2012年05月21日

ケーヒン・FCRキャブレター28φ

FCRを装着してから早一年・・・ インプレッションを書いていなかったので書いてみます

赤いファンネルがまたカッコイイ!
DSC_2039_R.JPG

五つ星評価(私的評価なので人により大きく変わります)

・取り付け難易度 ☆☆☆
・見た目 ☆☆☆☆
・お値段 ☆☆
・満足感 ☆☆☆☆☆
・オススメ度 ☆☆☆☆

FCR、TMR、CRキャブと様々なキャブレターがありますが、扱いやすさセッティングのしやすさではFCRがこの中で一番良いそうです
まず、取り付けですがノーマルキャブレターの取り外しが出来る方なら難なく出来る作業です
この時、エアクリナーを取り外すので純正エアクリナーBOXに繋がっているブローバイホースを外し大気開放に使用を変更しなければなりません この作業も適度なホースをクランクケースから出ているブローバイのところに付けパーツ屋さんで販売されている汎用フィルターをかますだけの物なので取り分け難しい作業ではありません

お値段は新品で12万円強なので高価なパーツといえます ですが、一番体感できるパーツでもあります
キャブレターの口径は28、33、35φのラインナップ 口径が大きければ良いというものではないのでエンジンに合った口径を選ぶのがベストだと私の購入した本に書いてありました
ただ、このベストな口径とはどのくらいなのか?と言われると私にも分かりません 私は33φが希望だったがわけあって28φに

FCRキャブレターに変えるとまず体感できるのがパワーです
純正だと高回転ではあまりトルクを感じられず回りますが、FCRはエンジンの回転が鋭くアクセルを開けた分だけ加速し高回転でもパワフルに回るのが印象的でした
とりあえず、FCRをつけてから純正に戻すとその差は歴然です
パワーの面では純正キャブレターより優れていますが、反面低速での急激なスロットルワークが苦手なのかこの面では純正キャブの方が優れていると思います(セッティングにもよります)
とりあえず、峠を走るときは純正とはまた違う楽しさがありとても良いパーツだと思います
セッティングを確りと出すととても面白いキャブレターですが、ここまでこぎつけるのは集中力とお金を消費しますのでとても苦労するところでもあります
あと、もう一つ良い点が整備性の良さが上がるところですね!
本当に面白いキャブレターですので、根気が有る人には大変オススメできるパーツです。





posted by marchyoo at 23:18| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ZRX400 カスタム記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。