2016年07月09日

ジェベル250XCのジェネレーターからのオイル漏れを直してみよう 組立編

前回からの続き


〜オイル漏れ修理、組立編〜

用意するもの
・カッターナイフの刃

オイルが漏れたジェネレターカバーのガスケットを見てみると
DSCN4061_R.JPG

やはり漏れがひどかったところのガスケットに亀裂が入っていました 
この箇所はステータコイルの配線がジェネレターカバーに入り込むところであり、ステーターコイルの配線引き込み口をシールするのにゴムのガスケットが使われています。 
このゴムガスケットは合わせ面から僅かに盛り上がるところなので、ジェネレーターカバー合わせ面のアルミのところと、ステータコイルのゴムの合わせ面の境で振動により紙ガスケットに負担がかかり亀裂が入ったのだろうか?

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。