2014年11月25日

2014年 九州、沖縄ツーリングPart6

10月21日 道の駅 鯛生金山(大分県)〜大観峯(熊本県)

・前回からのあらすじ
佐世保バーガーで火が付いた私の食欲。 次なるモノを食すため、お店に行くがまさかの定休日! 泣く泣くコンビニでハッピーターンアイスを食べるのであった /(^o^)\ナンテコッタイ

翌朝 野宿をした道の駅 鯛生金山
DSCN0808_R.JPG

朝霧が体に染みる。 無事に起床できたことに感謝 今日もがんばってー行くぞ〜 でも、お腹の様子が変な気が・・・  
荷物をまとめて出発
朝日が、きんもちぃぃいいい! 缶コーヒーうまし! やっぱり山はいいな!!
DSCN0812_R.JPG

紅葉も始まっていました
DSCN0811_R.JPG

しばらく朝霧の寒さに打たれながら道を進み南小国町に突入 この頃、下腹の違和感に気づいたが、まだイケそうなので放置しておいた
 牧草地帯の景色を楽し見ながら爽やかな朝を楽しむ。 ひゃっほう! まるで北海道のようだぜ! この時、頭の中では 「大自然最高!!」と、叫んでいました。 

⊂二二二( ^ω^)二⊃ | / ブーン

ここまで何回か波は来ていたが、そこまでだったので大丈夫だろうと、またしても放置 俺氏、切羽詰らないっと動かないのである

途中、展望が開けていたのでパシャリ
DSC_5485_R.JPG

DSC_5489_R.JPG

すげぇ・・・ 地面との分かれ目がはっきりとわかる。 大地の力に魅了されシャッターを切りまくるが、ここで僕の下腹がこれでもかっ! て、ほど力強く異常なまでの波を打つ  どうやら限界が来たようだ。シャッターを押す余裕さえない やばい。目の前に立ちはだかる強大な大地に飲み込まれそうだ 

 とりあえずカメラをしまってと・・・ うおっ! 波の周期がリアルタイムに早くなってきたようだ。 なんかさっきから変な汗と震えが止まらない。 こりゃぁマズイな・・・ 長く短い時間がグルグルと頭の中を過ぎる、もしもの時どうするか、緊急時はどうするか、昨日の夕飯何を食べたとか、こんな事を考えていても時間は過ぎていくだけであり、全然答えになっていない と、いうかこの状態になったら答えはもう出ているに等しい

「今僕は決断を迫られているのだと」

・一つは数キロ先にあるかわからないトイレに無事に駆け込むことができ、この危機から無事に脱出できるか
・最後の一つはここで大地と、ともに身も心も委ねるか・・・ 

助かる道は二つに一つ

爽やかな風が僕の頬を撫でる。とても気持ちが良い この時僕の中で心が決まった

 
「そうだ、大地と一緒になろう」
 

決心が付くと不思議と落ち着くものである。 最後にしたのも二年前の九州の林道だったよな・・・ 思い出に浸る余裕さえあるのは本当に不思議 
僕は丁寧にくくりつけられているホムセン箱を慌てることなく開けポケットティッシュを探すが、

無い

 
それでも慌てずにジャケット、ズボンのポケットを探すが

無い。


 そりゃ、普段ポケットティッシュやハンカチを持ち歩かない私が入れるはずはないか・・・ はははは〜





やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい(ry

汗なのか、こんにちは、しちゃったのか分からないほどシットリしているお尻を抑えて血眼になって地図を見る
と、近くに、こんなのを発見

「 〜大歓峯〜 多くのライダーが訪れる絶景の休憩所 ここに来ずして阿蘇は語れない!!」 

ああっ! ここまで、煽られれば行ってやろうじゃねぇか! う○こマンのフィナーレに丁度よさそうじゃああっぁぁぁあああ!!

到着。トイレまでなにげに歩く まだ間に合うはずだ

ガチャリッ 使えるトイレは一箇所しかないようだ
コンコンコン・・・  「入ってるよ〜」 \(^o^)/

こうなりゃ女子トイレにいっそのこと・・・ だが、誰かに見られた時こそ \(^o^)/オワタ

どうやらゲームオーバーのようだ ここまで良く頑張ったオレ・・・ ふーっ・・・

\(^o^)/オワタ 



posted by marchyoo at 13:24| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州、沖縄ツーリング2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック