2012年11月03日

2012年 四国への小さな旅

10月中旬に行った四国 そこでは様々な感動や出会いがありました
写真があったので少しあげてみます

準備はOK
DSC_3458_R_R.JPG

滋賀付近で撮った琵琶湖にたたずむ鳥居
DSC_3464_R.JPG下道でやっと四国に上陸
DSC_3476_R.JPG

憧れの剣山スーパー林道
DSC_3477_R.JPG

真新しい土砂崩れ有り
DSC_3485_R.JPG

進むと小屋群が出現 一瞬、廃村かと思った
DSC_3486_R.JPG

注意書きなどの看板 と、いうことは作業用の休憩所なのだろうか?
DSC_3487_R.JPG

国道に接続
DSC_3495_R.JPG

更に進むとキリが深くなって景色は見れず・・・ orz
DSC_3498_R.JPG

情報では聞いていたが、途中で通行止め 完走ならず・・・ 無念!
DSC_3499_R.JPG

次なる林道、楮左古小檜曽林道を目指していたら雨が土砂降りに
DSC_3501_R.JPG

壁からも水が降り注ぐ始末
DSC_3503_R.JPG

見ろ! 道が川のようだ!
DSC_3504_R.JPG

やっとの思い出峠へ到着 ここで泊まる
DSC_3520_R.JPG

ここからの景色は良い
DSC_3515_R.JPG

このあと国道439号へアプローチしたが、峠越えから道が廃道化し先に土砂崩れがあり諦める
道なりあった龍河洞窟へ行く
洞内はひんやりとしている
DSC_3525_R.JPG

とても幻想的
DSC_3559_R.JPG

この鍾乳石は鬼の顔に見えるという
DSC_3571_R.JPG

世界でもここのしかないという貴重な壺’神の壺’
この鍾乳洞は縄文時代に住居として使われていたらしく、縄文人が残した土器(壺)が、数千年による歳月により鍾乳石の一部になったもの なんかロマンを感じさせますね!
DSC_3583_R.JPG

笹無池ヶ谷林道の峠からの眺め 太平洋が望めます
DSC_3608_R.JPG
DSC_3612_R.JPG

四国は少し山に入るとこのように狭い道が沢山ある 国道もこれぐらいに狭いところもあった
DSC_3625_R.JPG

竹屋敷林道の峠にあるトンネル
DSC_3646_R.JPG
DSC_3649_R.JPG

トンネル付近からの眺めはGood
DSC_3642_R.JPG

今度は川原で泊まることに
DSC_3665_R.JPG

明るいとこんな感じ
DSC_3668_R.JPG

大野ヶ原で出会った牛
DSC_3671_R.JPG
DSC_3679_R.JPG
DSC_3688_R.JPG

四国カルスト
DSC_3700_R.JPG
DSC_3705_R.JPG
DSC_3715_R.JPG

車内が臭いと思ったらなんとカメムシがプレスされていた・・・
DSC_3720_R.JPG

とある林道を超え偶然見つけた廃校を利用したキャンプ場 近くには清流にもみじ、東屋と三拍子揃った完璧に近い隠れ家である
ここで一期一回ので出会い有り 私はここで飲み明かした事を忘れない
DSC_3726_R.JPG

四万十川はとても綺麗であった
DSC_3727_R.JPG

Good-bye Shikoku…
DSC_3738_R.JPG

この後、14時間かけて1000km先の実家へ帰ったのは言うまでもない 
てきとうデーター
・期間2012年 10月15〜10月21日
・滞在日数6日
・滞在方法 車中泊5 キャンプ1
・総走行距離2627.04km
・一日の平均移動距離 375.3km
・ガソリン給油量185.27L
・平均燃費 14.6km 最高燃費16.8km 最低燃費12.3km
・一日の平均出費 6097円
posted by marchyoo at 20:11| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック