2010年06月17日

THE 国道352号線

週間天気予報を見てみると晴れマークは今日と明日ぐらいしかない
久しぶりに国道352号線を訪れてみたかったので晴れている今のうちに行ってきました

この国道352号線は車線がとても狭いうえに場所によってはガードレールすらありません
もちろん下は断崖絶壁なので落ちた場合は命の保証はありません
しかも峠道に入ると地理的な関係なのか約100km先までガソリンスタンドはは無く携帯の電波すら殆ど届かないので通り抜けには結構な覚悟がいるデンジャラスな気分とスリル満点な国道です。

国道352号線は過酷な道から 俗称酷道 と呼ばれるらしいです

たまに路肩が崩壊しているのが、この国道ではどうやらデフォルトな設定なようです

今回は前と同じく新潟県から福島県に抜けるルートでトライ
ここに再訪問するのは1年ぶりかな
NEC_0127.JPG


どうやら今現時は全線通り抜けは可能
NEC_0126.JPG

この道、最初のほうは2車線なのでわりと余裕ですが、山道に入ると極端に道幅が減少
もうここまで来たら引き返すか行くかの二つの選択肢に絞られますが…
NEC_0132.JPG

ここから県境を越えて福島のガソリンスタンドまでは約100km先になりますので通り抜ける際は事前にガソリンを満タンにするのが無難です

道の途中でこんなものに遭遇
NEC_0135.JPG

ミラーが倒れているのもこの道ならデフォ?
更に進むと… (福島側)
NEC_0158.JPG

もうこんな箇所が数箇所以上もありますので酷道では定番なのかな?
しかし山沿いに道路が敷かれているので景色はGOOD!
NEC_0138.JPGNEC_0149.JPG

ちなみに二枚目の写真で山沿いに敷かれているR352がわかります
それとここで少し休憩を取ったのだけど、ヒグラシの鳴き声が耳にとまる
どうやらこんな山奥だとセミの活動が活発なのかな
もう一つの発見 バスの時刻表
NEC_0144.JPG

噂には聞いていたけど、一日一便だけこの山奥をバスが運行しているなんて…
きっとこのバスに乗ると刺激的な運転が味わえるのではないだろうか

県境はまだまだ先みたい
NEC_0143.JPG

結構登ってきましたが、暑過ぎる!
得にラジエターファンからダイレクトに直撃する熱風が…
てっきり標高が高くなるから涼しくなると思っていたらそうでもないみたいですね(汗)

更に進むと今度は奥只見湖に向かう長い下りになるのでスピードに注意
いや〜 湛水面積が日本で3番目に広いだけあって広大な湖です
NEC_0150.JPG

それとこのR352が別名酷道と呼ばれる元となっている洗い越し
NEC_0151.JPG



洗い越しが、さらに激しくなている箇所
NEC_0156.JPGNEC_0157.JPG

もうこうなると道路が沢の一部に変化していますね…(笑)
水深も深いところだと4cmくらいはあります
もっとも天候が良いときに計ったものなので雨が降ると更に激しく…
いや、沢に変わってしまうんじゃないかな(汗)
まぁ、こんな箇所が結構あるので帰ったあとは要洗車ですね〜

何となく撮った「グミ沢トンネル」
NEC_0153.JPG

トンネル内部は電灯は皆無なので真っ暗

さらに進むとこんな物が
「うつくしま、ふくしま。」
NEC_0159.JPG

どうやら福島県に到着したようですね
ここで酷道区間は終了
後は腹が減ったので自炊しようとしたが、なんとバーナーに火がつかない!
NEC_0161.JPG

もう気分が萎え萎え orz
後は急いで帰りました。

以前来た時よりも道路が補修されていたので、酷道といわれてもとても走りやすいですヨ
と、言ってもこれはバイクの話なので車になるとUターンする箇所が殆ど無いのでキツイと思われます。



〜おまけ〜

えーりん寺

NEC_0125.JPG

まさか、こんなところで幻想入りできるとは!
冗談ですw

それと今回お気に入りのワンショット
NEC_0128Z.jpeg

posted by marchyoo at 22:27| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック