2013年11月21日

ZRX400のフロントフォークを外してみよう

SDカードを整理していたら書こうとして書かなかったZRX400のフォーク着脱画像が出てきたので名残惜しみながら工程を書く事に

フロントフォークを外すことによってフォークオイル、ステアリング周りの整備、交換ができるようになります

〜フロントフォーク着脱編〜

用意するもの
・ヘキサゴンレンチ(六角レンチ)
・各径のソケットレンチ

初めにフロントホイールを外します これは以前に書きましたので下をリンクして参照してください

‘ZRX400のフロントホイールを外してみよう’


無事にホイールは外せたでしょうか?
ホイールを外しましたらフロントフェンダーを外します 画像は撮り忘れたのでありません(汗)
フェンダーはアウターチューブ(フロントフォークの下)左右に2箇所づつ、計4個のボルトで固定してあります

アウターチューブ左右にあるブレーキホースのブラケットも忘れずに外します
DSC_3939_R.JPG

そうしたらステム側のボルト3箇所を緩めフォーク本体をステムから外します
DSC_3940_R.JPG

余談ですが、ステムに限らず部品の名称って呼び方が複数有りどれを使えばいいのか迷いますよね
例、ステム 三つ又 トリプルツリー などなど 
外れたフォーク
DSC_3943_R.JPG

外したらインナーチューブに傷がつかないように注意しましょう もし傷がついてしまった場合は細めの耐水ペーパーやオイルストーンで何とかするることは可能です
外したフォークは逆手順で組んでいきましょう

組む時の注意事項ですが、インナーチューブトップとステムヘッドが面一になるようにしましょう 左右同じようにしないと走行時に支障が生じるので要注意です
DSC_3942_R.JPG

最後にケーブル、ハーネス、ホースを正しく通してハンドルの動きを妨げないようにしましょう


おまけ

〜ダストシール交換編〜

用意するもの
・先端が細いマイナスドライバー


ダストシールがひび割れていたので交換します
外し方はアウターチューブとダストシールの間にマイナスドライバを挿しこじってやると外れます
DSC_3937_R.JPG

外したダストシール
DSC_3953_R.JPG


DSC_3949_R.JPG

シールとフォークの隙間
DSC_3944_R.JPG

サビが有るので、ほじくってエアブローや柔らかい布できれいにしましょう
新しいダストーシールは手で圧入し、はめるだけです
新しいダストシールがつきました 
DSC_3956_R.JPG

posted by marchyoo at 20:05| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400 整備&メンテナンス記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。