2013年12月10日

ゼファー750のハンドルを外してみよう

ハンドル交換や調整等で着脱するハンドル そんな工程を書いてみました

〜ハンドル着脱編〜

用意するもの
・プラスドライバー
・各サイズのソケットレンチ
・六角レンチ

*注意 ハンドルの位置を触るのでポジションの変化や最大にハンドルを切った時のタンクへの接触に注意しましょう

タンクは外さなくても作業は行えますが、外しておいたほうが作業はしやすいです 傷つけると嫌なので・・・
タンクの着脱はこちらをリンクしてください

‘ゼファー750のフューエルタンク(燃料)を外してみよう’

下準備が終わったらハンドルを外していきます
その前に現ハンドルのポジションをマジックなどでマークをつけておきましょう 
Zep750h2.jpg

これによってポジションを変更するときの目印となります
そうしたらハンドルスイッチ左右を外します スイッチボックスは裏側プラスネジ2ヶ所止め
Zep750h3.jpg

スイッチボックス右
Zep750h4.JPG
Zep750h5.JPG

こちらを外すとアクセルにつながるケーブルがありますが、外す際にケーブルの位置を覚えておきましょう
Zep750 C3.JPG


スイッチボックス左
Zep750h6.JPG

こちらにもチョークケーブルがあります。 チョークレバーを紛失しないようにしましょう
次にブレーキ、クラッチレバーを外します 両方共、六角ネジ2ヶ所止めです
Zep750h7.jpg

これもマジックで目印を付けておきます 
最後にハンドルを固定しているボルト4箇所を外し作業はおしまいで
Zep750h8.JPG

組むときにブレーキ、クラッチ、ハンドルポジションの確認を行い調整して作業はおしまいです

posted by marchyoo at 21:50| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック