のライハの駐輪場で、となりに黒に金ラインのゼファーいませんでしたか?
ワタクシの隣に、管理人さんのバイクに似たバイクが停まっていたような気がすごくするのです。
たくさんのレトルトカレーを縛り付けていたような・・・・
問題あるようでしたら、このコメント消してください。
Posted by シャチホコ at 2015年07月03日 01:07
いえいえ、とんどでもないです。気軽に書き込んでください。
たしか隣に並んでいた、ゼファーは黒金ラインの火の玉だったと記憶しています...? ですが、記憶がうる覚えなんで間違っていたらスミマセン!
’たくさんのレトルトカレー’ 懐かしいです! 確かに縛り付けていました 爆

まさか、こんな形での偶然の再開があるとは僕自身思ってもいませんでした! ブログをやっていてよかったと思う限りです!
あの時に短い時間でしたが、ゼファーに関してのお話や帰ったあとの洗車のお話をしました。 

その話の中で今でも僕の心に残っているのは、
「帰ったら北海道で汚れた愛車を洗車しながら、よごれの一つ一つを落としていき、その時の思い出を思い出すだよなぁ〜、」
*僕の記憶ですので、話のニュアンスは少し変わっているかもしれません

今まで、いろんな所を旅に行き、沢山の方と出会いお話をしました。ただ、僕もメモや日記を細かく、まとめるタイプではないので、時間とともに記憶が曖昧になっていきます

ですが、この時の、お話は今でも僕の心に確かに残っています。 
この時の洗車の、お話が僕にとってのバイクに対する思いやり方、バイクに対する楽しさを一層に深くしてくれました。 
なんか、洗車のお話になってしまいスミマセン 汗

ただ、このときの出会いがなければ、僕はバイクを今、以上に可愛がっていなかったかもしれません。

最後に、コメントの中で僕がシャチホコ様自身のプライバシーに関することを、書いていますので、差し支えないようでしたら、返信お待ちしています
Posted by 管理人 at 2015年07月03日 16:15
車検でのゴタゴタという理由ではありましたが検索してこちらにたどり着けて本当によかったです。
キリンガラナの画像の後ろのジャケットを着た特徴ある髪型(笑)の彼が管理人さんでしたか。ワタクシ、あのC8のAMAブラックのゼファーです。
実年齢もさることながら髪型がよけいに管理人さんを若く見せ「この青年は、これからたくさんバイクに乗って、たくさん旅をして、たくさん思い出を作っていくんだなぁ」と、うらやましくも、同じライダーとして、この先すべての管理人さんの旅の無事を祈ったものです。
ゼファーが縁で再会できたことが本当にうれしいですし、
なにより、なにより、ほんの少し話しただけとはいえ、同じ乗り物で同じ大地を旅した、歳の離れた仲間が、こうして、無事に旅を重ねていることを、ブログを通して確認できたことが、すごくすごく嬉しいです。
管理人さんの、これからの無事と充実した日々を、ブログを拝見しながら、ずっと祈り、応援しています。
追記
コメントは、ぜんぜん気になさらないでください。
これからも引き続き、ブログを拝見して楽しませていただきますので、どうぞよろしくお願します。そして、
本当にありがとう。
Posted by シャチホコ at 2015年07月03日 22:21
ぼくもコメント読んでいまして、あのライハでの短い会話が鮮明に蘇ってきました。 本当に懐かしいです。楽しいひとときでした 僕もこうしてお話ができたことに感謝です!

まさか、このような形で再開できるなんて... 奇跡ですネ!

ぼくも同じライダーとしてシャチホコ様の健闘を祈ります! (`・ω・´)ゞ

僕のブログは不定期更新がちですが、こちらこそどうぞよろしくお願いします。
Posted by 管理人 at 2015年07月04日 10:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック