2011年11月02日

クラッチ交換2

前回
クラッチ交換 ←クリックするとジャンプします

肩から首にかけての筋肉痛で今日は起床
外は秋晴れと言うのに・・・
そんな訳で昨日に引き続き今日はミッションを降ろします

昨日で大体の作業は終わっていたのでミッション降ろしはすんなりといきました
ミッションの外し方手順は下記のリンクをクリックしてください。

‘ジムニーのミッションを下ろしてみよう(JA12W)’

外れたミッション
DSC_1009.JPG

ミッションは思った以上に軽く、一人でも悠々と持ち上げられる。 これなら助っ人の手を借りずに一人で作業が出来そう。
ミッションハウジングはクラッチの削りかすなどで汚い。 
 レリーズベアリング(ハウジング真ん中のもの)の状態も、あまり芳しくない状態みたいなので外して交換します。 外す時はクラッチワイヤーが付いていたレバーを操作しながら、やると外れます
DSC_1008.JPG

真ん中にあるのはレリーズベアリング
拡大図
DSC_1023.JPG


コイツも外して手で回してみると・・・ 
シャリシャリ・・・ コリコリ・・・ ダメみたいですね \(^o^)/オワタ

新旧の比較
DCF00006.JPG

レリーズベアリングを付け方ですが、まず、クラッチワイヤーが付いていたレバーを動かし、レリーズベアリングをはめ込み易い位置にします
DCF00008.JPG

レリーズの溝とレバー側のツメを上手く、はめ込みながら、ミッションシャフトに差し込んでいきます。
差し込む位置が上手くいくと、スコッと入りますので、レリーズがシャフトに、すんなりと入らない場合は、レリーズの位置を確かめて下さい。
DCF00007.JPG

レリーズがシャフトにはまると、こんな感じになります
DCF00009.JPG

この際にレリーズ内側、シャフト側にグリスを塗っておき、レバーを動かしてなじませておくと、なお良いと思われます。 レバーを動かしすぎるとレリーズが外れますので注意です。

今度はクラッチを外します
DSC_1007.JPG

ボルト6ヶ所を外しマイナスなどでこねってやると外れます
外れたクラッチ板とカバー

DSC_1016.JPG

見た感じでは状態は良さそう
新品のクラッチ板との比較
右が新品 左が今までの物
DSC_1024.JPGDSC_1025.JPG

予想外に削れていない・・・!?
前オーナーがずっとメンテナンスフリーで乗っていたと思ったらそんなことは無かったみたい
クラッチも外したのでついでにフライホイールも外してみます
ここもボルト6ヶ所締めですので外しましょう

DSC_1018.JPG

外れたフライホイール
DSC_1022.JPG

これにも削りかすが溜まっていました
ここでパイロットベアリングを注文していなかったので発注
今日はここで作業は終了

次回
クラッチ交換2.5 ←クリックするとジャンプします
posted by marchyoo at 11:28| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジムニーの整備&記録(JA12W) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック