2012年10月12日

ジムニーの振動と異音の原因について

私のジムニーはリフトアップ時からどうもあまり調子が良くない
どのように調子が良くないかと言うと60〜70km時に会話が聞こえないほどシャフトが唸り又は振動し低速時もバスのような振動、所謂カーノックのような症状が出ていました
最初はリフトアップ時にシャフトの角度が変わった物だから仕方がないと諦めていたが、どうしてもこの振動とウオーンと言う唸りは耐え難い
ある日、ジムニーのサイトを見ていて気づいたことがありました
そう言えば、リアプロペラシャフトの取り付け位置が違うような・・・・
修正前
i1.JPG

修正後
i2.JPG

二つの画像を見比べてお分かり頂けただろうか?
正解はなんとプロペラシャフトの取り付け位置が180度違っています(大汗)

正しいシャフトの位置はシャフトジョイント部の短い箇所がトランスファーに繋がるのです(汗)
私はここを反対に組んでしまいシャフトのバランスが崩れ異音、又は振動の原因になっていました
位置修正後は嘘のように異音と振動が消え「こんなにも静かな車だったんだ・・・!!」驚くあまりです
それとクラッチとエンジンマウントも新品に交換しているのでなお振動と異音は消えたと思われます
位置の組み間違えとは見落としていました・・・ orz



posted by marchyoo at 21:42| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。