2014年11月14日

2014年 九州、沖縄ツーリングPart3

10月18日 晴れ 道の駅北条公園(鳥取県)〜出雲大社(島根県)〜石見銀山〜道の駅 ゆうひパーク三隈

・前回のあらすじ
台風も去り、絶好の旅日より 南に進路をとり観光地などに足を運ぶのだが、単身で観光地に乗り込むのも辛いものがあったのだった・・・ (´;ω;`)

〜翌朝〜

昨晩、野宿したのは道の駅北条公園

朝焼けが眩しい・・・ 天候はよさそう!
DSC_5118_R.JPG

テントを片付けて出発〜
DSCN0783_R.JPG

出発するとすぐ近くに道の駅があるのだけど(名前は忘れた)そこは名探偵コナンをプッシュしていたと記憶しています たしかコナンの作者の出身がこのあたりだとか 後日談

高速の無料区間やバイパスを使い順調に進む 目的地は出雲大社 だが、流石に朝は寒い ((´д`))
看板やツーリングまっぷる、スマホを駆使すれば、目的地には迷わずにつけます。(大嘘) しかし便利だ!

道に迷いながらも何とか鳥居を発見
DSCN0784_R.JPG 

これをくぐって・・・
DSCN0786_R.JPG

目的地に到着〜 (=゚ω゚)ノ〜
DSC_5121_R.JPG

駐車場にバイクを止め カメラチェック
空が青い
DSC_5120_R.JPG

先ほど通った場所が正面なのか? とりあえず戻る
もう一度パシャリ
DSC_5134_R.JPG

それにしても空が青く気持ちが良い
休日ともあり参拝の方は大勢いました。 参道をひたすら歩く 木漏れ日が気持ちが良い
DSC_5140_R.JPG

DSC_5142_R.JPG

境内には神事に使うもの?や祀られているもの、神話関連のものも多数有り好きな人は好きかも
DSC_5147_R.JPG

DSC_5149_R.JPG

あと、出雲大社の私の中のイメージでは、太くて巨大なしめ縄のイメージが大きい あと、学校の社会科の教科書に乗っていた、めちゃくちゃ高い御本殿・・・ 古代の御本殿はさておき、しめ縄は、さてどこにあるのだろうか?
むむむ・・・ あれか?!
DSC_5150_R.JPG

近づくと・・・
DSC_5157_R.JPG

まさに・・・これに間違いない!! って、なんかイメージより小さいような気がするが・・・? ま、せっかく来たんだしお賽銭入れて願い事をする 
 なんか、拍子抜けするなぁ (´・ω・`)
折角なんで交通安全のお守りも購入し境内をぶらり
DSC_5162_R.JPG

DSC_5166_R.JPG

DSC_5170_R.JPG

近くに歴史館があったので、ここにも立ちより、いい感じに、お腹一杯 さて次なる目的地に行くか!
 ふと、周囲を見渡すとツアーと思わしき団体の人群れが、行ったことのないところへ向かっている
これはなんだ? なんかあるんかな? とりえず着いて行く すると・・・


        ど〜ん

DSC_5176_R.JPG

DSC_5180_R.JPG

この時、心の中でツアーの方に感謝したのと先ほどのイメージ像が吹っ飛んだ
 一言でいうと ((((;゚Д゚))))でけぇ・・・
もう、いっかい参拝をやり直したのは言うまでもない 

さて、出雲大社をあとにし海岸線をひたすら下る 景色、海風がとても気持ちが良い 季節が季節なら海水浴でもしたいくらい

 昼食は、すき家の牛丼特盛 腹ごしらえOK 出雲大社でそばでも食っていけばよかったかな orz
道中、世界遺産石見銀山!! と大々的に看板が立っていたので世界遺産だから言っても間違いないだろ? そんな感じで寄ってみることに
バイクを置きバスに乗り込むが発券機が故障? しているのか券が出なく焦る (´д゚`ll)
同車していた人に聞いたところ、どうやら券はでないらしい 自分以外に乗った人も券が出ないのに戸惑っていたので乗る際は注意しよう

バスを降りて観光スタート (゚Д゚)ノ
DSC_5193_R.JPG

近くにお寺があったので行ってみる
DSC_5206_R.JPG

ここで、お金を洗うといいとか
DSC_5201_R.JPG

隣に熱々のカップルがいたが、そんなの気にしないでお金をシコシコと洗う(´;ω;`)
 お寺の向かい側には、洞窟内部に、お地蔵さまが200体ほどありました 一つ一つ表情や容赦が違うのと、取り囲むように置いてあるので迫力MAX 洞内は撮影禁止だったので写真は無し
DSC_5198_R.JPG

DSC_5202_R.JPG

後は古い町並みを見にブラブラと歩く 付近には貸自転車なるものがあった みんな借りているけど、ここは健康第一に歩くことに 後に後悔することに・・・
しばらくノスタルジックな世界へ
DSC_5213_R.JPG

DSC_5215_R.JPG

この建物に使われていた瓦はだいぶ古いものだと思うんだけど、手が込んでいると思う
DSC_5218_R.JPG

昔に使われていた飾り瓦だろうか?
DSC_5233_R.JPG

しばらく歩く

DSC_5220_R.JPG

DSC_5223_R.JPG

DSC_5227_R.JPG

DSC_5231_R.JPG

タバコ屋さんを発見
DSC_5252_R.JPG

昔のパッケージのタバコ
DSC_5253_R.JPG

ここで採掘された鉱物かな?
DSC_5226_R.JPG

文化財に指定されている建物も見学ができる
DSC_5238_R.JPG

DSC_5251_R.JPG

SHI・MA・NE・KEN
DSC_5259_R.JPG

町の離れにあった社を訪れる 参拝は私だけのようだ
DSC_5275_R.JPG

これで、町並みおおよそ見終わったことだし、お目当ての坑道跡にいくかな〜 さてさてどこだ?
パンフレットによると神社がここだから炭鉱跡は反対側? 距離にするとおおよそ1.5kmかぁ 遠いな
 とりあえず健康のためにひたすら歩くゾ! 町並みを過ぎ貸し自転車で疾走するのを横目に見ながらひたすら歩く歩く歩く・・・ マジで遠い 汗  自転車借りるべきっだったな・・・ orz
 道中、社があったが先を急いでいたので写真だけ撮って後にする 
DSC_5281_R.JPG

いい感じに寂れていて雰囲気がある もうちょっと寄ればよかったなぁ
坑道跡までの道のりに最盛期時の坑道(間歩)跡が多数存在する 
DSC_5286_R.JPG

DSC_5319_R.JPG

数にすると数百箇所あるとのこと 山全体に渡り掘削されていたらしい 
 採掘される前は露出していた鉱物が輝きを放ち、洋上で航行していた船から見えるほどだったとか なんか、浪漫を感じる物があります
物思いにふけながら、間歩の中でも一般公開されている龍源寺間歩に到着 ふ〜 遠かった
DSC_5282_R.JPG

いざ入洞!
DSC_5283_R.JPG

中は当時の雰囲気を活かしていい感じ
DSC_5288_R.JPG

だが、その後はなんの変哲もないまま地上に出るのであった てっきり佐渡金山のノリで行ったのだが蝋人形や採掘道具なども無い ただ、坑内を歩くだけ う〜ん 少しがっかり
 さて、ここまで片道40分ほどかかったわけだが、帰りが長い・・・ 同じ道を辿って帰るのも何なので、山伝いに遊歩道が通っているので、そちらから帰路に着くことにします
 またしても興味をそそる社を発見
DSC_5295_R.JPG

本殿
DSC_5302_R.JPG

苔がいい味出しています まるで仙人亀のよう
DSC_5299_R.JPG

紅葉が少し始まっていました
DSC_5303_R.JPG

社を後に そういえば南下するにつれて南国風な植物を目にすようになってきました
DSC_5306_R.JPG

ぬおっ 猫発見!
DSC_5307_R.JPG

少し癒しをもらいました 
かえって、山側を歩いたほうが史跡などが多数あるのでお勧めです
DSC_5311_R.JPG

この子は、なかなかファイダー内に収まってくれませんでした 
DSC_5326_R.JPG

清水精錬所跡
DSC_5333_R.JPG

DSC_5342_R.JPG

DSC_5344_R.JPG

DSC_5346_R.JPG

DSC_5347_R.JPG

DSC_5341_R.JPG

まるで、お城のような城壁 圧巻! 間歩よりこちらのほうが迫力あるかも
(´・ω・`)やあ、こんにちは 
DSC_5351_R.JPG

帰りは猫を結構見かけました。 首輪がないので野良だろうか?
なんだかんだ、見て回っていたら5時間程滞在してしまった ほとんど歩きっぱなしで疲れたなぁ
石見銀山を後にし、休息ポイントを目指し道を突っ走る 途中、コンビニで夕食を調達

道の駅 ゆうひパーク三隈で野宿 テントを張りひと休憩し夕食
DSCN0788_R.JPG

おにぎりおいいしい 
DSCN0791_R.JPG

どうでも良いが、シーチキンマヨネーズ派である

posted by marchyoo at 20:03| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州、沖縄ツーリング2014年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック