2012年06月01日

下呂温泉

旅のつづき

2012年 5月19日 天候 快晴

早朝から天気良し 今日は下呂温泉まで行ってきます
起床後、身支度をし国道41号線を通り下呂温泉まで直行

無事、駐車場に車を停め目的地の温泉へ向かおうと思ったが、まだ営業が始まっていない
営業が始まるまで暫し街中をぶらつくことに

とりあえず橋の上から一枚
DSC_2467_R.JPG

ホテル、旅館が連なっている
橋の歩道には手形や足型があり中々おもしろい
DSC_2468_R.JPG

橋下を見ると噴泉池を発見
DSC_2470_R.JPG

この噴泉池は有名な無料温泉だが私が行ったときは湯量が少なく肩までは浸かれない 正直、足湯までが限界ではないだろうか
湯量が豊富なときの真夜中の湯船はさぞ気持ちがよかったのだろうと思う
温泉街でお土産を購入し店から出ると巨大な招き猫に遭遇
DSC_2473_R.JPG

とりあえずデカイ
標高は368M
DSC_2474_R.JPG

途中、温泉寺という寺にも寄りました
なんか気分が高まる石の階段
DSC_2481_R.JPG

階段からの景色は上々
DSC_2484_R.JPG

名前からして境内に温泉でも湧いているのではないかと期待したが、そんなことはなかった
このお寺は映画?の撮影にも使われたとのこと
DSC_2487_R.JPG

温泉寺を離れ温泉街を見ていると版画展が目に入る 入場は無料とのことなので入館
DSC_2490_R.JPG

館内には風景を描いた版画が展示されていました どの版画も風景が細かく彫られていて版画でここまで再現できるのかと半ば驚いた
中に北海道の景色も彫られていたので北海道にツーリングに行った時を思い出し懐かしさに少し耽けました
一つの作品を作るのには幾つもの版画版を彫り、それを重ねていく工程でとても神経と忍耐力を使うものでした
版画を鑑賞していると丁度良い時間に入り目的地へ向け足を進めます
温泉街には足湯が沢山見当たります
目的地である白鷲の湯
DSC_2498_R.JPG

建物は洋風 正面にあるビーナス像の足湯が洒落ています
入湯料金はなかなか懐に優しい値段でした
画像ではありませんが、なかも落ち着いた感じで個人的には結構好き
お風呂からは飛騨川と山々が一望できよいです 個人的には温泉というより銭湯に雰囲気が似ていました
温泉に浸かり体が温まったので風邪が治りそうな気がします
さて下呂温泉を出て次の目的地へ向かいます
posted by marchyoo at 14:55| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行&冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック