2008年11月08日

原チャリで山に逝ってきた

友人から安く原チャリを譲ってもらいました。
状態は何とか乗れる程度(警察に見られたら盗難車と間違われるかも

バイトがPM8:40に終わったので帰ろうと原チャリに乗ったら
突然山に行きたくなったので家とは逆方向に位置する山に向かう

当然のごとく知らないと土地なので、速攻に道に迷う
道幅が狭い道が山奥へと伸びていたのでそこを通ることにする

だんだんと明かりがなくなっていき、山奥で俺一人原チャリで駆け抜ける。正直、何か出るのではないかとビビってた自分

案の定出やがった・・・・

長くて白く目が光ってるやつ

止まって見てみるとイタチ?見たいな生き物が道路の路肩でこちらを見ていたので取って捕まえて鍋にして食おうと目論んだがいろいろとまずい気がしたのでやめといた。

原チャリで急な山道を下っているとき何故か異様にテンションが上がってしまった。

山を下っていると単車に先を越されてしまう
なんか単車が格好よく見えた

それにしてもガソリンの値段が下がったので経済的に助かるぜ

今日分かったこと
原チャリで山を下ることはしないほうがいい(特に夜中
でも、スリルと興奮は味わえる

posted by marchyoo at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョグ(3KJ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック