2009年08月07日

レーサーレプリカ

友人が5万円と格安でNSR250R(MC16)を手に入れたので私の乗ってみた感想


hnr.jpg
(左側)


・車体がものすごく軽い(約140kgだったかな?)

・車体がコンパクト

・パワーバンドに入ると鬼加速する早さ

・車体を倒しやすい(私的に)

・外見がカッコイイ

・セパハンは慣れないと難しい

・セルではなくキック始動


まずなんといっても車体の取り回しやすさがZRXに比べてとても良い

もしガス欠になった時も押して引いていくのが差ほど苦にならないがこのMC16は燃料計がない

それと振動がZRXに比べると激しい
パワーバンドに入るとハンドルがマッサージ器のように震え前傾姿勢ともあり長距離ツーリングには向いてなさそう。


一番印象的だったのが車体重量約140kgで40馬力以上から生み出されるパワーバンド7000rpmからの鬼加速
ZRXとは比べ物にならない加速!
88は配線一本加工するだけで60馬力でるらしい

いちようノーマルのようだけど5速でメーター読み180kmを超え6速200kmもいくとのこと
流石はレーサーレプリカ

それにしてもパワーバンドに入ったときの加速はやみつきになる。

ラベル:NSR250R
posted by marchyoo at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック