2012年10月04日

トーヨー・トランパスM/T 195R 16C

さて、今まで履いていたジオランダーM/Tの溝がなくなってきたのでリフトアップついでにタイヤも履き替えることにしました

今回、履かせるタイヤ TOYO TRANPATH M/T 195R 16C 6PR ジムニー定番タイヤ?!
DSC_3406_R.JPG

このタイヤはカタログ落ちしているが、実はまだ密かに?生産し販売してるタイヤである
お値段は一本7600円ほど ジムニー用マッドタイヤでは一番安いと思われます(前まで履いていたジオはセールで9800円ほどでした)
値段が安いのでてっきり海外製かと思ったらなんと信頼、安心のmade in Japanでした
サイズは195R 16Cなのでノーマルサイズのジオ(写真右)と比べると少し大きいです
DSC_3403_R.JPG

タイヤ強度もあるのでそれなりに安心です と、いっても街乗りが7割の私にはあまり関係がありませんが、強度があったほうがメンタル的に安心感がでますね!
ブロックパターンは小さめで密集しているので林道などを走ると飛び石が多いのが印象的でした
マッドでもそれなりに食いつき不満は感じませんでした
ロードノイズや振動もあまり気にならない程なのでコストパフォーマンスとバランスが良いタイヤだと思います

あと、重量がノーマルのジオより少し重い位なので往年のジムニーのなかでギア比が高いとされているJA12,22系でもストレスなく回せます
ただ、サイズが195なので3インチアップだとタイヤハウス内がスカスカに見え迫力がかけます
サイズに6.50と7.00がラインナップされればもう文句なし!
とりあえずコスパ最強タイヤなのは間違いない気がします
話はズレますが、資金節約のために面倒くさくて傷がつく手組でやりましたが、いらないホイールで練習した甲斐があり傷もつかずスムーズに行えることができ手組の楽しさと自己満足の世界に入り浸ることができとても満足
やっぱり何事も努力と練習だとしみじみ気付かされる日でもありました、

2013年 11/15 追記
車体を3インチUPしたので、その時のトランパスのマッチ度がわかるかなぁ〜 と、画像を一枚
DSCN0129_R.JPG

上記に書きましたが、画像で見るとタイヤハウス内がスカスカ・・・ 3インチだと195R 16CのトランパスM/Tだと見た目がイマイチかな
3インチ以下ならそれなりに収まると思います ノーマルの車高でもギリギリ履けるらしいですが、ハンドルをいっぱいに切った時にトラクションが掛かるとタイヤハウスにタイヤが当たるらしいです。

あと、このタイヤに変えてから2万キロ近く走りましたが、噂通りタイヤの溝は全然減りません 
高速道路や林道、クロカンにも耐えうる最強、最安マッドタイヤなのは間違いは無いと思います
高速道路でのロードノイズや振動は、ほとんどありません むしろエンジン音の方がうるさいです(笑)
タイヤライフは前に履いていたジオより倍近くもあり、経済的でね。 ブロックパターンはジオの方が好みですけど。
私はタイヤ業者の回し者ではありませんが、とてもオススメなタイヤの一つです

posted by marchyoo at 21:45| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニー(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック