2017年03月04日

ゼファー750の腰上オーバーホールPart9 バルブのすり合わせの巻

やっと長くて地味なカーボン剥がしという作業が終わりました 本当に長かったです
作業自体も地味ですので根気とやる気が試される作業ですので、できればもうしたくないのが本音ですね

さて、今度はエンジン弄ってるぜ! 感が感じられる作業に移ります (。・д・)ノ

バルブとヘッドの密着面を合わせるすり合わせになります
作業内容的には、タコ棒と呼ばれる吸盤がついた棒をバルブに付けバルブコンパウンドを密着面に塗布しシュリシュリと、すり合わせバルブとヘッド密着面に当たりをだす作業です

ただ、なれない者がこの作業をすると逆に密着性が悪くなり、エンジンの圧縮が漏れてしまい逆にパフォーマンスの悪化を招いてしまい、しなければよかったと後悔してしまう作業にもなるとか...

僕はシロウトですのでこの作業はやらないほうがいいのかと悩みましたが、折角ですのでやってみましょう

さてバルブにコンパウンドを漬けてタコ棒に装着!!
DSCN5258_R.JPG

続きを読む
posted by marchyoo at 08:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼファー750の整備&メンテナンス記録簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする