2009年11月23日

ZRX400-Uのキャブレターを脱着してみよう

マフラー交換をしてキャブセッティングする時やキャブレターに異物が詰まってエンジン不調になったときや、ただなんとなく外してみたくなったときや…etc

上記のようなことに見舞われたときに私の場合はキャブレターを車体から外しています。

よろっと、バイクの冬眠時期に入るので来シーズンのために調子の良い状態にするためキャブレターを脱着洗浄を行う方もいると思うので参考にしていただければうれしいです。


〜キャブレター脱着編〜


*注 脱着にミスがあると部品を破損する場合があるので作業は自己責任でお願いします。


キャブレターを外すにはまず燃料タンクを外すのですが、この作業は以前の記事である 「ZRX-Uのタンクを脱着してみよう。」で書いているので省略します。

タンクを外しましたらまず、ハンドル左右にあるスイッチボックスを両方とも外しチョーク、スロットルケーブルをフリーにしてあげます。
こうすることによってキャブについているケーブル類を取り易くなり作業が楽になります。
DSCN10121.jpg

外れるとこんな感じになります。
DSCN1015.JPG

スロットルケーブルは二つともアクセルグリップに繋がっていますので元に戻す際は場所を間違わないようにしましょう。
画像は車体正面からみた時です。
DSCN1014.JPG


エアクリーナ上部にあるボルト3箇所を外すことによりエアクリとキャブの間に若干の遊びができるので外しておきましょう。
DSCN1018AZ.jpg

それとエアクリサイドに着いているエアクリーナカバーも外して起きましょう。
DSCN1016.JPGDSCN1017.JPG


エアクリとインマニについているバンド&ネジを外します。
DSCN1021ZA.jpgDSCN1022CA.jpg


あとはキャブについている物を外せばキャブを車体から取り外すことが出来ます。

スロットルセンサケーブルとチョークケーブルを外します。
それとキャブ左右から出ているホースも車体から外しておきましょう。
DSCN1020XA.jpg

スロットルセンサ(K-TRIC)本体はキャブから外さないで下さい。
外すとセンサのセッティングがずれるらしく、厄介な事になります。

本当はキャブ下部にあるウオーターホースも外すのですが私はとある事情によりウオーター直結しているのでこの作業はしていません。
もし外す場合はキャブ下部左右にあるウオーターホースを外します。
この時冷却液が少なからず出ますので、ホースに詰め物をしましょう。


キャブに繋がっている物を全て外したら今度はキャブ本体を車体から外します。
キャブ本体左右を両手で持ちまずはインマニから外していき、キャブが半分車体から外れたらスロットルケーブルを外してキャブを車体から取り外します。
DSCN1025.JPG

車体から取り外したキャブレター
DSCN1027.JPG

あとは吸気側にゴミなどの異物が入らないようにインマニに布などで詰め物をしておきましょう。
DSCN1026.JPG


ラベル:キャブレター zrx
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック