2012年05月29日

XJR400のエンジン不調

先日、友人と長野ツーリング時での出来事
この日はとても天気が良く絶好のツーリング日和
だが、長野に入る手前から友人のXJRの排気音が変なことに気がついた 私なりの音の表現ですが、調子の良い時のアイドリング時の排気音はフォッフォッフォと回転数が一定で滑らかなエンジン音がしますがこの時のXJRのアイドル時の排気音はバラッバラッバラッと回転数が小刻みに変動し4気筒全部が爆発してないような音でした
走り出しも悪く発進時にはアクセルを煽ってやらないとエンジンがストールする場面が幾度もあり一番悪いときはアクセルを開けるとエンジンが止まりそうな時も エンジンを止めエキパイを触ってみると1番シリンダーが温く他は触れないほど熱い
どうやら4気筒中、1発が爆発していない これでは排気音のバラつきがあり加速が悪い訳です

エンジンを一旦止め休めてから再度エンジンを掛けると、先ほどの排気音のバラつきは消えアイドル回転数も一定であり加速もスムーズ さっきまでの不調が嘘の様に治まっている
だが、その快調さも長くは続かなく数キロ程走ると先ほどの症状が再発
又してもエンジンを止めてみてみると一番シリンダーが温い こうなるとキャブレターが怪しいがこのキャブレターは前に洗浄をしていたので、ここの可能性は低い 
そうなるとプラグが怪しいがこれも以前の点検で火花はしっかりと確認できたので問題は無いかと思われる
だとするとエンジンか吸気系・燃料系が怪しい キャブのドレンを緩めると4箇所から燃料が出たのでここも除外
この簡単な点検と以前の整備の配慮からキャブレターは問題ないと判断したが、この判断が盲点であった

それとこのエンジン曰くつきの代物である 以前もこの一番シリンダーが爆発していなく所謂、一発死んだ状態であり圧縮を図ってみると基準値の半分ほど これでは上手く爆発しない訳だ
それでピストンリングが固着しているのではないかと思いプラグホールからエンジンオイルを注入しシリンダー内でオイルを馴染ませてやると圧縮下がりは解消 テスト走行後もこのシリンダーの圧縮は問題無しであった
もしかしたら、あの圧縮下がりの解消は一時的なもの又それが再発したのでは? と、疑ったが走行中にピストンリングが固着するのは考えにくい 仮に固着したとしてもエンジンを休ませたら回復する物だろうか?
そんなことを思いながらここも問題はありそうだが今回は除外

そうなると吸気系が怪しい
以前、私はエアクリーナーが詰りこれと似た症状に合った時があります
なので今回もここが怪しいと思いエアクリナーを見てみるが大して汚れていることもなく目視点検では詰まっているようには見られない だがエアクリナーは目に見えない詰りもありえるのでこのエアクリーナーを外すと症状が解消 外してから100kmほど走ったが得に問題はでなかった
どうやらエアクリナーの詰りが原因だったらしい

帰り道、快調と思われたエンジンが又しても先ほどの症状が再発
今度は先ほどよりも症状が酷く走っている内に今度は4番シリンダーもご臨終に・・・
4気筒中、2発が死んだのでパラレルツインのような排気音を奏でながら走って行くXJR400
2発も死ぬと流石に出力的にきつくなり発進どころか巡航時でさえ回転数がストールし今にも止まりそう
だがエンジンを休ませると又しても復活 だが快調さは長続きはせずすぐに悪化
休憩を入れて走っていると今度は私のバイクに問題が発生
なんとセルが回らなくなってしまった この時は押し賭けにより難を逃れたが走行中にクラッチを切りアイドルで走ってみると突然エンスト!! クラッチを繋げてエンジンを回してやるとエンジンはかかり問題はない
ヘッドライトも暗くハザードを点けるとインパネがハザードの点滅と連動して暗くなったり明るくなったりしているどうやらバッテリー死んだらしい・・・ 災いと言うのは移るものなのだろうか?
休憩を繰り返しながら何とか家に着くことが出来一安心 さてこのXJRのエンジンの不調は何だろうか?

長文で長くなってしまったので症状をまとめてみました

・アイドル時の回転数が不安定であり出だしも悪く加速も悪い
・アイドリング時のエンスト
・排気音にバラつきがある
・見てみるとエンジンの4気筒中の1発が死んでいる(後に2発に)
・エンジンを休めるとこの症状は直るがすぐに再発してしまう

友人と話し合って結論付けてみるとエンジンか燃料系が怪しい
後日、燃料系をしらみつぶしに探ってみると原因が判明

キャブレターは以前洗浄していたのでジェット類は綺麗だがフロートバルブ周辺は見ていない
そこでフロートバルブを外し中を見てみると・・・

DCF00827.JPG


      DCF00828.JPG

なんと錆が燃料ラインを詰まらせているではないか!!
拡大図
DCF00829.JPG

錆がもうてんこ盛りですね・・・
これでは行くはずの燃料も行き難くなるはずです!
洗浄後の図DCF00830.JPG

これを見るといかに錆が詰まっていたかが分かります
問題があった1、4番側の方は錆のたまりが他に比べると酷かったです
この燃料ラインはキャブ2、3番の真ん中にメイン燃料供給パイプが通っており、ここで1,2番 3,4に分かれます
ですので外側の(1,4番)キャブに燃料が行き渡るのが最後になるわけです この場所が錆で詰まった事により燃料の供給が遅れ1,4番がガス欠になっていたのが今回のエンジン不調の原因でした
キャブに錆が落ちていたとなると根本的な原因は燃料タンクにありそうです
それとエアクリナーを外して症状が一時的に解消されたのは負圧が上がり燃料供給量が一時的に上がったものだと憶測付けてみます
キャブを分解洗浄するときは穴という穴は徹底的に洗浄するものだと改めて実感させられる事例でした





posted by marchyoo at 01:30| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | XJR400R整備記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして!
こんにちは!
自分のXJR400も同じような症状です!
キャブのオーバーホールバイク屋さんにたのむと高いので
自分でやりたいのですがバラし方がわからないです…

もし良かったら詳しく教えてもらえないですか?
Posted by なおき at 2012年09月11日 19:19
どうもはじめまして!
コメントありがとうございます

今現在、手元にXJR400がありませんので答えれる範囲とい形になります。 もしかしたら間違えのほうが多いかもしれません

バラ仕方というとキャブを車体から取り外す手順でしょうか? それともキャブを外してからのキャブ内部のバラ仕方でしょうか・・・
もし、前者ならば以前に書いたZRXのキャブ着脱手順を参考にして頂ければ幸いです(車種は違いますがXJR400はとても整備がやりやすいバイクなので応用が効くと思われます)

後者ですと、まずフロート室を開ければキャブ内部を見ることができます
そうしたらフロート(ガソリン量調整する浮き)を外しフロートルバルブ(このフロートバルブに段付きがある場合、オーバーフロー気味になります)を外すと、この記事の不調の原因があった箇所へとたどり着けます。
タンク本体が結構なさび方をしているとこのフロートバルブへの燃料ラインが詰まり気味になります
XJR400はフロートバルブのラインに茶こしフィルターみたいなのがあり、これが合間って詰まりやすくなります
あとは各ジェット類、燃料ラインなどを洗浄しつまりがないか、もしくは破損がないかの確認などを行えばキャブ系のトラブルは収まると思われます
キャブ上部の蓋を外すとダイヤフラムと言う黒い大きなゴム(ジェットニードルが付いているところ)がありますのでここも確認しましょう ここに穴があいていたり亀裂があると調子を崩します

私の文章能力では限界がありますので、サービスマニュアルを持っていたほうが無難です
ヤ○オクなどに出品されていますので、この機会に入手するのも良いかもしれません。
最後に整備に失敗や困難はつきものですが、諦めずに頑張ると何とも言えない遣り甲斐や達成感が出てくるのもバイクの醍醐味です
是非、頑張ってください ですが、無理は禁物ですよ!
Posted by 管理人 at 2012年09月12日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。