2009年09月10日

ZRX400-Uの圧縮圧力を計ってみよう

今回はZRX-Uシリンダーの圧縮圧力を計ってみました。

何故、圧縮圧力を計るかと言うと走行距離38000km+9年前の車体がどれほどまで圧縮圧力があるのかを計ってみたかったと言う単純な理由



〜圧縮圧力測定編〜

今回使用した測定器と工具

・コンプレッションゲージ
・コンプレッションゲージアダプター10mm(多少加工しました)
・プラグレンチ
・+ドライバー
・グラインダー(コンプレッションゲージのアダプターを削るのに使用したのであってもなくても良いと思われます。)

*注意 測定は自己責任でお願いします。


コンプレッションゲージはツールズアイランドというお店で安く売っていたのでここで購入しました。
090910_101019.jpg

購入の決め手は価格が2000円弱と割とお手ごろで商品説明に「二輪車のDOHCタイプのエンジンの深いプラグホールにも使用可能!」と書いてあったのにやられました。

それとZRXにこのコンプレッションゲージを使用するとなると付属のアダプターではプラグ穴には、はまらないので別売りの10mmのアダプターが必要になります。
でもこちらも割りと安いので財布には優しい?

コンプレッションゲージ自体の品質は良く分からないけど見た感じはなかなか良さげな感じ

090910_100854.jpg

中国製ではなく台湾製

前置きは置いておいて本題の圧縮圧力の測定をしてみよう

それとセルモーター結構な時間使用するのでバッテリー上がりに注意

*注意 セルモーターを連続して使用するとセルモーターが焼けますので間隔を置いてやりましょう。


〜手順〜
1 程ほどに暖機運転を行う
2 燃料タンクを外す
3 エアクリーナハウジングを外す
4 全気筒のプラグキャップを外し測定する気筒のプラグを外す
5 測定する気筒にコンプレッションゲージをプラグ穴に圧縮漏れのないように取り付ける
6 アクセルを全開にしてスターターモーターを回し、ゲージの最大値を読み取る(アクセルを全開にしないと測定値が低い値を指すので注意を)
7 必要があればメモなどに記録をする。


それとプラグを外したときに砂などの異物が入らないようにしましょう。
最悪の場合はシリンダーを傷つけ圧縮圧力が下がります。


上記にも書いたとおりに別売りのアダプター買ってプラグホールに差し込むと六角の部分がプラグホールと干渉して入らないのでグラインダーで削ってみました。

090910_100653.jpg

六角の角の部分を削ってみたところすんなりとプラグホールに入りました。


あとは測定する気筒に圧縮漏れがないようにプラグアダプターを取り付けアクセルを全開にし、セルスターターを押してセルモーターを回すとゲージの針が動くので最大値を読み取ります。

090910_093633.jpg

こんな感じに圧縮圧力を読み取ることが出来ます。

私のZRX-Uの圧縮圧力

1番 11.4kg/cm2
2番 11.0kg/cm2
3番 10.0kg/cm2
4番 10.7kg/cm2

それとZRXの標準圧縮比は11.2:1とカタログに記載されています。

サービスマニュアルによるとZRXの圧縮圧力の使用範囲は7.7〜12.0kg/cm2/330rpmです。

ちょっと3番が低いけどサービスマニュアルの使用範囲より下ではないのでよしとしよう。

低回転や高回転での出力不足やエンジン調子がよろしくない時やセルの掛が悪いときは圧縮圧力が低いとこのような症状が出るとサービスマニュアルに記載されています。

もし圧縮圧力が気になったらお手軽に測定できるのでオススメします。


〜コメント返信〜

YU〜む 様

あとは面接だけなのでビシッと決まるといいなぁ・・・

YU〜むさんは私より上を目指しているので勉強頑張ってください!

記念にZUを期待w

こちらも何か記念に送るので楽しみにしていてください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック