2009年03月10日

オイル交換

さ〜て以前のオイル交換から1000km近く走ったのでギヤオイルを交換することに。


と言っても2500kmぐらい走れるらしいけど暇なのでやってみました。





〜オイル交換編(ギヤオイル)〜


用意する物

・ギヤオイル

・ドレンボルトを外す工具(確か12mmのソケットで外れたはず

・あとは軍手や油さしがあると便利かも


O1.jpg

今回、使用したオイルはヤマハ純正のギヤオイル

ホームセンターなどに売っているので比較的入手しやすいです。

価格は1L缶で1000円もあればお釣りが返ってきます。



オイルを交換するとどうしてもオイルを受ける受け皿が必要になりますが、今回は手元にあった牛乳パックを利用することに

O2.jpg

用はオイルが入れば何でもOKだと言うことですね。



O3.jpg

ジョグのオイル注入口は車体が邪魔して入れづらいので口が曲がっているオイル注しなどがあるとオイルを入れるとき中々楽に入れる事ができます。



O4.jpg

ギヤBOXの上部にオイルの規定容量が書いてあり、隣にオイルキャップがありますのでこのキャップを外して規定容量のオイルを入れれば言い訳です。



O5.jpg

ギヤBOX下部に六角のボルト(ドレンボルト)があり、これをソケットなどで外し中に入っているオイルを抜いてやりましょう。


O6.jpg

ドレンボルト外すとオイルが抜けますのでノロノロとやっていると手にオイルがかかるのですばやく外すのがミソです。

このままだとオイルは抜けきれないので、車体を傾けたりしてなるべくオイルを残さないようにしましょう。


O7.jpg

↑走行距離約1000kmのオイル

まだまだいけそうな気もするけど・・・・



O8.jpg

後はドレンボルトを締めオイルキャップを外し規定量の100ccのギヤオイルを入れれば今回の作業は終了です。

400ccクラスの単車になるとオイルの量も倍の3L弱入るので、それを考えると原付は経済的にいいですね。



posted by marchyoo at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョグ(3KJ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック